Catch Ball

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Catch Ball
永井真理子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ファンハウス
プロデュース 金子文枝
チャート最高順位
永井真理子 年表
Miracle Girl
1989年
Catch Ball
1990年
POCKET
(1990年)
『Catch Ball』収録のシングル
テンプレートを表示

Catch Ball』(キャッチボール)は永井真理子5枚目のアルバム。

概要[編集]

  • ヒット曲「ミラクル・ガール」、「White Communication」を収録。
  • 作家人に佐野元春や当時同じレコード会社だった陣内大蔵が参加。
  • 「23才」は後にシングルカットされた、タイトルは永井の当時の年齢である。
  • 「キャッチ・ボール」は特に表記は無いがシングルより演奏時間が若干短くなっている。
  • 「好奇心」は陣内大蔵がアルバム『BLOW WIND BLOW』に「好奇心〜Chance creator〜」として、「ミラクル・ガール」は藤井宏一が「Miracle Girl」としてセルフカバーしている(どちらも若干歌詞が異なる)。

収録曲[編集]

全編曲:根岸貴幸

  1. 23才
    • 作詞:永井真理子・浅田有理、作曲:前田克樹
  2. あの頃、哀しさは1/6
  3. White Communication -新しい絆-
  4. Way Out
    • 作詞:亜伊林、作曲:前田克樹
  5. ありがとうを言わせて…
    • 作詞:永井真理子、作曲:吉川忠英
    • 「23才」のc/w曲
  6. 好奇心
  7. ミラクル・ガール
  8. ガリレオによろしく
  9. キャッチ・ボール(Album Edit)
    • 作詞:亜伊林、作曲:北野誠
    • 「White Communication〜新しい絆〜」のc/w曲
  10. 今、君が涙を見せた
  11. レインボウ
    • 作詞:永井真理子・浅田有理、作曲:藤井宏一

脚注[編集]