誰がために鐘は鳴る (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
誰がために鐘は鳴る
浜田省吾スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニーレコード
クリアウォーター(再発)
プロデュース 浜田省吾
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1990年度年間12位(オリコン)
  • 週間23位(再発盤、オリコン)
浜田省吾 年表
Wasted Tears
(1989年)
誰がために鐘は鳴る
(1990年)
EDGE OF THE KNIFE
(1991年)
『誰がために鐘は鳴る』収録のシングル
  1. 詩人の鐘
    リリース: 1998年12月2日
テンプレートを表示

誰がために鐘は鳴る』(たがためにかねはなる)は、1990年6月21日に発表された日本ミュージシャン浜田省吾アルバムである。

概要[編集]

前作『FATHER'S SON』から2年振りとなるオリジナル・アルバムで、浜田にとって1990年代最初のアルバムである。浜田自身はこのアルバムについて「一人前になりかけている。“俺の音楽を聴いてくれ”とちゃんと言えるアルバムになった」と語っている。極力シンセサイザーなどの機械に頼らず、ミュージシャンのテクニックのみで制作された。アルバム全体のアレンジはキーボード梁邦彦が担当した。

タイトルは作家のヘミングウェイ作品名から取られている(浜田の作品にはアメリカの作家の作品名を引用するケースが多い)。そのヘミングウェイの姿は冒頭のナンバー「MY OLD 50'S GUITAR」にも引用されている。

それまでのアルバムとは違い、特にコンセプトというものは設定されていないが、精神的にダウンしていた状態を乗り越えて制作された作品だけに、「生と死」や「救済」というテーマが滲み出ている。特に最終トラック「夏の終り」は明らかに引退を匂わせる内容であり、ファンからも不安の声が囁かれた。

アルバム発売に先駆けてのシングル・カットもタイアップも行われなかったが、オリコン最高2位を記録し、最終的に50万枚以上を売り上げた。

1999年リミックスリマスタリングされ再発された。その際、ジャケットに表記されたタイトルが日本語から英語(WHO WHOM THE BELL TOLLS)に変更されている。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:浜田省吾、全編曲:梁邦彦 with The Band

  1. MY OLD 50'S GUITAR
    銃で頭を撃ち抜いて自殺する男性の姿が、ヘミングウェイの姿と重ねられている。
  2. BASEBALL KID'S ROCK
    ピークを過ぎたベテランの野球選手を主人公にした楽曲。親交のある高橋慶彦(元広島ロッテ阪神)をイメージして作られた。阪神投手時代の田村勤甲子園球場での阪神主催試合に登板する際の登場曲、川相昌弘(元巨人中日)が打席に入る際のテーマ曲にそれぞれ使用していた。また、増田英彦ますだおかだ)の愛好曲で、MBSラジオでの彼のレギュラー番組にも代々使われている。
  3. 少年の心
  4. 青の時間
  5. サイドシートの影
    浜田が「自分では、すごくよく書けたと思っている」と語るラブソング。「愛すべき相手がいない」というラブソングである。
  6. 恋は賭け事
  7. 夜は優し
  8. SAME OLD ROCK'N ROLL
  9. 太陽の下へ
  10. 詩人の鐘
    バブル景気に浮かれる日本を冷静に捉えた楽曲。1998年にリメイクされ、両A面シングル「詩人の鐘/日はまた昇る」として発売された。
  11. 夏の終り

参加ミュージシャン[編集]

THE BAND

ADDITIONAL MUSICIANS

外部リンク[編集]