WEAVER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WEAVER
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
ジャンル ピアノ・ロック[1]
活動期間 2004年 - 2023年[2]
レーベル A-Sketch
事務所 アミューズ
共同作業者 亀田誠治(プロデューサー)
公式サイト WEAVER Official Site
メンバー

WEAVER(ウィーバー)は、日本のスリーピースピアノ・ロックバンドアミューズA-Sketch所属。

ピアノ、ベース、ドラムの3ピースによるギターレスが特徴であり、2009年10月にメジャーデビュー。バンド名には”音楽を紡ぐ人”という意味がこめられている。

メンバー[編集]

※公式サイトの「Member」に準拠[3]

名前 担当楽器 生年月日
杉本 雄治
(すぎもと ゆうじ)
ピアノ & ボーカル (1988-12-03) 1988年12月3日(34歳)
奥野 翔太
(おくの しょうた)
ベース & コーラス (1988-08-18) 1988年8月18日(34歳)
河邉 徹
(かわべ とおる)
ドラムス & コーラス (1988-06-28) 1988年6月28日(34歳)

来歴[編集]

2004年[編集]

  • 4月、高校の同級生として知り合った4人(当時はもう一人メンバーがいた)で、ツインギターバンドとして結成(杉本がギターヴォーカル)。

2005年[編集]

  • 8月、他校のバンド仲間に誘われライヴハウスで初ライヴ。

2006年[編集]

  • 8月、杉本以外の3人が大学受験のため音楽活動を一時休止。その頃作った自主制作CDを1000枚限定でリリースし完売する。

2007年[編集]

  • 4月、大学入試合格後に活動再開。
  • 10月、『Kyoto Student Music Award』ファイナルに出場するが、メンバーの一人が東京から通っていたこともあって活動が困難となり、それぞれの夢を目指すためとして脱退する。
  • 11月、メンバーを増やすかなど悩んだ末、ピアノロックバンドとして活動を再開する。

2008年[編集]

  • 5月、『閃光ライオット』三次審査に出演する。
  • 7月、自主制作ミニアルバム『PURE NOTE』を1000枚限定でリリースし完売する。
  • 10月、『Kyoto Student Music Award』ファイナルに出場し、3位になる。

2009年[編集]

  • 3月、神戸VARITにて初ワンマンライブ。
  • 8月、『SUMMER SONIC 09』に出演。
  • 9月、デビュー曲「白朝夢」のプロローグ映像がBARKSの動画ランキングで1位を記録。また、「白朝夢」の着うたフルshort ver.がレコチョク ロック・フルで2週連続1位を獲得。
  • 10月、日本テレビ系音龍門』でDRAGON PUSH ARTISTとして紹介される。
  • 10月10日、flumpoolTSUTAYA フリーレンタルCD「フレイム」に「白朝夢」と「トキドキセカイ」の2曲が収録される。
  • 10月21日、配信限定シングル「白朝夢」でメジャーデビュー。
  • 10月22日・23日、flumpoolの日本武道館公演にオープニングアクト出演。
  • 11月18日、J-WAVEイベント『LIVE SUPERNOVA』に出演。
  • 12月28日、『COUNTDOWN JAPAN 09/10』に出演。

2010年[編集]

2011年[編集]

  • 8月24日、4thミニアルバム『ジュビレーション』リリース。杉本のソロ曲となる「負けんな!」が収録された。
  • 9月7日、PVに杉本が出演したflumpoolのシングル「」リリース。
  • 8月29日、TBS系列カミスン!』に出演し、ミニアルバム『ジュビレーション』の収録曲「Shine」をテレビ初披露[7]
  • 全国8箇所をまわる3rd TOUR「ジュビレーション〜太陽と月のパレード〜」を開催。
  • 12月21日、2ndシングル「笑顔の合図」リリース。

2012年[編集]

