弓木英梨乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弓木英梨乃
別名 弓木トイ
生誕 (1990-08-08) 1990年8月8日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
職業 ギタリストシンガーソングライター作詞家作曲家
担当楽器 ギターヴァイオリン
活動期間 2008年 -
レーベル ユニバーサル ミュージック ジャパン
事務所 ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
共同作業者 KIRINJI、LALLA
公式サイト https://www.yumikitoy.com/

弓木 英梨乃(ゆみき えりの、1990年8月8日 - )は、日本のギタリストシンガーソングライター[1]作曲家編曲家である。大阪府出身[2]

2歳半からヴァイオリンを始め、中学生時代にビートルズの「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」に感銘を受けたことがきっかけでギターを始める[2]。高校時代の2008年2月、「第2回SCHOOL OF SCHOOL FINAL」でグランプリを受賞し[2][3]2009年に「LφST[ロスト]」(映画『携帯彼氏』主題歌)でシンガーソングライターとしてメジャー・デビュー[4][5]

2013年よりKIRINJIのメンバーとしてギター、ボーカルを担当している。また、Base Ball Bear[6]秦基博[7][8]柴咲コウ[9]らのライブツアーにサポートギタリストとして参加している。

2019年3月、ソロプロジェクトとして「弓木トイ」を始動、アルバム「みんなおもちゃになりたいのさ」をリリースした[10]

ディスコグラフィ[編集]

弓木英梨乃[編集]

ミニアルバム(インディーズ)[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年9月17日 INITIATION XBCW-6001 4. The Beatles カヴァー

シングル(メジャー)[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2009年10月21日 LφST TOCT-45019 1. 映画「携帯彼氏」主題歌
3. Bee TV「神児遊助のげんきのでる恋」エンディングテーマ
4. The Beatles カヴァー
2nd 2010年6月23日 BLUE 配信限定
3rd 2010年12月1日 終わらない遊び TOCT-45037
2011年4月6日 FOUND 配信限定 映画「携帯彼女」主題歌
着うたフルとして配信
2011年7月6日 パレード~終わらない大阪のうた~ 配信限定 FM OSAKA「弓木英梨乃の終わらないラジオ」番組内企画
4th 2011年11月16日 River 配信限定 堀込高樹プロデュース
TBS系「世界・ふしぎ発見!

エンディングテーマ

弓木トイ[編集]

アルバム(インディーズ)[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2019年4月24日 みんなおもちゃになりたいのさ YMCL-30005 【参加アーティスト】

吉澤嘉代子
のん
千ヶ崎学(KIRINJI)
楠均(KIRINJI)
鈴木正人(LITTLE CREATURES)
Schroeder-Headz
小田朋美(CRCK/LCKS)
石若駿(CRCK/LCKS)

楽曲提供[編集]

アーティスト名 タイトル クレジット 発売日 備考
玉城ちはる もう泣かないで 作曲・編曲 2014年9月24日 作詞:玉城ちはる
アルバム「私は生きてる」収録
Doll☆Elements It's my turn 作詞・作曲 2014年10月1日 アルバム「私たちいつでも君の味方だよ Doll☆Elementsです!【Elements盤】」収録
RYUTist きっと、はじまりの季節 作詞・作曲 2019年10月29日 作詞・作曲:弓木英梨乃、編曲:sugarbeans

サポートアーティスト[編集]

インタビュー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 弓木英梨乃のソロ「弓木トイ」始動 吉澤嘉代子、のん参加アルバム3月発売”. 2019年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.6:弓木英梨乃”. CINRA.net. 2019年2月1日閲覧。
  3. ^ BIOGRAPHY - 弓木英梨乃”. ユニバーサルミュージックジャパン. 2019年2月1日閲覧。
  4. ^ “映画『携帯彼氏』主題歌「LφST[ロスト]」で鮮烈デビュー!弓木英梨乃特集”. barks. https://www.barks.jp/news/?id=1000054639 2019年2月1日閲覧。 
  5. ^ 弓木英梨乃は、なぜ若くしてKIRINJIや土岐らに求められるのか?”. CINRA.net. 2019年1月31日閲覧。
  6. ^ Base Ball Bear 全国ツアーのサポートギターは弓木英梨乃(KIRINJI)に決定 特別投票企画『君の目』も開始”. スパイス. イープラス (2016年8月19日). 2019年2月1日閲覧。
  7. ^ 秦 基博、わずか300名の観客に向けて至近距離でプレミアムライブを披露”. 2019年2月1日閲覧。
  8. ^ “秦基博「スミレ」特集 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/pp/hatamotohiro04 2019年2月1日閲覧。 
  9. ^ “柴咲コウ、カバー集「こううたう」携えた2年ぶりツアー開幕”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/159870 2019年2月1日閲覧。 
  10. ^ “KIRINJI弓木英梨乃がソロプロジェクト始動、1stアルバムにのんや吉澤嘉代子ら参加”. 音楽ナタリー. https://natalie.mu/music/news/318163 2019年2月1日閲覧。 

外部リンク[編集]