エステル・ゲティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1989年9月17日第41回プライムタイム・エミー賞授賞式より
1988年、エミー賞受賞時より

エステル・ゲティ(Estelle Getty、本名:Estelle Scher-Gettleman、1923年7月25日2008年7月22日[1])は、アメリカ合衆国の俳優。 代表作はThe Golden Girls(1985年-1992年)およびその後日談である The Golden Palace(1992年-1993年)(いずれもSophia Petrillo)、Empty Nest(1993年-1995年)など。これらの番組で彼女はエミー賞ゴールデングローブ賞を受賞した。 晩年は俳優業を引退しレビー小体型認知症とたたかった。

生涯[編集]

キャリアをスタートさせるまで[編集]

ニューヨークにて、ポーランド出身のユダヤ教徒の娘として生まれ、エステル以外にも娘と息子が一人ずついた[2]。 エステルの芸能人としてのキャリアはイディッシュ・シアター英語版から始まり、キャッツキル山地ボルシチベルト英語版の保養所でもコメディアンとして活動していた[3]。このころの代表作として、ブロードウェイ版『トーチソング・トリロジー』のアーノルド(ハーヴェイ・ファイアスタイン)の母役が挙げられる[4]

俳優として[編集]

1980年に放送された[[シチュエーション・コメディ]The Golden Girlsはヒット作となり、彼女が演じたSophia Petrilloは有名な役となった[5]。 彼女が演じたソフィアはビアトリス・アーサー演じる Dorothy Zbornakの母親であるシチリア系のユーモラスな女性という役どころだが、エステルの実年齢はアーサーより一歳年下だった[6][7]。 エステルはこの役で1988年にプライムタイム・エミー賞助演女優賞 (コメディ部門)を受賞した[8]

The Golden Girls放送期間中の1988年、エステルはSteve DelsohnととともにIf I Knew Then, What I Know Now... So What? (Contemporary Books, 1988)という自叙伝を出版した[2]

後年は1993年に発売された老人向けエクササイズビデオに出演したことで知られれるようになった[9]

出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

受賞歴[編集]

エミー賞[編集]

  • 1986 – 助演女優賞 (コメディ部門) – The Golden Girls – (ノミネート)
  • 1987 – 助演女優賞 (コメディ部門) – The Golden Girls – (ノミネート)
  • 1988 – 助演女優賞 (コメディ部門)– The Golden Girls – (受賞)
  • 1989 – 助演女優賞 (コメディ部門) – The Golden Girls – (ノミネート)
  • 1990 –助演女優賞 (コメディ部門) – The Golden Girls – (ノミネート)
  • 1991 –助演女優賞 (コメディ部門) – The Golden Girls – (ノミネート)
  • 1992 –助演女優賞 (コメディ部門) – The Golden Girls – (ノミネート)

ゴールデングローブ賞[編集]

  • 1985 – 女優賞(ミュージカル・コメディ部門) – The Golden Girls – (受賞)
  • 1986 – 女優賞(ミュージカル・コメディ部門) – The Golden Girls – (受賞)
  • 1991 – 助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) – The Golden Girls – (ノミネート)

ゴールデンラズベリー賞[編集]

  • 1992 -最低助演女優賞 -刑事ジョー/ママにお手あげ (受賞)

脚注[編集]

  1. ^ Hayward, Anthony (2008年7月24日). “Estelle Getty: Matriarch of 'The Golden Girls'”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/obituaries/estelle-getty-matriarch-of-the-golden-girls-875728.html 2013年10月13日閲覧。 
  2. ^ a b Estelle Getty Biography (1923-)”. Film Reference. 2013年10月13日閲覧。
  3. ^ “Goodbye Golden Girl: Comic actress Estelle Getty dies at 84”. Haaretz. (2008年7月23日). http://www.haaretz.com/jewish-world/2.209/goodbye-golden-girl-comic-actress-estelle-getty-dies-at-84-1.250261 2013年10月13日閲覧。 
  4. ^ Simonson, Robery (2008年7月22日). “Estelle Getty, Star of "Golden Girls," Dies at 84”. Playbill.com. http://www.playbill.com/news/article/119713-Estelle-Getty-Star-of-Golden-Girls-Dies-at-84 2013年10月13日閲覧。 
  5. ^ Weber, Bruce (2008年7月23日). “Estelle Getty, 'Golden Girls' Matriarch, Dies at 84”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/07/23/arts/television/23getty.html 2013年10月13日閲覧。 
  6. ^ Lansden, Pamela (1986年3月31日). “Estelle Getty Zings for Her Supper as Bea Arthur's Zap-Happy Mom on Golden Girls”. People.com. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20093266,00.html 2013年10月13日閲覧。 
  7. ^ Lawson, Sarah (2012年11月19日). “Great Moments in Age-Inappropriate Casting”. The New York Times. http://6thfloor.blogs.nytimes.com/2012/11/19/great-moments-in-age-inappropriate-casting/ 2013年10月13日閲覧。 
  8. ^ Bernstein, Adam (2008年7月23日). “Estelle Getty, 84; 'Golden Girl' Actress Won an Emmy Award”. The Washington Post. http://articles.washingtonpost.com/2008-07-23/news/36768221_1_barry-gettleman-arthur-gettleman-comedy-series 2013年10月13日閲覧。 
  9. ^ Glenn Haas, Jane (1993年12月31日). “Estelle Getty leads a workout for seniors”. Baltimore Sun. http://articles.baltimoresun.com/1993-12-31/features/1993365117_1_estelle-getty-picaud-exercise 2013年10月13日閲覧。 

外部リンク[編集]