Wake up! Wake up! Wake up!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Wake up! Wake up! Wake up!
the pillowsスタジオ・アルバム
リリース
録音 2006年 - 2007年
ジャンル オルタナティブ・ロック
時間
レーベル avex trax
プロデュース 吉田仁
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星3.5 / 5 link
チャート最高順位
the pillows 年表
MY FOOT
2006年
Wake up! Wake up! Wake up!
(2007年)
PIED PIPER
2008年
テンプレートを表示

Wake up! Wake up! Wake up!(ウェイク・アップ! ウェイク・アップ! ウェイク・アップ!)はロックバンドthe pillowsの14枚目のアルバム。

概要[編集]

avex trax移籍後、初のオリジナル・アルバムである。タイトルには「自分たちの好きなオルタナティブな音楽に目覚めてほしい」という意味が込められている[1]

本作は山中の「ギター・バンドのやれる範囲のハイ・ファイ・サウンドを録りたい」という意向からシミュレーションアンプを使用した「ライン録り」と呼ばれる手法が多く取り入られており、レコーディング初期に録音された「Wake up! dodo」「プロポーズ」「スケアクロウ」を除くすべての楽曲がライン録りによって録音されている。[2]この手法は2000年に発表されたシングル「Ride on shooting star」に収録された3曲でも使用されている。

収録曲[編集]

作詞・作曲:山中さわお(全曲)

  1. Wake up! dodo
  2. YOUNGSTER (Kent Arrow)
  3. プロポーズ
  4. スケアクロウ
  5. BOAT HOUSE
  6. プレジャー・ソング
  7. シリアス・プラン
  8. Skinny Blues
  9. プライベート・キングダム
  10. Century Creepers (Voice of the Proteus)
  11. Sweet Baggy Days

DVD(初回限定版のみ)[編集]

  1. スケアクロウ(Video Clip)
  2. Wake up! dodo (Video Clip)

参考文献・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 林知佳子 「the pillows(ザ・ピロウズ)インタビュー」 、株式会社ヤマハミュージックメディア、2007年5月2日。(参照:2007年12月6日)
  2. ^ 土屋京輔 月刊ギグス2007年6月号 、シンコーミュージック・エンタテイメント(参照:2009年5月18日)