小倉朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小倉 朗(おぐら ろう、1916年1月19日 - 1990年8月26日)は、日本作曲家

人物[編集]

鉄道技師の5男として福岡県北九州市門司の鉄道官舎に生まれ、生後3ヶ月から東京日本橋木挽町の銅鉄商小倉家の養子として東京に育つ。1933年早稲田第一高等学院中退。1934年東洋音楽学校中退。1936年明治大学文芸科中退。

深井史郎池内友次郎からフランス近代音楽を学んだが、ヨーゼフ・ローゼンシュトックベートーヴェン交響曲の指揮法を学ぶうちに次第にドイツ古典音楽に傾倒し、交響曲などを書くが、その内容があまりにドイツ古典主義的だったため、“オグラームス”と綽名されたほど。しかし、その後西欧の古典一辺倒に行き詰まりを感じ、それまでのほとんどの作品を破棄。

その後はバルトークに傾倒し、日本民謡やわらべうたを題材にした作品を手掛けて新境地を開く。

座光寺公明 (1958-87) の師。

主要作品[編集]

破棄されたもの、所在不明の作品は省略。

校歌[編集]

オペラ[編集]

  • 寝太

管弦楽[編集]

  • 交響曲ヘ長調(破棄)
  • 管弦楽のための「舞踏組曲」(1953年)
  • 管弦楽のためのブルレスク(1959年) 兼田敏により吹奏楽に編曲されたヴァージョンもある。
  • 交響曲ト調(1968年)
  • ヴァイオリン協奏曲(1971年)
  • 弦楽合奏のためのコンポジション(1972年)
  • オーケストラのためのコンポジション嬰ヘ調(1975年)
  • チェロ協奏曲(1980年)

吹奏楽[編集]

  • 行進曲(1942年、日本海軍に献納)

室内楽・独奏曲[編集]

  • ピアノ・ソナチネ(1937年)
  • 弦楽四重奏曲 ロ調(1954年)
  • ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ(1960年)
  • ピアノのためのコンポジション I (1966年)、 II(1968年)
  • 8つの管楽器のためのディヴェルティメント(1972年)
  • フルート、ヴァイオリン、ピアノのためのコンポジション(1977年)

独唱・重唱曲[編集]

  • 遠き笛の抒情(1937年)
  • クラリネット・ホルン・ファゴットの伴奏による二重唱「蛙・秋の夜の話」(1938年)
  • 三好達治の詩による三つの歌(1946年)
  • 木下夕爾の詩による八つの歌(1956年)

合唱曲[編集]

  • 東北地方のわらべうたによる九つの無伴奏女声合唱曲(1958年)
  • 日向地方の民謡による三つの無伴奏混声合唱曲(1960年)
  • 三つの音頭による 無伴奏混声合唱曲
  • 南日本のわらべうたによる 三つの無伴奏混声合唱曲
  • 東北地方の民謡による七つの無伴奏男声合唱曲(1964年)
  • 佐賀のわらべうたによる七つの無伴奏女声合唱曲(1967年)
  • 混声合唱と打楽器のための組曲「イソップ物語」(1967年)
  • 山中節(1967年)

放送用音楽[編集]

  • NHKテレビ「事件記者」のテーマ(1958年)
  • NHK総合・放送開始テーマ音楽

著書[編集]

  • 『現代音楽を語る』(岩波新書、1970年)
  • 『北風と太陽 自伝』(新潮社、1974年)
  • 『日本の耳』(岩波新書、1977年)
  • 『なぜモーツァルトを書かないか』(小学館創造選書、1984年)

テープ[編集]

  • 座光寺公明 / 対談 『小倉朗に聞く』(1983年11月6日) 日本近代音楽館蔵

外部リンク[編集]