マネキン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マネキン
Mannequin
監督 マイケル・ゴットリーブ
脚本 エドワード・ルゴフ
マイケル・ゴットリーブ
製作 アート・レヴィンソン
製作総指揮 エドワード・ルゴフ
ジョセフ・ファレル
出演者 アンドリュー・マッカーシー
キム・キャトラル
音楽 アルバート・ハモンド
ダイアン・ウォーレン
シルヴェスター・リヴェイ
主題歌 スターシップ
愛はとまらない
撮影 ティム・サーステッド
編集 フランク・E・ヒメネス
リチャード・ハルシー
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年2月13日
日本の旗 1988年2月20日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $42,721,196[1]
次作 マネキン2
テンプレートを表示

マネキン』(Mannequin)は1987年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画1991年には続編の『マネキン2』が製作された。

20世紀フォックス配給のロマンティック・コメディ。多彩なミュージッククリップやダンスシーンが華やかで、本来変態的であった題材を見事にトレンディコメディに昇華した快作[要出典]アリッサ・ミラノスターシップのテーマソング共々ヒットした。主題歌であるスターシップの「愛はとまらない」は1987年4月4日4月11日の2週連続でビルボードシングル・チャート Billboard Hot 100 で第1位に輝いた。また、年間ランキングでは第11位を記録した。1980年代を象徴する作品でもある。 2015年現在、日本国内における販売用DVD絶版となっている。(WOWOW等有料衛星放送において不定期放送がおこなわれる場合がある。)

あらすじ[編集]

芸術家志望の青年ジョナサンは、職場でも失敗ばかり繰り返し転職の日々を送っていた。恋人とも上手くいかない失意の彼は、偶然にもかつて自分が製作した最高のマネキンと再会してしまい、ひょんな事から展示されているプリンスデパートに就職してしまう。経営難で陰謀渦巻くプリンスデパート内で、オカマの従業員・ハリウッドと共に悪戦苦闘するジョナサン。

ある夜のこと、作ったマネキンが人間の姿に変わって彼に話しかけてくる。彼女は「マネキンに転生」して時空を旅してきた古代エジプトの女性エミーというらしく、人間の姿になれるのはジョナサンの前だけだという。こうしてジョナサンは誰もいない深夜のデパートでエミーと斬新なショーウインドウの飾り付けをする事で、買収される寸前であったプリンスデパートを復活させてしまう。

禁断の愛とライバルとのドタバタをハードなギャグと感動で仕上げた、ラブコメ大ヒット映画である。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日
ジョナサン アンドリュー・マッカーシー 宮本充
エミー キム・キャトラル 島本須美
ハリウッド メシャック・テイラー 増岡弘
ティムキン社長 エステル・ゲティ 京田尚子
ロクシー キャロル・デイビス 勝生真沙子
アマンド クリストファー・メイハー 石塚運昇
フェリックス G・W・ベイリー 八奈見乗児
リチャーズ ジェームズ・スペイダー 堀内賢雄
B.J. スティーブン・ビノビッチ 堀勝之祐
その他 一城みゆ希
峰恵研
稲葉実
広瀬正志
星野充昭
北村弘一
牧野和子
有馬瑞香
種田文子
小野健一
演出 向山宏志
翻訳 たかしまちせこ
調整 荒井孝
効果 リレーション
制作 東北新社
初回放送 1993年6月6日
日曜洋画劇場

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ゴールデングローブ賞[編集]

グラミー賞[編集]

  • 「愛はとまらない」(ノミネート)

参考文献[編集]

  1. ^ Mannequin”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]