  • 3月より、全国31箇所をまわるライブハウスツアー「Piano Trio Philosophy 〜 do YOU ride on No.66? 〜」を開催。
  • 9月、lego big morl “Thanks Giving”vol.4に2箇所で出演。
  • 10月より、「Rock the campus' TOUR 2012」で全国9つの学園祭に出演。
  • 12月28日、COUNTDOWN JAPAN 12/13に出演。
  • 12月31日、神戸ワールド記念ホールで開催された「『Ready Set Go!!』Counydown Live 2012⇒2013」に出演。

2013年[編集]

  • 1月16日、セルフプロデュースアルバム「Handmade」をリリース。
  • 全国9箇所をまわるツアー「Piano Trio Performance」を開催。東名阪Zepp公演を行う。
  • 6月29日、河邉の誕生日にNHKホールにて「WEAVER Special Live 2013 〜河邉徹、四半世紀誕生祭〜」を開催。
  • 7月13日、「Amuse 35th Anniversary BBQ inつま恋 ~僕らのビートを喰らえコラ!~」に出演。

2014年[編集]

  • 1月末より半年間、メンバー全員でロンドンに留学し、7月に帰国。
  • 5月、シングル「こっちを向いてよ」をリリースし、映画「百瀬、こっちを向いて。」の主題歌となる[8]
  • 6月、初のベストアルバム「ID」をリリース。
  • 7月19日、「Amuse Fes 2014 BBQ inつま恋 ~僕らのビートを喰らえコラ!~」に出演。
  • 8月1日、「SUMMER STATION」に出演。
  • 9月より、全国ツアー「Leading Ship」が開催される。
  • 10月29日、作詞、作曲、編曲(佐橋佳幸と共同)、演奏した渡辺美里の30周年第2弾シングル「夢ってどんな色してるの」がリリースされる。

2015年[編集]

  • 5月に、シングル「くちづけDiamond」をリリース。TVアニメ「山田くんと7人の魔女」のOPテーマをつとめた[9]
  • 5月31日、WEAVER Special Live 2015 『Guess What!? We Have A Guest!! WEAVER × ゲスの極み乙女。』を開催。
  • 10月7日、シングル「Boys & Girls」をリリース。24日からは全国10箇所のホールツアーを開催。

2016年[編集]

2017年[編集]

  • 神戸開港150年の記念テーマソングに「海のある街」が抜擢される[10]
  • 日本工学院ミュージックカレッジpresents『epilogue』に出演し、Halo at 四畳半LONGMANとのスリーマンライブを行う。
  • 1月20日、『首謀者:空想委員会 「大歌の改新」第三期』 に出演。
  • 神戸市で行われた成人式にゲストアーティストとして出演。
  • 神戸コレクションS/Sに出演し、「海のある街」を演奏する。
  • 5月、EP「S/S」をリリースし、全国31箇所のライブハウスをまわるツアーを開催。
  • 9月、EP「A/W」をリリースし、デビュー日の10月21日より全国ツアーを開催。
  • 大晦日に神戸VARIT.にてライブを行う。

2018年[編集]

  • 2月4日、「大ナナイトvol.112」に出演し、Halo at 四畳半、Saucy Dogとスリーマンライブを行う。
  • 2月11日、「SHE'S Tour 2018 “Wandering”」に出演。
  • 2月17日に東京チェルシーホテル、21日に大阪MUSEにて、初のWOW会員限定ライブ「“WITNESS OF WEAVER”Limited Live vol.1」を開催。
  • 河邉が「夢工場ラムレス」で小説家デビュー。
  • 4月より、WEAVER×VARIT. による「WEAVING ROOM」がスタートし、25日に六本木VARIT.にてvol.1が開催。
  • 4月29日、クロスメディアイベント「078Kobe」に出演。
  • 5月12日、「WEAVING ROOM」Vol.2を開催
  • 6月30日、Halo at 四畳半「ARK“WANDER LIGHTS”TOUR」に出演。
  • 7月1日、『LACCO TOWER 2マンツアー2018 五人囃子の駆け落ち騒ぎ〜至大阪〜「忘るまじ桜桃の終焉」』に出演。

