ピエール・バルビゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピエール・バルビゼPierre Barbizet 1922年9月20日 アリカチリ)-1990年1月18日 マルセイユ)はフランスピアニストパリ音楽院に学び、1944年にピアノ科の首席となる。また音楽史室内楽でも首席に輝いた。1948年スヘフェニンヘン国際コンクールのグランプリに輝き、1949年には、ロン=ティボー国際コンクールの5位に入選した。ソリストとしてよりも、室内楽専門のピアニストとして、とりわけヴァイオリニストクリスチャン・フェラスの共演者として名高い。1963年から没年までマルセイユ音楽院の院長を務めた。