真夏の果実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真夏の果実
サザンオールスターズシングル
収録アルバム 稲村ジェーン(#1)
アルバム未収録(#2)
B面 ナチカサヌ恋歌 (Live at BUDOKAN)
リリース
規格 8cmCD('90,'98)
カセットテープ('90)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1990年 - 6月
VICTOR STUDIO
MUSIC INN STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1990年8月度月間5位(オリコン)
  • 1990年9月度月間3位(オリコン)
  • 1990年度年間9位(オリコン)
サザンオールスターズ シングル 年表
フリフリ'65
1989年
真夏の果実
(1990年)
ネオ・ブラボー!!
1991年
稲村ジェーン 収録曲
Love Potion No. 9
(5)
真夏の果実
(6)
マンボ
(7)
テンプレートを表示

真夏の果実」(まなつのかじつ)は、サザンオールスターズの28枚目のシングル1990年7月25日発売。発売元はタイシタレーベル

1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発されている。

解説[編集]

前作の「フリフリ'65」から、約8か月ぶりとなるシングル。

公式のファン投票でも200数十曲の中から、ライブでのリクエスト第1位に選出されるなど、サザンオールスターズの中で屈指の人気を博す代表曲である。

チャート成績[編集]

オリコン週間チャートの初登場順位は5位であり、その後最高位4位を記録、タイアップとなった映画の同名サウンドトラック稲村ジェーン』に収録されたものの、本作はロングヒットを続けて、累計54.9万枚を売り上げた[2]

オリコンのシングルTOP10獲得週間数では、本作は12週であり、自身の中では「いとしのエリー」「TSUNAMI」「勝手にシンドバッド」に次いで4番目に高い[3]

収録曲[編集]

  1. 真夏の果実
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 小林武史
    桑田佳祐監督作品映画『稲村ジェーン』主題歌。また、リクルート「B-ing」CMソング。また、auLISTEN MOBILE SERVICE』キャンペーンソング。
    弦楽器は、ギター大森隆志によるウクレレのみで一貫している。PVは、ほぼ映画『稲村ジェーン』から派出した映像のみの構成となっている。PVのほか、2003年DVDInside Outside U・M・I』にイメージ・ビデオが収録された。
    桑田自身も「サザンの中で一番好きな曲の一つ」と発言している。
    この年のレコード大賞では「おどるポンポコリン」とのデットヒートとなり、最終的に「おどるポンポコリン」が受賞、桑田は同年の年越しライブで「本音はレコード大賞が欲しかった」と語っている。
    桑田は自身のラジオ番組桑田佳祐のやさしい夜遊び』内で小林武史について語ることは少ないが、この曲をラジオで紹介した際にこの曲の小林のアレンジを改めて絶賛していた。
    ファンの中では「TSUNAMI」「希望の轍」などと1・2を争う人気曲である。2008年に行われた「真夏の大感謝祭」では、ファンによる"ライブでの選挙リクエスト投票"が行われ、数ある楽曲の中から投票数第1位に輝いた[4]
  2. ナチカサヌ恋歌 (Live at BUDOKAN)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    同年年始発売のアルバムSouthern All Stars』収録曲。ライブツアー『夢で逢いまSHOW』の日本武道館公演の音源である。原由子ボーカル曲で、沖縄をモチーフとした曲。

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

参加ミュージシャン[編集]

カバー[編集]

この曲には日本とその他のアジア圏を中心に多数のカバーが存在し、主に以下のようなものがある。

日本語によるカバー
外国語によるカバー

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レコード協会調べ 4月度有料音楽配信認定 日本レコード協会 2015年9月20日閲覧
  2. ^ 2015年9月29日放送 クイズ・ドレミファドン! 番組企画「ヒットはどっちだ? High&Low」より。(オリコン提供)
  3. ^ サザン、百恵超え! シングルのTOP10獲得週数記録を更新! オリコンスタイル 2015年10月20日閲覧
  4. ^ [1]

外部リンク[編集]