2019年[編集]

  • 3月6日、アルバム「流星コーリング」、ベストアルバム「ID 2」を同時リリース。
  • 10月22日、WEAVER 10th Anniversary Live 『最後の夜と流星〜We're Calling You〜』を神戸国際会館にて開催。
  • 11月12月、東京と大阪にて、「WEAVER Billboard Live 2019」を開催。カバー曲をアレンジした〜轍の夜〜と、河邉が創作したショートストーリーを声優が朗読する〜物語の夜〜の2つのテーマを掲げた公演。

2020年[編集]

  • 6月、"WOW"会員限定ライブ「"WITNESS OF WEAVER" Limited Live vol.2」オンラインライブ開催。
  • 10月18日、『CARRY ON』リリース記念オンラインライブ開催し、21日に、配信シングル「CARRY ON」をリリース。

2021年[編集]

  • 4月、東阪2箇所にてライブツアー「LIVE GAGA」を開催し、配信シングル「LIVE GAGA」をリリース[11]

2022年[編集]

  • 4月3日、2023年2月26日の神戸国際会館公演を以て解散することを発表[12][13]
  • 10月21日、ラスト・アルバムとなる『WEAVER』をリリース[14]
  • 12月、ラストアルバムの収録曲を中心としたライブハウスツアー『WEAVER LAST TOUR 2022「The Songs Are On Your Side」』が開催された[15]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

ダウンロード・シングル[編集]

発売日 タイトル 収録作品
1st 2009年10月21日 白朝夢 Tapestry
2nd 2009年11月18日 レイス
3rd 2009年12月16日 トキドキセカイ
先行配信 2010年4月15日 Hard to say I love you ~言い出せなくて~ 新世界創造記・前編
4th 2010年7月30日 僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜
5th 2010年12月29日 キミノトモダチ ジュビレーション
6th 2011年2月9日 『あ』『い』をあつめて
7th 2012年8月24日 偽善者の声 Handmade
8th 2013年12月18日 夢を繋いで こっちを向いてよ
先行配信 2015年4月12日 くちづけDiamond Night Rainbow
2016年1月27日 KOKO
9th 2018年1月22日 僕のすべて ID 2
10th 2018年7月8日 最後の夜と流星 流星コーリング
11th 2018年10月23日 栞 feat.仲宗根泉(HY)
12th 2018年12月4日 Loop the night
先行配信 2019年1月10日 カーテンコール ID 2
13th 2019年2月27日 透明少女 流星コーリング
14th 2020年10月21日 CARRY ON 未収録
15th 2021年2月17日 タペストリー WEAVER
16th 2021年4月28日 LIVE GAGA
先行配信 2022年7月27日 On Your Side
2022年9月28日 33番線

CDシングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
収録作品
1st 2010年6月2日 Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜 AZCS-2008(初回盤)
AZCS-2009(通常盤)
19位 新世界創造記・前編
2nd 2011年12月21日 笑顔の合図 AZCS-2017 22位 未収録[注釈 1]
限定 2013年3月20日 Just one kiss AZNT-4 - ID
3rd 2013年6月26日 夢じゃないこの世界 AZCS-2025(初回プレス盤)
AZCS-2026(通常盤)
20位
4th 2014年5月7日 こっちを向いてよ AZCS-2033 30位
5th 2015年5月20日 くちづけDiamond AZZS-34(初回盤)
AZCS-2042(通常盤)
25位 Night Rainbow
6th 2015年10月7日 Boys & Girls AZCS-2049 24位
7th 2016年10月19日 S.O.S./Wake me up AZZS-50(初回限定盤)
AZCS-2055(通常盤)
26位 ID 2
限定 2018年4月25日 Hello Future AZNT-41 -

自主制作シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2009年3月24日 愛のカタチ/青に変わって/レイス WV-002

EP[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
1st 2017年5月3日 S/S AZCS-2062 26位
2nd 2017年9月13日 A/W AZCS-2067 27位

