スターシップ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スターシップ(Starship)は、1985年に結成されたアメリカのロック・バンド。ジェファーソン・スターシップ(ジェファーソン・エアプレイン)がバンドとして存続していたにも関わらず、音楽的方向性の変化、核となっていたジェファーソン・スターシップのメンバーの離脱、そして名称の変更などが、最終的に新しいバンドを生むという結果に結びついたのである。

経歴と変遷[編集]

1984年6月、ジェファーソン・エアプレイン結成時のメンバーで、残る唯一のメンバーだったポール・カントナーがジェファーソン・スターシップを去った。しかし、同時に「ジェファーソン・スターシップ」という名称の使用を巡って法的措置に訴え、バンド・メンバー達にこの名称の使用ついて申し立てをしたのである。そしてカントナーは法廷での和解に応じ、「ジェファーソン・エアプレイン・インクの全てのメンバー(ビル・トンプソン、ポール・カントナー、グレイス・スリック、ジョーマ・コーコネン、ジャック・キャサディ)が同意しない限り、誰も、『ジェファーソン』もしくは『エアプレイン』の名を使用しない」という裁定に署名したのだった。スターシップは、バンドの名前をごく短い間だが、「スターシップ・ジェファーソン」としていたことがある。しかしそれは法的決定が下される以前のことだった。結局、最終的にバンドの名前は「スターシップ」に縮められることに決まった。

デイヴィッド・フライバーグはこの裁判沙汰の後もバンドに残り、『ニー・ディープ・イン・ザ・フープラ(英語)』の最初のセッションに参加している。しかし彼はこのセッションに満足することができなかった。というのも、キーボードのパートをフライバーグを差し置いて、すべてピーター・ウルフ(『ニュークリア・ファーニチャー』のセッションに参加後、『フォロー・アップ・ツアー』のツアーの短い期間だけバンドに加入)が演奏したため。[1]。結局フライバーグはバンドを辞め、残った5人によって『ニー・ディープ・イン・ザ・フープラ』が仕上げられることになった。1984年から1986年末までに行われたライブセッションでは、ガブリエル・カトーナが、サポートメンバーとしてキーボードとサックスを演奏した。

『ニー・ディープ・イン・ザ・フープラ』は1985年10月に発売された。このアルバムからはNo.1ヒットが2曲生まれている。まず最初に、バーニー・トーピン、マーティン・ペイジ、デニス・ランバート、ピーター・ウルフらの作曲、グラミー賞受賞プロデューサーであるビル・ボトレルのエンジニアリング、そしてボトレルとジェイスン・マーツのアレンジによる「ウィ・ビルト・ジス・シティ(邦題「シスコはロック・シティ」)」である。もう一曲は、「セーラ」だった。このアルバムは全米最高7位まで上昇し、プラチナディスクとなった。そしてこのアルバムからはさらにもう2曲、シングル曲を発売している。「トゥモロー・ダズント・マター・トゥナイト」と「ビフォー・アイ・ゴー」である。それぞれ最高26位、68位につけている。バンドは、オリジナル・メンバーによるジェファーソン・スターシップが1975年に『レッド・オクトパス(英語)』を発売して以来、ここにきてようやくNo.1ヒットを出したのだった。

1987年初頭、「愛は止まらない(ナッシングズ・ゴナ・ストップ・アス・ナウ)」が映画「マネキン」の主題歌となり、No.1ヒットとなる。しかし、ヴィデオには、グレイス・スリックミッキー・トーマスの二人にギターのクレイグ・チャキーソを加えた三人だけが出演している。この当時、この曲がNo.1になったことで、グレイス・スリックは、「『ビルボードホット100』の第一位を獲得した曲を歌う歌手の中で最も年長の女性歌手」となった。スリックはこの時47歳だった(この記録はシェール1999年に「ビリーヴ」を52歳で歌うまで破られなかった)。翌1988年には、「ワイルド・アゲン」(ビルボードのシングルチャートで73位まで上昇した)が映画「カクテル」で使用されている。

スターシップの2枚目のアルバム『ノー・プロテクション(英語)』が発売されるまでに、ベースとキーボードを担当していたピート・シアーズが、音楽性の変化に不満を抱き、バンドを脱退。シアーズは脱退後、ジェファーソン・エアプレインの前バンドメンバーのジョーマ・コーコネン、ジャック・キャサディと共に、バンド「ホット・ツナ」で10年間キーボードを担当した。

この『ノー・プロテクション』は、このアルバムの中で最も有名なシングル「愛は止まらない」がチャートで1位に輝いた後にやっと発売され、ゴールドディスクを獲得している。「愛は止まらない」に続いて「イッツ・ノット・オーヴァー」(最高第9位)、「ビート・パトロール」(最高第46位)が発売されている。アルバムの最後に収録された「今夜はミュージックナイト(Set the Night to Music)」は、1991年にロバータ・フラックのアルバム『ナイト・トゥ・ミュージック』においてフラックとマキシ・プリーストのデュオでカヴァーされ、全米6位の大ヒットとなる[2]。『ノー・プロテクション』のプロモーション・ツアーには、シアーズの後任としてブレット・ブルームフィールドが正式メンバーとして加わり、また、フライバーグ以来の正式メンバーであるキーボーディストとしてマーク・モーガンが加入した。

