竹澤恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

竹澤 恭子たけざわ きょうこ1966年10月30日 - )は、愛知県大府市出身のヴァイオリニストである。

経歴[編集]

幼少時代[編集]

3歳からヴァイオリンを始め、才能教育研究会(スズキ・メソード)東海支部の山村晶一に師事した。1973年大府市立大府小学校に入学、1年生で「スズキ・チルドレン」に選ばれ、4年連続で欧米への演奏旅行に出かけた。その後、小林健次に師事。1977年、小学校5年生の時、第31回全日本学生音楽コンクール全国大会小学生の部で第1位を受賞した。1979年大府市立大府中学校に進み、2年生の時、名古屋市内でデビューリサイタルを開いた。

高校時代[編集]

1982年、中学卒業後、単身で上京、桐朋女子高等学校音楽科に入学した。同年、第51回日本音楽コンクールで第1位を受賞した。1983年アスペン音楽祭に参加し、以来、ドロシー・ディレイ川崎雅夫に師事する。翌1984年もアスペン音楽祭に参加し、コンチェルト・コンペティションで優勝、アスペン音楽祭オーケストラとブラームスヴァイオリン協奏曲 を共演した。帰国した年の秋、海外派遣コンクールで入賞、また、ペーター・マークと共演し、彼が音楽監督を務めていたベルン交響楽団から招待を受けた。

アメリカ留学[編集]

1985年ジュリアード音楽院に入学。初の国際コンクールへの挑戦として、1986年6月開催の第8回チャイコフスキー国際コンクール出場を計画したが、同年4月にチェルノブイリ原発事故が発生したため出場を断念、同年9月開催の第2回インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールに出場し、第1位を受賞した。受賞後、コンサート・アーティストとしての本格的な演奏活動に入り、1988年ズービン・メータ指揮ニューヨーク・フィルハーモニックとの共演、カーネギー・ホールサントリーホールでのデビューリサイタルを果たす。

近況[編集]

1993年出光音楽賞、愛知県芸術文化選奨文化賞を受賞。2004年6月7日、第一子を出産。パリ在住。

レコーディング[編集]

外部リンク[編集]