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
1st 2010年2月3日 Tapestry AZCS-1004(初回生産限定盤)
AZCS-1003(通常盤)
19位
2nd 2010年8月25日 新世界創造記・前編 AZCS-1007(初回盤)
AZCS-1008(通常盤)
4位
3rd 2010年9月29日 新世界創造記・後編 AZCS-1009(初回盤)
AZCS-1010(通常盤)
6位
4th 2011年8月24日 ジュビレーション AZZS-6(初回盤)
AZCS-1014(通常盤)
14位
5th 2013年1月16日 Handmade AZZS-14(初回生産限定盤)
AZCS-1022(通常盤)
18位
6th 2016年2月10日 Night Rainbow AZZS-43(初回盤)
AZCS-1053(通常盤)
14位
7th 2019年3月6日 流星コーリング AZCS-1076 41位
8th 2022年10月21日 WEAVER AZZS-132(アスマート限定盤)
AZZS-128(通常盤)
25位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
1st 2014年6月11日 ID AZZS-24(初回盤)
AZCS-1032(通常盤)
14位
2nd 2019年3月6日 ID 2 AZZS-82(初回盤)
AZCS-1075(通常盤)
38位

配信限定ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2017年9月6日 FIRST TIME WEAVER

自主制作アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年7月28日 PURE NOTE WV-001 1000枚限定販売

ダウンロード・アルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2012年5月18日 iTunes Live
2nd 2013年1月16日 MTV unplugged Live
3rd 2013年6月30日 WEAVER Special Live 2013〜河邉徹、四半世紀誕生祭〜

映像作品[編集]

DVDシングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2013年1月1日 REPLAY〜Medley of Handmade〜 AZNT-1

LIVE DVD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2011年2月9日 「新世界創造記」LIVE at EBISU LIQUIDROOM AZBS-1005(初回盤)
AZBS-1006(通常盤)
2nd 2013年6月26日 WEAVER「Piano Trio Performance」LIVE at Zepp DiverCity AZBS-1013
3rd 2015年3月4日 WEAVER“ID”TOUR 2014「Leading Ship」at 渋谷公会堂 AZBS-1027(通常盤)
AZBS-1028(アスマート限定盤)
4th 2016年8月24日 WEAVER 11th TOUR 2016「Draw a Night Rainbow」at NHK HALL AZBS-1037
5th 2020年3月31日 10th Anniversary Live 最後の夜と流星〜We're Calling You〜 AZBS-1056

参加作品[編集]

アーティスト名 楽曲名 収録アルバム
発売日 タイトル
the pillows  スケアクロウ 2014年2月26日  ROCK AND SYMPATHY -tribute to the pillows[16]
HY  ささくれ 2018年8月8日  『CHANPURU STORY 〜HY tribute〜』[17]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
阿部伸吾 「トキドキセカイ」「レイス」
ARATA & CHUN 「白朝夢」
上村隆一 管制塔
かとうみさと カーテンコール」「On Your Side
河邉徹 BLUE
倉本雷大 海のある街
黒田賢 REPLAY〜Medley of Handmade〜
斎藤渉 笑顔の合図
志賀匠 「2次元銀河」「Hard to say I Love you〜言い出せなくて〜」「僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜」「くちづけDiamond」「Boys & Girls
志田誉幸 Loop the night
須藤カンジ Beloved
瀬里義治 Shall we dance
丹羽貴幸 栞 feat.仲宗根泉(HY)」「透明少女
負けんな!(杉本雄治)」「Shine」「『あ』『い』をあつめて
TWELI GICHUHI KAIGWA だから僕は僕を手放す
林響太朗 Shake! Shake!」「Another World
松田拓磨 最後の夜と流星
耶雲哉治 こっちを向いてよ
不明 キミノトモダチ」「偽善者の声」「夢じゃないこの世界」「KOKO」「S.O.S.

