エドゥアルド・マテオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマテオ第二姓(母方の)はロペスです。
エドゥアルド・マテオ(Eduardo Mateo)
Eduardo Mateo disco Mateo solo bien se Lame 1972 Argentina.jpg
1971年のエドゥアルド・マテオ
基本情報
出生名 アンヘル・エドゥアルド・マテオ・ロペス(Ángel Eduardo Mateo López)
生誕 ウルグアイの旗 ウルグアイモンテビデオ (1940-09-19) 1940年9月19日
出身地 ウルグアイの旗 ウルグアイ
死没 ウルグアイの旗 ウルグアイ、モンテビデオ、 (1990-05-17) 1990年5月17日(49歳没)
ジャンル カンドンベロックボサノヴァ
担当楽器 ボーカルギターパーカッションエレクトリックベース
活動期間 1960年 - 1990年

アンヘル・エドゥアルド・マテオ・ロペスÁngel Eduardo Mateo López1940年9月19日1990年5月17日)は、ウルグアイの音楽家、作曲家であり、同国のポピュラー音楽を代表する偉大な人物の一人である。

生涯[編集]

1940年にモンテビデオにて生誕した。

カンドンベバラードボサノヴァといった曲を数え切れないほど作曲し、ソロ活動、他の重要なアーティストとの活動、競作を行った(ルベン・ラダオラシオ・ブスカグリアエステラ・マグノーネLos Malditosエル・キント、等々)。

1990年に出生地と同じモンテビデオにて49歳で死去した。

死後の影響力[編集]

1994年 『ラソネス・ロカス/ウルグアイの音楽のためのエドゥアルド・マテオの道』ギレルメ・デ・アレンカール・ピントによって出版された。

過去にもミルトン・ナシメントがマテオの曲をカバーし、近年ではフアナ・モリーナや、映画モーターサイクル・ダイアリーズの主題歌でアカデミー賞を受賞したホルヘ・ドレクスレルがマテオの影響を公言するなど、未だにウルグアイ、アルゼンチン、ブラジルでの評価は高い。

ディスコグラフィー[編集]

ソロワーク[編集]

  • Mateo solo bien se lame1972年
  • Cuerpo y alma1984年
  • La Máquina del Tiempo presenta a: Mateo / Mal tiempo sobre Alchemia (1er. viaje)1987年
  • La Máquina del Tiempo / La mosca1989年

コラボレーション[編集]

コンピレーション[編集]

  • Mateo Clásico Vol. 1 (1994)
  • Mateo Clásico Vol. 2 (1995)
  • El Tartamudo (2000) (incluye temas inéditos hasta el momento)

再版[編集]

外部リンク[編集]