川崎雅夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川崎 雅夫
生誕 (1951-01-07) 1951年1月7日
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 桐朋学園大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

川崎 雅夫(かわさき まさお、Masao Kawasaki、1951年1月7日 - )は、東京生まれのヴァイオリニストヴィオリストである。子の川崎洋介も同じくヴァイオリニストであり、水戸室内管弦楽団メンバー。

略歴[編集]

5歳からヴァイオリンを始め、久保田良作斎藤秀雄に師事した。1964年、中学校2年生の時、第18回全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部で第1位を受賞した。1966年、桐朋女子高等学校音楽科に進み、1969年、同高校を卒業し、桐朋学園大学音楽学部に進んだ。1973年、ジュリアード音楽院に奨学生として留学し、ドロシー・ディレイに師事した。

演奏活動[編集]

1973年、ソリストとしてカーネギーホールシンシナティ交響楽団と共演してデビュー。東京クヮルテットエマーソン弦楽四重奏団などへの客演、ウエストチェスター室内楽シリーズの音楽監督、ニュージャージー室内楽協会TOKYOソロイスツ水戸室内管弦楽団のメンバーでもある。宮崎国際音楽祭に、第一回目から参加している。

教職[編集]

1980年、ブルックリン大学音楽院で弦楽主任教授、1981年、ジュリアード音楽院のドロシー・ディレイの助手、1983年、シンシナティ音楽大学でヴィオラ教授、1987年、ジュリアード音楽院の教授に就任。教え子に、アン・アキコ・マイヤースジョシュア・ベル竹澤恭子漆原朝子服部譲二川久保賜紀神尾真由子佐藤俊介、等のヴァイオリニストがいる。[1]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川崎雅夫プロフィール