J.D.K.BAND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

J.D.K.BANDjdkBAND)は、日本ファルコムが発売するゲームソフトの楽曲のアレンジを専門とするバンドである。

概要[編集]

1990年に結成された初代 J.D.K.BANDと2007年に結成されたjdkBAND(θ)の2つのバンドがある。「Falcom Sound Team jdk (J.D.K.)」はファルコムのサウンドチームの総称であるため、ファルコムの楽曲に関して作曲を行わない J.D.K.BAND とはまったく別ものである。

初代 J.D.K.BAND[編集]

岸本友彦をリーダーとして1990年に結成されたヘヴィメタルバンドである。ジャパニーズ・メタル系のバンドを経てきたメンバーで構成されているため、曲の大半をハードロックで占めるが、プログレバラードなどもある。1991年から1993年の夏には、セガ(後のセガゲームス)のS.S.T.BANDタイトーZUNTATAカプコンアルフライラ、コナミ(後のコナミホールディングス)の矩形波倶楽部などと共に2日間にわたり、中野サンプラザ日本青年館などで『ゲームミュージックフェスティバル』というライブ活動も行っていた。1994年頃に初代J.D.K.BANDは解散し、メンバーはそれぞれソロ活動を続けている。

メンバー[編集]

岸本友彦をリーダーとして、全員がプロのミュージシャンで構成されている。

メンバーは時期によって入れ替わっている。

新生 jdkBAND[編集]

初代J.D.K.BAND解散から13年の時を経てメンバーを一新し、2007年7月に女性2人を含む6人組ユニットとして新生jdkBANDが結成された。ロックバンドながらヴァイオリニストがメンバーにいるのも特徴のひとつである。また、バンド名のスペルも「J.D.K.」から小文字の「jdk」へ変更されている。2007年9月29日の「イース誕生20周年記念」の大阪ライブでデビューを果たし、翌月10月8日には東京のclub goodmanでもライブが行われ、同ライブハウスの過去観客動員数最高記録を大幅に塗り替えた。2014年9月13日には台湾台北レガシー)でのライブを大成功に収める。2015年3月28日に日本橋三井ホールにて行われたFalcom jdk BAND SUPER LIVE ~KISEKI 10th Anniversary~をもって新生jdkBANDは再びメンバーを大幅に入れ替えることとなり、同年6月16日に日本ファルコムは新生ファルコムjdkバンドθ(シータ)の立ち上げを発表した[1]。メンバーは同年7月7日に同社の公式Twitterを通じて発表され[2]、ヴァイオリンの水谷美月以外全員が新メンバーとなった[2]。同10月17日吉祥寺CLUB SEATAで初ライブ「Falcom jdk BAND θ Live」を開催している[3][4]

メンバー[編集]

2015年6月以降 (jdk Band θ)

  • 水谷美月(バイオリン、ヴォーカル)
  • 佐坂めぐみ(ヴォーカル)
  • maimie(ヴォーカル)★
  • リアル☆SPiKA(ヴォーカル)★
  • kosuke(ギター)
  • 関口功二(ギター)
  • gakia2(キーボード)
  • 目純一郎(ベース)
  • 山﨑善紀(ドラム)
    • ★:一回のみ出演

バンド名の由来[編集]

アルバム『イースIV VS 風の伝説ザナドゥ J.D.K.BAND4』付属のライナーノーツによると、名付け親は日本ファルコムの創業者(現会長)の加藤正幸。J.D.K.は『ジャパン・ダイナマイト・キッズ』または『ジャンピング・デジタル・キッズ』の略とされる。[7]

アルバム[編集]

J.D.K.BAND[編集]

発売は全てキングレコードファルコムレーベルから。

jdkBAND[編集]

DVD・BD[編集]

jdkBAND[編集]

  • ファルコムjdkバンドライブ2010 inリキッドルーム(DVD)(2010年11月12日発売)
  • ファルコムjdkバンド2011 Xmas Live(BD)(2012年4月発売)
  • Falcom JDK BAND 2012 Super Live in nicofarre(BD)(2012年12月27日発売)
  • Falcom jdk BAND 2012 SUPER LIVE(BD)(2013年8月30日発売)
  • Falcom jdk BAND 2013 New Year Live in NIHONBASHI MITSUI HALL(BD)(2014年1月9日発売)
  • Falcom jdk BAND 2013 Super Live in NIHONBASHI MITSUI HALL(BD)(2014年8月18日発売)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “日本ファルコム,「ファルコムjdkバンドθ(シータ)」と,5人の女子高生で構成された「リアル☆SPiKA(スピカ)」という2つのサウンドグループを立ち上げ - 4Gamer.net”. 4Gamer.net. (2015年6月16日). https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20150616053/ 2018年9月27日閲覧。 
  2. ^ a b falcom jdk バンド θ(シータ)メンバー発表!”. 日本ファルコム (2015年7月7日). 2018年9月27日閲覧。
  3. ^ ““Falcom jdk BAND θ(シータ) Live”の模様をお届け アイドルユニット・リアル☆SPiKAも登場 - ファミ通.com”. ファミ通.com. (2015年10月23日). https://www.famitsu.com/news/201510/23091372.html 2018年9月27日閲覧。 
  4. ^ “新生Falcom jdk BANDの初ライブ「Falcom jdk BAND θ(シータ) Live」が開催。アイドルユニット「リアル☆SPiKA」も参戦し,全16曲を熱演 - 4Gamer.net”. 4Gamer.net. (2015年10月19日). https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20150616053/ 2018年9月27日閲覧。 
  5. ^ 『イース』『空の軌跡』の曲を熱演!新生jdkBAND「おひろめライブ」レポート”. 電撃オンライン. 2016年6月4日閲覧。
  6. ^ 2007.10.12 新生jdkバンドおひろめライブレポート 前半戦・プログラム空の軌跡編”. ファルコムホームページ. 2016年6月4日閲覧。
  7. ^ CD『イースIV vs 風の伝説ザナドゥ/J.D.K.BAND4』ブックレットに掲載、1994年4月30日発売

関連項目[編集]

外部リンク[編集]