タイアップ一覧[編集]

使用年 曲名 タイアップ
2009年 白朝夢 ミュゥモ CMソング
レイス TBS系『COUNT DOWN TV』11月度エンディングテーマ
トキドキセカイ 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』12月度オープニングテーマ
2010年 読売テレビMusic&Entertainment ガチカメ7』1月度エンディングテーマ
2次元銀河 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2月度エンディングテーマ
メ〜テレスポケン!』エンディングテーマ
Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜 フジテレビ木曜劇場素直になれなくて hard to say i love you』主題歌[4]
僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜 auLISMO!」CMソング[5]
映画『ラブコメ』主題歌[18]
管制塔 テレビ朝日系『お願い!ランキング』9月度エンディングテーマ[19]
キミノトモダチ 第89回全国高等学校サッカー選手権大会応援歌[6]
2011年 春色グラフィティー 三菱東京UFJ銀行 フレッシャーズキャンペーンソング
『あ』『い』をあつめて レコチョク CMソング
希望の灯 栄光ゼミナール」CMソング[20]
Shine 北海道テレビ夢チカ18』エンディングテーマ
泣きたいくらい幸せになれるよ フジテレビTWOあいのり2 セカンドシーズン』挿入歌[21]
笑顔の合図 TBS系『Asian Ace』エンディングテーマ[22]
2012年 偽善者の声 日本テレビワン・トゥリー・ヒル ファースト・シーズン』エンディングテーマ[23]
2013年 サマーチューン 河合塾 CMソング[24]
夢じゃないこの世界 TBS系『ひるおび!』6月度エンディングテーマ[25]
夢を繋いで TBS駅伝番組テーマソング[26]
2014年 Time Will Find A Way TBS系列『Find the WASABI!』テーマソング[27]
こっちを向いてよ スールキートス配給映画『百瀬、こっちを向いて。』主題歌[8]
毎日放送『ロケみつ フライデー』2014年6月度エンディングテーマ
2015年 Beloved 映画『ライアの祈り』主題歌[28]
くちづけDiamond テレビアニメ『山田くんと7人の魔女』オープニングテーマ[9]
Boys & Girls TBS駅伝番組テーマソング[29]
2016年 さよならと言わないで インターネットテレビ局『AbemaTV』CMソング[30]
KOKO テレビ東京系『プレミアMelodix!』2月度エンディングテーマ
テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』8月度エンディングテーマ
S.O.S. テレビアニメ『うどんの国の金色毛鞠』オープニングテーマ[31]
西日本放送『RNC news every.』10月エンディングテーマ
Wake me up フジテレビ系『魁!ミュージック』10月度エンディングテーマ
海のある街 神戸開港150年記念事業テーマソング[10]
2017年 Photographs JAL Web CM「JAL浪漫旅行 北海道篇」テーマソング[32]
だから僕は僕を手放す テレビアニメ『サクラダリセット』第2クール オープニングテーマ[33]
テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』9月度エンディングテーマ
2018年 僕のすべて JAL Web CM「JAL浪漫旅行2017 沖縄『結婚』篇」テーマソング[34]
Tonight JAL Web CM「JAL浪漫旅行 2018 奄美大島『旅立ち』篇」テーマソング[35]
ペアジュエリーブランド「THE KISS」CMソング
2019年 カーテンコール テレビアニメ『revisions リヴィジョンズ』エンディングテーマ[36]
2021年 タペストリー 「株式会社スミック」ブランドムービー主題歌[37]

ヘビーローテーション/パワープレイ[編集]

テレビ[編集]

使用年 曲名 ヘビーローテーション/パワープレイ
2009年 白朝夢 スペースシャワーTV 2009年10月度POWER PUSH!
日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』POWER PLAY

出演[編集]

