01MESSENGER 〜電子狂の詩〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
01MESSENGER 〜電子狂の詩〜
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『さくら (#1,#2)』
B面 SEA SIDE WOMAN BLUES
リリース
規格 8cmCD('97)
7インチレコード('97)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 猫に小判STUDIO
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン[1]
  • 1997年9月度月間10位(オリコン)
サザンオールスターズ シングル 年表
太陽は罪な奴
1996年
01MESSENGER 〜電子狂の詩〜
(1997年)
BLUE HEAVEN
(1997年)
さくら 収録曲
SEA SIDE WOMAN BLUES
(14)
(The Return of) 01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 <Album Version>
(15)
素敵な夢を叶えましょう
(16)
テンプレートを表示

01MESSENGER 〜電子狂の詩〜」(ゼロワンメッセンジャー でんしきょうのうた)は、サザンオールスターズの39枚目のシングル1997年8月21日発売。発売元はタイシタレーベル

2005年6月25日には12cmCDとして再発売されている。

解説[編集]

前作「太陽は罪な奴」から約1年2ヶ月ぶりとなるシングル。

本作発売を機にイベント『01MESSAGE』が開催され、インターネットライブも開催された。

本作のジャケットは仮面を掛けゲーム機のコントローラーを持ったチンパンジーが1匹写っているが、2005年の再発盤では、EP版ジャケットと同じく3匹になっている。

みんなのうた」から前作までは、8cmCDの他にカセットテープでも販売していたが、本作のカセットテープは販売されていない。

収録曲[編集]

  1. 01MESSENGER 〜電子狂の詩〜
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:山本拓夫
    日産自動車ルキノCMソング
    歌詞は当時一般に流通し始めたパソコンインターネット社会についてを風刺したもので、音にも打ち込みや電子音などを多用し、コンピュータ技術を用いたサウンドになっている。
    最後に聴こえるピアノ音は、アップルのPC起動音をイメージしており、起動音と同じキーになっている。
    ミュージック・ビデオでは、桑田がルパン三世俳優杉本哲太銭形警部に扮するシーンや、ライブハウスでの演奏シーンなどが登場している。
    ドームライブでこの曲を演奏したいために、桑田はわざとライブ「おいしい葡萄の旅ライブ –at DOME & 日本武道館-」内に「裏サザンのコーナー」を作ったと語っている(実際にこのライブで演奏している)[2]
  2. SEA SIDE WOMAN BLUES
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    ビートたけしが自身の番組『足立区のたけし、世界の北野』エンディングテーマとして歌っていた。ちなみに桑田は過去に「アミダばばあの唄」をアミダばばあ明石家さんま)とタケちゃんマン名義でたけしに提供している。
    テレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」内の企画「フラれた時に慰めてくれるラブソング」で関ジャニ∞大倉忠義はこの曲を選んだ[3]

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「01MESSENGER 〜電子狂の詩〜」サザンオールスターズ(ORICON STYLE)2013年11月11日閲覧。
  2. ^ サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol.132 17ページより。
  3. ^ 『関ジャム 完全燃SHOW』フラれたときは「仲間がいる」安田と「ベロンベロン」の大倉、KANA-BOON小泉の「フラれたことない」にザワつく ビルボード・ジャパン 2016年2月8日配信。2016年2月15日閲覧
  4. ^ 前川清、初のコメディー調MVにノリノリ(ORICON STYLE)2013年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]