ウラジーミル・フェドセーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウラジーミル・フェドセーエフ
Владимир Федосеев
Vladimir Fedoseyev, December 2005.jpg
ウラジーミル・フェドセーエフ
基本情報
生誕 (1932-08-05) 1932年8月5日(86歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国レニングラード
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ウラジーミル・フェドセーエフ(2017年)

ウラジミール・イヴァノヴィチ・フェドセーエフロシア語: Владимир Иванович Федосеев, ラテン文字転写: Vladimir Ivanovich Fedoseyev, 1932年8月5日 - )は、ソ連ロシア指揮者モスクワ放送交響楽団音楽監督・首席指揮者をソ連時代から長く務める。

人物・来歴[編集]

1932年、レニングラード(現サンクトペテルブルク)生まれ。ムソルグスキー学校、モスクワグネーシン音楽大学モスクワ音楽院に学ぶ。

1971年に、エフゲニー・ムラヴィンスキーの推挙により、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団(現サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の客演指揮者としてデビューする。ロシア放送民族楽器オーケストラの芸術監督を経て、1974年からモスクワ放送交響楽団の音楽監督および首席指揮者に就任し、以来同楽団を今日までロシア有数のオーケストラに育て上げ、今なお良好な関係を保っている。

国外では、バイエルン放送交響楽団シュトゥットガルト放送交響楽団ハンブルク歌劇場管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団フランス国立管弦楽団などのオーケストラとの共演のほか、イタリア、スイス、イギリス、スカンディナヴィア、アメリカなどに幅広く客演する。その間、東京フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者(1995年 - )、ウィーン交響楽団首席指揮者(1997年 - 2005年)を歴任している。

またオペラ指揮者として、キーロフ劇場の他、ウィーン国立歌劇場ミラノスカラ座フィレンツェ5月音楽祭ローマ歌劇場モスクワ・ボリショイ劇場などのオペラハウスや音楽祭において、自らの演出のもとに指揮を行なっている。

受賞歴としてソ連邦人民芸術家、グリンカ賞、モスクワ知事賞、シルヴァー・クロス章、ゴールデン・オルフェウス大賞等がある。

音楽活動とその特色[編集]

個性派ぞろいのロシア系・ソ連系の指揮者の中にあってフェドセーエフは、音楽によって自己主張をするというよりも、音楽に奉仕し、作品そのものによって語らせるタイプの一人である。躍動するリズムや色彩感を強調するよりも、旋律線の流れを重視するタイプでもある。レパートリーは幅広く、ラフマニノフフレンニコフなどの録音でも作品との相性の良さを示しているが、一般にはチャイコフスキーボロディンショスタコーヴィチの解釈で有名である。またスヴィリードフボリス・チャイコフスキーとも親交が深かった。

演奏活動における独自のメッセージ性は常に注目されており、リトアニアで独立運動が高まりをみせていた1989年12月にリトアニアの作曲家のチュルリョーニスの作品をモスクワで録音したり、ソ連崩壊クーデター直前に団員を説得し、ショスタコーヴィチの『森の歌』を録音するなど、話題には事欠かない。クーデター当日にはショスタコーヴィチの交響曲第5番の第4楽章を、戦車が包囲する放送局の中で録音していた。

チャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴』で第4楽章を「アンダンテ」にする等、自筆譜に基づき数度にわたって演奏・録音を行なう。同じくチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を初版に基づいて録音した。チュルリョーニスの交響詩『海』も、その後も何度か録音・演奏を繰り返している。

モスクワ放送交響楽団を率いての来日公演では、正規のプログラムのみならず、アンコールも評判が高いことで知られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
モスクワ放送交響楽団音楽監督
1974年 -
次代:
-