ラジオ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ WEAVER(ウィーバー)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2021年9月14日閲覧。
  2. ^ WEAVER、来年2月をもって解散”. Skream!. 2022年4月3日閲覧。
  3. ^ Member”. WEAVER Official Site. アミューズ. 2021年9月14日閲覧。
  4. ^ a b “WEAVER、初のドラマ主題歌決定”. BARKS. (2010年4月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000059915 2022年6月26日閲覧。 
  5. ^ a b “WEAVERがau「LISMO!」CMソングを担当、アルバム発売も決定”. OKMusic. (2010年6月24日). https://okmusic.jp/news/7550 2022年6月26日閲覧。 
  6. ^ a b “WEAVER書き下ろし新曲で高校サッカーを熱烈応援”. ナタリー. (2010年10月27日). https://natalie.mu/music/news/39679 2022年6月26日閲覧。 
  7. ^ 次週「カミスン!」にかまってちゃん、ELT、ZONEら”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2022年7月12日閲覧。
  8. ^ a b [https://okmusic.jp/news/38283 “WEAVER、映画「百瀬、こっちを向いて 。」映像盛りだくさんの新曲MV公開”]. OKMusic. (2014年4月26日). https://okmusic.jp/news/38283 2022年6月26日閲覧。 
  9. ^ a b “WEAVER、5/20にシングル発売! 新曲で砂原良徳とタッグ”. Ro69. (2015年3月31日). https://rockinon.com/news/detail/121476 2015年4月2日閲覧。 
  10. ^ a b “WEAVER、神戸開港150年テーマソング担当「これほど名誉な事はありません」”. ナタリー. (2016年12月26日). https://natalie.mu/music/news/214810 2022年6月26日閲覧。 
  11. ^ WEAVERが最新ライブで披露した新曲「LIVE GAGA」配信、秋にアルバムリリース”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2022年7月12日閲覧。
  12. ^ “WEAVER、来年2月に解散へ 新型コロナで活動に影響「幾度も話し合い」決断”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2230262/full/ 2022年4月3日閲覧。 
  13. ^ 【WEAVERから皆さまへ大切なお知らせ】”. WEAVER Official Site (2022年4月3日). 2022年4月3日閲覧。
  14. ^ 10月21日にラストアルバム『WEAVER』リリース!!さらに12月から全国4箇所をまわるライブハウスツアーの開催も決定!!”. WEAVER Official Site (2022年7月7日). 2022年7月7日閲覧。
  15. ^ WEAVER、ラストアルバム『WEAVER』10月21日リリース!ライブハウスツアーの開催も決定!”. ポップシーン. ポップシーン. 2022年7月7日閲覧。
  16. ^ “結成25周年を迎えるthe pillows、豪華バンドによるトリビュートアルバムリリース決定!”. OK Music. (2016年4月21日). https://okmusic.jp/news/26201 2022年1月23日閲覧。 
  17. ^ “青山テルマ、加藤ミリヤ、清水翔太らが語る HY、トリビュートアルバム参加10組からコメント到着”. SPICE. (2018年8月8日). https://spice.eplus.jp/articles/202274 2023年1月23日閲覧。 
  18. ^ “WEAVER、香里奈主演映画『ラブコメ』主題歌に抜擢”. BARKS. (2010年7月27日). https://www.barks.jp/news/?id=1000062983 2022年6月26日閲覧。 
  19. ^ “WEAVER、Mステ初出演でランキング急上昇!”. ナタリー. (2010年8月30日). https://www.cdjournal.com/i/news/weaver/33518 2022年6月26日閲覧。 
  20. ^ “WEAVER、震災後の思いを込めた新曲が栄光ゼミCMソングに”. ナタリー. (2011年4月25日). https://natalie.mu/music/news/48482 2022年6月26日閲覧。 
  21. ^ “WEAVER 地元神戸で感動の凱旋公演!「笑顔の合図」CP曲「泣きたいくらい幸せになれるよ」が、『あいのり2 セカンドシーズン』挿入歌に決定!”. うたまっぷ NEWS. (2011年12月16日). https://news.utamap.com/music/114496/ 2022年6月26日閲覧。 
