おふくろさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おふくろさん
森進一シングル
B面 小鳥と少年
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル ビクター
作詞・作曲 川内康範(作詞)
猪俣公章(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間13位(オリコン
  • 1971年度年間50位(オリコン)
  • 森進一 シングル 年表
    慕情〜天草の女〜
    1971年
    おふくろさん
    (1971年)
    火の女
    (1971年)
    テンプレートを表示

    おふくろさん』は、1971年5月5日に発売された森進一の20枚目のシングル。

    解説[編集]

    • 作詞は川内康範による。本作を制作することとなった経緯を、生前川内は著書「おふくろさんよ 語り継ぎたい日本人のこころ」にて綴っている[1]

    収録曲[編集]

    1. おふくろさん
      作曲・編曲:猪俣公章
    2. 小鳥と少年
      作曲:平尾昌晃/編曲:小谷充

    歌碑[編集]

    歌碑

    その他[編集]

    • 本作は元々アルバムの中の一曲であった。だがアメリカ公演で歌った際、現地に住む日本人客がみな涙するのを見た関係者がこれに手応えを感じ、後にシングルカットされ大ヒットとなった。
    • 元祖天才バカボン」の話中でも同じタイトルの歌が流れていたが、それは全くの別物であり、また、歌詞も曲もオリジナルであるため、両者には関係が無い。
    • コンサートなどで披露されていた、保富康午補作の改変版に川内が激怒し、森の対応の不手際もあって両者の関係が断絶。2007年、「おふくろさん騒動」としてマスコミを騒がせた。結局、関係が修復しないまま、翌年川内が死去。森はこの曲の歌唱を封印せざるを得ない状況に陥ったが、後に川内の長男である飯沼春樹の許可を得て、(改変版でないオリジナル版の)歌唱が可能となった。

    脚注[編集]

    1. ^ 川内康範『おふくろさんよ 語り継ぎたい日本人のこころ』、2007年12月20日 マガジンハウスISBN 9784838718306
    2. ^ フジフィルム CMギャラリー[リンク切れ]

    関連項目[編集]