漆原朝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
漆原 朝子
生誕 (1966-09-05) 1966年9月5日
出身地 日本の旗 日本 千葉県
学歴 東京芸術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

漆原朝子うるしはら あさこ1966年9月5日 - )は、千葉県出身のヴァイオリニスト東京芸術大学教授。同じくヴァイオリニストの漆原啓子は実姉。

経歴[編集]

高校時代まで[編集]

4歳でヴァイオリンを始め、鷲見三郎に師事した。1977年相模原市立相模台小学校5年生の時、全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第3位を受賞した。この年の東京大会第1位は同じ5年生の渡辺玲子、全国大会第1位はやはり同じ5年生の竹澤恭子だった。1979年習志野市立第一中学校1年生の時、同コンクール中学生の部で東京大会、全国大会ともに第1位を受賞。1982年東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に進学し、第51回日本音楽コンクールに出場して第2位を受賞した(第1位は竹澤恭子)。1983年、高校2年生の時、第2回日本国際音楽コンクールで最年少で第1位を獲得。

大学・留学[編集]

1985年東京芸術大学に入学、海野義雄に師事した。1986年、文部省芸術家在外研修員としてジュリアード音楽院に留学し、ドロシー・ディレイに師事。1987年、第4回アリオン賞を受賞。1988年9月、NHK交響楽団定期演奏会でデビュー。同年10月11日、ニューヨークでリサイタル・デビュー、92Yのカウフマン・コンサートホール(KAUFMANN CONCERT HALL)[1]でディヴィット・コレヴァー(David Korevaar)[2]のピアノによりタルティーニの「悪魔のトリル」、R.シュトラウスヴァイオリンソナタラヴェルヴァイオリンソナタ細川俊夫ヴィエニャフスキを弾きニューヨーク・タイムズ紙に高く評価された[3][4]1989年マールボロ音楽祭に出演し、ルドルフ・ゼルキンと共演。1990年5月、ジュリアード音楽院本科を卒業し、モービル音楽賞奨励賞を受賞した。

大学卒業後[編集]

ソリストとして世界各地のオーケストラと共演。1992年、ウィーンのムジークフェラインでリサイタル・デビューをした後、活動の拠点をヨーロッパに移した。2005年4月、東京芸術大学音楽学部器楽科准教授に就任。2017年4月より教授[5]

レコーディング[編集]

  • チャイコフスキー、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(1991年6月、NECアヴェニュー、ヴァーノン・ハンドレー指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団)
  • 夢のあとに~フランス近代ヴァイオリン名曲集(1993年4月、カメラータ東京、ピアノ:ゲアハルト・ゲレットシュレッガー)
  • バルトーク、ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ集(1994年5月、ファンハウス、ピアノ:ゲルハルト・ゲレートシュレーガー)
  • アヴェ・マリア(1995年8月、ファンハウス、ピアノ:ベリー・スナイダー)
小品集

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]