  22. ^ “WEAVER、前向きさ全開「笑顔の合図」に詰め込んだ思い”. ナタリー. (2011年12月16日). https://natalie.mu/music/news/61384 2022年6月26日閲覧。 
  23. ^ “WEAVER、新曲「偽善者の声」が日本テレビ「ワン・トゥリー・ヒル ファースト・シーズン」のエンディングテーマに抜擢”. ロッキンオン. (2012年7月15日). https://rockinon.com/news/detail/70265 2022年6月26日閲覧。 
  24. ^ WEAVER [@WEAVER_STAFF]. "2013年2月8日のツイート" (ツイート). Twitterより2022年6月26日閲覧
  25. ^ “WEAVER / 夢じゃないこの世界<初回プレス盤>”. タワーレコードオンライン. (2013年6月26日). https://tower.jp/item/3246865/%E5%A4%A2%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%EF%BC%9C%E5%88%9D%E5%9B%9E%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E7%9B%A4%EF%BC%9E 2022年6月26日閲覧。 
  26. ^ “WEAVER新曲「夢を繋いで」がTBS駅伝テーマに決定”. ナタリー. (2013年12月2日). https://natalie.mu/music/news/104803 2022年6月26日閲覧。 
  27. ^ “WEAVER の新曲 「Time Will Find A Way」がTBSとシンガポール最大のテレビ局Media Corp社との共同製作番組「Find the WASABI !」のテーマ曲に決定!!”. PR TIMES. (2013年12月2日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000002883.html 2022年6月26日閲覧。 
  28. ^ “WEAVERが歌う“愛の意味”、鈴木杏樹映画の主題歌に”. ナタリー. (2015年2月15日). https://natalie.mu/music/news/138602 2022年6月26日閲覧。 
  29. ^ “WEAVER「Boys & Girls」でTBS駅伝を盛り上げる”. ナタリー. (2015年11月24日). https://natalie.mu/music/news/166972 2022年6月26日閲覧。 
  30. ^ “WEAVER、アルバム収録曲「さよならと言わないで」がAbemaTVのCMソングに”. MUSICMAN-NET. (2016年4月27日). http://www.musicman-net.com/artist/56770.html 2016年6月30日閲覧。 
  31. ^ “「うどんの国の金色毛鞠」OPはWEAVER、原作を読み「心が浄化された気持ちに」”. ナタリー. (2016年7月31日). https://natalie.mu/comic/news/196525 2022年6月26日閲覧。 
  32. ^ “WEAVER春に全国ツアー開催、新曲はJALのCMソングに”. ナタリー. (2017年1月20日). https://natalie.mu/music/news/217590 2022年6月26日閲覧。 
  33. ^ “WEAVER新曲が「サクラダリセット」オープニングに”. ナタリー. (2017年6月20日). https://natalie.mu/music/news/237545 2022年6月26日閲覧。 
  34. ^ “WEAVER、JALのCM彩るバラード配信リリース”. ナタリー. (2018年1月22日). https://natalie.mu/music/news/266108 2022年6月26日閲覧。 
  35. ^ “WEAVER「JAL浪漫旅行」シリーズ新作を盛り上げるバラード提供”. ナタリー. (2018年2月28日). https://natalie.mu/music/news/271443 2022年6月26日閲覧。 
  36. ^ “WEAVER、アニメ「リヴィジョンズ」EDに書き下ろしの新曲「カーテンコール」”. ナタリー. (2018年12月23日). https://natalie.mu/music/news/313482 2022年6月26日閲覧。 
  37. ^ “WEAVER、新曲「タペストリー」の配信が決定 ジャケットにはDr.河邉徹による撮り下ろし写真を採用”. (2021年2月7日). https://spice.eplus.jp/articles/282619 2022年7月13日閲覧。 

注釈[編集]

  1. ^ CDアルバムには未収録である一方、配信限定ベストアルバム『FIRST TIME WEAVER』に収録されている。カップリング曲である「66番目の汽車に乗って」は『ID』に収録されている。

外部リンク[編集]