Bye Bye My Love (U are the one)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bye Bye My Love (U are the one)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『KAMAKURA
B面 Dear John (Live at BUDOKAN)
リリース
規格 7インチレコード('85)
8cmCD('88,'98)
12cmCD('05)
デジタル・ダウンロード
録音 1985年2月 - 4月
VICTOR STUDIO
FREEDOM STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1)
作詞:桑田佳祐 / 作曲:桑田佳祐・八木正生 (#2)
プロデュース サザンオールスターズ
リアル・フィッシュ
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1985年6月度月間6位(オリコン)
  • 1985年7月度月間4位(オリコン)
  • 1985年8月度月間9位(オリコン)
  • 1985年度年間17位(オリコン)
  • 週間1位(3週連続、ザ・ベストテン[1]
  • 1985年度年間9位(ザ・ベストテン)[1]
サザンオールスターズ シングル 年表
Tarako
1984年
Bye Bye My Love (U are the one)
(1985年)
メロディ (Melody)
(1985年)
KAMAKURA 収録曲

(1)
Bye Bye My Love (U are the one)
(2)
Brown Cherry
(3)
テンプレートを表示

Bye Bye My Love (U are the one)」(バイ・バイ・マイ・ラヴ ユー・アー・ザ・ワン)は、サザンオールスターズの22枚目のシングル1985年5月29日発売。発売元はタイシタレーベル

1988年6月25日CD化、1998年2月11日にも8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売され、計3回再発売されている。

制作[編集]

当時話題となったUSA for Africaのメッセージソング“We are the world”に対する返答として、製作された楽曲である。前作同様PVも制作され、途中5人のユニゾンでのボーカルを吹き込むシーンが収録されている。

本作ではサポートメンバーとして、リアル・フィッシュのメンバーが中心となり参加している。

リリース[編集]

本作のタイトルはサブタイトルの (U are the one) を含んだものであり、「U」は「You」と掛けられている。歌詞表記では「You are the one」の表記が入っている。本作のc/wには初めて既発曲のライブバージョンが収録されており、この後も何作かこの形態でシングルが発売されている。

収録曲[編集]

  1. Bye Bye My Love (U are the one)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & リアル・フィッシュ)
    シンセサイザーを用いた象徴的なイントロは、ライブでは管楽器で再現されることが多い。メンバーはリリース当初から『一般受けする曲』と位置付けている。
    曲中で“湘南御母堂”という歌詞が登場するが、このような御母堂は実在せず、桑田が造った架空のものである。
    近年のライブでは曲構成にマーチングドラムロール、シンセサイザーによるバグパイプを取り入れ、スコットランド北欧民族音楽の様なアレンジに仕上げている。仮タイトルは『陰核の疼き』。
    2015年4月3日に放送されたテレビ朝日系「ミュージックステーション」でお笑いコンビさまぁ〜ず大竹一樹が応援ソングとしてこの曲を挙げた。また、相方の三村マサカズは、「TSUNAMI」を挙げた。
    また、片岡篤史阪神タイガース時代の入場テーマ曲として使用していた。
  2. Dear John (Live at BUDOKAN)
    (作詞:桑田佳祐 作曲:桑田佳祐・八木正生 編曲:サザンオールスターズ)
    前年発売のアルバム人気者で行こう』収録曲「Dear John」の、1984年から1985年に掛けて行われたコンサートツアー『大衆音楽取締法違反“やっぱりアイツはクロだった!”実刑判決2月まで』の日本武道館での音源を収録している。
    原曲が完全なオーケストラサウンドであるのに対し、こちらはバンドサウンドである。エンディングのメロディビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」からの引用。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」P135,138

関連項目[編集]

外部リンク[編集]