大高ひさを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大高ひさを(おおたかひさを、1916年(大正5年)3月11日 - 1990年(平成2年)9月2日)は昭和期の作詞家

経歴[編集]

北海道小樽市生まれ。テイチク専属作詞家として多数の作品を残し、「玄海ブルース」、「海のジプシー」、「肩で風切るマドロスさん」、「玄海エレジー」(田端義夫)、「君忘れじのブルース」(淡谷のり子)、「アリラン」、「トラジ」、「江の島悲歌」、「連絡船の唄」、「木浦の涙」(菅原都々子)、「炭坑節」(美ち奴)、「泪の連絡船」(真木不二夫)、「東京ロマンス・タイム」(楠トシエ)、「流転笠」(今村隆)、「浮草小唄」(鈴木三重子)、「しのび泣く青春」、「青い夜霧の港町」(大木実)、「カスバの女」(エト邦枝)、「ひとりぽっちの青春」、「世界を賭ける恋」、「男の友情背番号・3」、「街から街へつむじ風」、「王将・夫婦駒」、「夜霧の慕情」「泪が燃える」(石原裕次郎)、「銀座の恋の物語」(石原裕次郎、牧村旬子)、「文左たから船」(三波春夫)などがある。

1990年(平成2年)9月2日死去。享年74。

代表曲[編集]

  • 『君忘れじのブルース』(1948年(昭和23年)11月、長津義司作曲、歌:淡谷のり子
  • 『玄海ブルース』(1949年(昭和24年)10月、長津義司作曲、歌:田端義夫)
  • 『江の島悲歌』(1951年(昭和26年)5月、倉若晴生作曲、歌:菅原都々子)
  • 『連絡船の唄』(1951年(昭和26年)6月、金松奎作曲、歌:菅原都々子)
  • カスバの女』(1955年(昭和30年)6月、久我山明作曲、歌:エト邦枝)
  • 『銀座の恋の物語』(1961年(昭和36年)3月、鏑木創作曲、歌:石原裕次郎、牧村旬子)
  • 『夜霧の恋の物語』(1968年(昭和43年)7月、鶴岡雅義作曲、歌:石原裕次郎)

CMソング[編集]