江戸アケミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江戸アケミ
出生名 江戸正孝
生誕 (1953-07-01) 1953年7月1日
出身地 日本の旗 日本 高知県中村市(現・四万十市
死没 (1990-01-27) 1990年1月27日(満36歳没)
学歴 明治大学文学部卒業
ジャンル ファンクパンク・ロック
職業 歌手作詞家作曲家
担当楽器
活動期間 1979年 - 1990年

江戸 アケミ(えど アケミ、1953年7月1日 - 1990年1月27日)は、日本の男性ミュージシャンである。本名は、江戸 正孝(えど まさたか)。1990年平成2年)、自宅浴室溺死し、ボーカル兼リーダーを務めていた音楽バンド、『じゃがたら』も解散となった。

人物[編集]

高知県中村市(現四万十市)生まれ。高知県立中村高等学校を経て、明治大学文学部卒業。

  • JAGATARAとしての活動前より「江戸アケミ」を名乗り、ほとんど全て公の場ではこの名を用いたため、「江戸アケミ」が本名と思っていたファンも多い。ただしその名の由来は詳らかではないが、本人に直接訊くとキャバレーのホステスの代名詞「アケミさーん3番テーブルまでー」のアケミよ!と説明していたことがある。
  • 1983年昭和58年)から1985年(昭和60年)まで精神疾患を患っていた。発症に際しての詳細な経緯はJAGATARAライブ・アルバム「君と踊りあかそう日の出を見るまで」に復刻収録されたドキュメント「黒い種馬」に詳しい。
  • 幼時は洗礼を受けたクリスチャンであったが、長ずるにつれ信仰に疑問を感じ、棄教した。
  • 非常に駄洒落好きであり、「名刺をばら撒く習慣はいつから始まった?『メイシ(明治)時代』」「後悔していいのは、処女とヤった時だけ『処女航海』(同じ読みの言葉を掛けて)」などの発言がある。

作風[編集]

  • 江戸はJAGATARAの牽引役であり、ほぼ全ての楽曲制作を手掛けた(共作含む)。

作詞[編集]

  • 江戸の詞のテーマには「大都会での生活と孤独」(「タンゴ」、「都市生活者の夜」など)、「狂気」(「BIG DOOR」など)、「社会から受ける抑圧(と解放に向けての闘争)」(「もうがまんできない」、「つながった世界」など)、などが多く見られる。

作曲[編集]

  • 江戸はファンクパンク・ロックなどの影響を強く受けており、双方のミックスされたものを基調とする。フェラ・クティPファンク頭脳警察などとの関連性は多く語られている。楽曲の形式はいわゆる歌謡曲のフォーマット(Aメロ⇒Bメロ⇒サビの繰り返し)には則らないものが多く、またジャム的性格を持つゆえ、6分以上、20分にまで至る長尺の作品が多い。

著書[編集]

  • 江戸正孝「それから-江戸アケミ詩集」(ISBN:4783711550)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]