ミヒャエル・クンツェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミヒャエル・クンツェ

ミヒャエル・クンツェMichael Kunze1943年11月9日 - )は、ドイツ作詞家作家脚本家である。法律の博士号を持つ。

来歴[編集]

プラハで生まれ、ミュンヘンで育つ。現在はハンブルクに在住。

法学を学んでいた1960年代半ばより、作詞を始める。 ソフィア・ロタル、ナナ・ムスクーリ、ピーター・アレキサンダー、ミュンヘナー・フライハイトらのヒット曲に携わる。Stephan Prage(息子Stephanと生地Prague)という偽名を使い、フリオ・イグレシアス、ハービー・マン、ジルベール・ベコー、シスター・スレッジらと共に作詞家として世界的な成功を収める。また、シルバー・コンベンション(Silver Convention:クンツェとシルヴェスター・リーヴァイによるドイツのディスコ・グループ)のヒット曲、「フライ・ロビン・フライ」はビルボード誌のチャートで全米一位となった。

時折執筆活動をすることもあり、魔女狩りの中でも有名な「パッペンハイマー事件」を題材とした著書『火刑台への道』(原題:Straße in Feuer、英語題:Highroad to the Stake: A Tale of Witchcraft) は世界的なベストセラーとなり、ニューヨーク・タイムズ紙は2ページに渡り評論を掲載した。

1980年代より、ミュージカル作品のドイツ語翻訳に着手。アンドルー・ロイド・ウェバーの『エビータ』、『キャッツ』、『オペラ座の怪人』、『サンセット大通り』、スティーヴン・ソンドハイムの『イントゥ・ザ・ウッズ』などのほかに、『コーラスライン』、『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』、『蜘蛛女のキス』、『マンマ・ミーア!』、『ライオン・キング』、『アイーダ』などの優れたドイツ語訳で絶大な評価を得た。

1990年より、長年仕事上のパートナーであったシルヴェスター・リーヴァイと共に様々なミュージカルを世に送り出している。

主な作品[編集]

作詞[編集]

著作[編集]

ミュージカル作品[編集]

書籍[編集]

外部リンク[編集]