カスバの女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カスバの女
エト邦枝楽曲
リリース 1955年昭和30年)
規格 レコード
ジャンル 歌謡曲
時間 3分36秒
レーベル テイチクレコード
作詞者 大高ひさを
作曲者 久我山明

カスバの女(かすばのおんな)は、エト邦枝1955年昭和30年)に発表した楽曲である。

解説[編集]

韓国人作詞家・久我山明[1]が、自作の曲を作詞家の大高ひさを邸を訪れて持ち込み、その曲を聴いた大高が「日本の演歌では単なるモノマネになる」と思い、外国アルジェのカスバ)を舞台にして詩を書いた作品であるという[2]

当初、芸術プロ製作映画『深夜の女』の主題歌として制作され、レコーディングを終了して発売したものの、肝心の映画が製作中止となり、発売元のテイチクレコードも熱心にキャンペーンすることなく曲は自然消滅の形となり、歌唱したエト邦枝は芸能界を去ることとなった[2]。作詞した大高ひさをによると1766枚しか売れなかったという[3]。その後、1967年(昭和42年)になって緑川アコカバーして日本クラウンから発売するとこれがヒットとなり、以後は竹腰ひろ子沢たまき扇ひろ子らがこぞってカバーして知られるようになる。これを受けて本家本元のエト邦枝も表舞台に復帰して思い出のメロディーNHK総合テレビジョン1976年8月7日放送)を始めとする“懐かしのメロディー”番組に出演して本曲を歌唱している。

1981年公開、薬師丸ひろ子主演の映画「セーラー服と機関銃」で、薬師丸ひろ子演じる「星 泉」が、劇中でこの曲を口ずさむシーンがある。

逸話[編集]

作詞した大高ひさをは、『カスバの女』を書くにあたって第二次世界大戦前に日本で公開されたジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品で、ジャン・ギャバン主演のフランス映画『望郷』を下敷きにし、自身は「一度もアルジェリアへ行ったことがなかった」と語った[1]

カバー[編集]

本楽曲をカバーした主な歌手は五十音順に次のとおり。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 青江三奈(1941年 - 2000年)没後に発表された廉価版ベスト・アルバム

出典[編集]

  1. ^ a b 阿部政雄 (2005年6月1日). “「私とアルジェリア」 1980年代のアルジェリアのオラン大地震に 『カスバの女』の作詞家大高ひさを氏が100万円寄付”. 日本-アルジェリアセンター. 2014年10月21日閲覧。
  2. ^ a b “早すぎた流行歌 「カスバの女」”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2010年4月9日). http://www.asahi.com/shopping/tabibito/TKY201004080257.html 2010年4月10日閲覧。 
  3. ^ 『精選盤 昭和の流行歌 歌詞集』日本音楽教育センター、48頁。