Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『ステレオ太陽族
B面 朝方ムーンライト
リリース
規格 7インチレコード('81)
8cmCD('88,'98)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1981年4月
VICTOR STUDIO
KRS STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1,#2)
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
サザンオールスターズ シングル 年表
シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー
1980年
Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)
(1981年)
栞のテーマ
(1981年)
テンプレートを表示

Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」(ビッグ・スター・ブルース ビッグスターのひげき)は、サザンオールスターズの12枚目のシングル1981年6月21日に発売。発売元はInvitation

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発され、計3回再発売されている。

背景とアートワーク[編集]

前作から7ヶ月という間隔をあけてのリリース。本作は収録アルバムステレオ太陽族』の先行シングルである。

ジャケットは色の背景に学生服を着た桑田が、両で吊り上げている。これは、当時デビュー曲『E気持』がヒットを記録した沖田浩之にあやかってもの(なお、桑田と沖田はいずれも青山学院大学除籍中退)。このことはTBS系『金曜テレビの星!』内にて『サザン20周年緊急特番 バカさわぎの腰つき!!』で爆笑問題によってネタにされている。

チャート成績[編集]

本作はオリコンチャートで週間49位を記録し累計4.6万枚(オリコン調べ)を売り上げ、自身のシングルとしてはオリコン最低位と最低売上枚数作品である[1] [2]

収録曲[編集]

  1. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) (3:11)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    映画モーニング・ムーンは粗雑に』主題歌。
    歌詞にはダスティン・ホフマンエリック・クラプトンジョン・レノンであるオノ・ヨーコ、そしてジョン・レノンを射殺したマーク・チャップマンの名前が登場する。
    1989年発売のシングル「フリフリ'65」のカップリング曲として『真夏の夜の夢 1988大復活祭』の横浜スタジアム公演の音源が収録されている。
    テレビ朝日音楽番組ミュージックステーション』で初出演した際に「みんなのうた」と共に披露した曲でもある[3]
  2. 朝方ムーンライト (3:34)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
    映画『モーニング・ムーンは粗雑に』挿入歌。
    2003年の『流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS! 〜カーニバル出るバニーか!?〜』と2008年の『真夏の大感謝祭』ではメドレーの中で歌われている。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サザンオールスターズのシングル売上ランキング51位〜56位 オリコン 2017年8月21日閲覧
  2. ^ 「栞のテーマ」「イエローマン」など、あんまりヒットしなかったサザンの曲特集 ミドルエッジ 2017年11月29日閲覧
  3. ^ ミュージックステーション 1988年6月24日放送 2017年3月26日閲覧

外部リンク[編集]