1988年、グレイス・スリックが、再結成されたジェファーソン・エアプレインに加わるため、スターシップを脱退。再結成ジェファーソン・エアプレインは1989年にアルバム1枚を発表し、その後スリックは音楽業界から引退する。カントナー、シアーズ、フライバーグがジェファーソン・エアプレインを辞め、新たに入れ替わって残っていたメンバー達は皆、彼女より十歳以上若い人間ばかりだったのである。今日に至るまで、スリックは「年寄りはロックンロールの舞台に上がってはダメ」を守っている[3]

ミッキー・トーマス一人をリード・ヴォーカルとして、刷新された顔ぶれでスターシップは1989年8月に『ラヴ・アマング・ザ・カニバルズ(英語)』を発売しツアーを行ったものの、以前のように高い評価を得ることはできなかった。1989年9月24日、ライヴのためにペンシルヴァニア州スクラントンに滞在していた際に、ドニー・ボールドウィンとミッキー・トーマスは激しい口論の末に、頭蓋および顔面の手術を余儀なくされるほどの重傷を負った。この手術の結果、トーマスの頭蓋骨には2枚のチタンプレートが埋め込まれた。ボールドウィンはこの事件の後即座にバンドを解雇された。ツアーの残りの日程は、トーマスが回復しライヴを行うことができるようになるまで延期された。

解散[編集]

トーマスがツアーに再び出られるようになるところまで回復した時点で、アルバムの販促のためにバンドは再びツアーに出た。解雇されたボールドウィンに代わり、ケニー・ステイリポラスがツアーメンバーとしてドラムを演奏。さらに、グレイスが辞めた後、二人の女性バックヴォーカル、クリスティーナ・マリー・サクストンとメリッサ・ケアリーが加わった。1990年にカニバルズ・ツアーが終わった後、最後まで残っていたジェファーソン・スターシップのオリジナルメンバーであるチャキーソが辞めることになった。トーマスは、この3枚目のアルバムの売れ行きがかなり悪かったことについて、ツアー中断したことが主な原因だと考えている。彼によれば、このアルバムは個人的に最も好きな作品だという[4]

翌1991年の初頭、RCAレコードから『グレイテスト・ヒッツ10年の軌跡1979-1991』が発売される。このベスト・アルバムには2曲の新曲が含まれており、1曲はトーマスとチャキーソが前に出て演奏しているもので、もう1曲ではトーマスだけが目立つ内容となっていた。ベスト・アルバム発表後しばらくの間は、トーマスがスターシップを続けていくものと見られていたが、しかしマネージャーのビル・トンプソンはバンドを解散することを決め、RCAレコードにバンドがその活動を終了することを告げた。

しかしトーマスは1992年にスターシップを再結成し、「ミッキー・トーマスのスターシップ」として活動を再開した。しかし、最終的には「スターシップ・フィーチャーリング・ミッキー・トーマス」という名前に落ち着き、それ以来、以前とは異なるメンバーで堅実にツアーを行っている。

2010年11月には、ミッキー・トーマスは自身のウェブサイトで、「新しいスターシップのアルバム、『ラヴレス・ファッシネイション(英語)』が2011年の夏か秋頃に発売される」と発表した。このアルバムは結局は2013年9月17日に発売された。

ギタリストのマーク・アブラハミアンが2012年9月2日のコンサートの終了後、心臓発作で亡くなっている(享年46歳)。彼は2000年以降、ずっとバンドと一緒にツアーに参加していたメンバーだった[5][6]。彼の後任には、ジョン・ロスが加入した。

メンバー[編集]

現在のラインナップ[編集]

元メンバー[編集]

※サポートメンバーは除き、正式メンバーとして参加した人物のみを記載。

ヴォーカル
ギター
ベース
キーボード
ドラム

ディスコグラフィ[編集]

参照[編集]

  1. ^ interview”. 2012年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月27日閲覧。 “Well, because they want me in, and I didn't want to be there because they were doing 'We Built This City' and all. It was at the point where they were going to the studio, and nobody in the band was playing anything. Maybe if they needed a guitar… Craig would play it. It was all producing and it was all hot stuff keyboard players and that is what I was basically playing with them…you know…and that wasn’t me. Why have me around? Why should I be around?”
  2. ^ Set the Night to Music - Roberta Flack | Awards | AllMusic
  3. ^ "Jefferson Airplane". Baker's Biographical Dictionary of Musicians, Centennial Edition. Nicolas Slonimsky, Editor Emeritus. Schirmer, 2001.
  4. ^ Over the Edge: Mickey Thomas – The voice of Starship returns”. melodicrock.com. 2014年8月27日閲覧。
  5. ^ Mark Abrahamian Dead -- Starship Guitarist Dies Following Concert”. TMZ. 2012年9月3日閲覧。
  6. ^ Guitarist dies after concert”. NorfolkDailyNews.com. 2012年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]