シルヴェスター・リーヴァイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いレーヴァイ・シルヴェステルと表記することもあります。

シルヴェスター・リーヴァイ (Sylvester Levay、ハンガリー語 : Lévay Szilveszter、1945年5月16日-)は、ハンガリー作曲家である。セルビアスボティツァ生まれ。

来歴[編集]

作家であるハンガリー人の父と音楽教師であるハンガリー人の母の間に生まれる[1]。8歳の時からミュージカル曲の習作を始める。15歳の時、最初に作った楽曲がコンテストで優勝。

1972年、ミュンヘンに移住。既に多くの演劇作品で成功を収めていた、ミヒャエル・クンツェと出会う。以降、彼と組み、1977年から1980年の間、エルトン・ジョン、シルバー・コンベンション(Silver Convention:リーヴァイとクンツェによるドイツのディスコ・グループ)などへの楽曲提供やプロデュースを行う。

1980年から2000年まで、ハリウッドに住み映画音楽の作曲を始める。マイケル・ダグラスチャーリー・シーンジョージ・ルーカスら、様々なハリウッド・スター達と仕事をする。数々の映画・ドラマ楽曲の中でも、アイヴァン・パサー監督による1985年公開の映画、『クリエイター』のサウンドトラックがリーヴァイの代表作となる。また、リーヴァイが作曲したメインテーマを含む、1980年代にアメリカで放送されたテレビドラマ『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』の2枚組サウンドトラックCDは、eBayで981ドルという、最も高値がついたドラマサウンドトラックCDとして知られている。アメリカレコード芸術家協会(NARAS)と米国TV芸術科学アカデミー(ATAS)の会員として、カリフォルニア大学ロサンゼルス校南カリフォルニア大学で映画音楽作曲の講義を行ったこともある。

1990年からミュージカル楽曲を手掛け始め、クンツェと共に様々なミュージカルを世に送り出している。

現在はシェーンブルン宮殿のアパートに宮殿の研究者である妻と共に住んでおり[2]、2010年3月27日放送の『美の巨人たち』で世界遺産に住む居住者として取材を受けたことがある。

主な楽曲作品[編集]

以下、ミュージカル作品

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年版『エリザベート』のパンフレットより
  2. ^ http://www.skystage.net/check/index57.html
  3. ^ 浦井健治主演で「王家の紋章」がミュージカル舞台に”. 日刊スポーツ (2015年7月14日). 2015年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]

  • "Airwolf Themes 2CD" 英語 - 『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』サウンドトラックCDについて