原由子 with サザンオールスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原由子 with サザンオールスターズ
サザンオールスターズベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース サザンオールスターズ
チャート最高順位
サザンオールスターズ 年表
綺麗
(1983年)
原由子 with サザンオールスターズ
(1983年)
人気者で行こう
1984年
テンプレートを表示

原由子 with サザンオールスターズ』(はらゆうこ・ウィズ・サザンオールスターズ)は、サザンオールスターズの企画盤アルバムベスト・アルバム)。1983年12月6日発売。発売元はタイシタレーベル

カセットテープのみでの販売のため、現在は廃盤作品となる[1]

解説[編集]

タイトルは『原由子 with サザンオールスターズ』となっているが、発売当初も現在に至るまでこの名義での作品は一切発表されていない。原のメインボーカル曲、作曲を担当した曲、担当楽器であるキーボードピアノ)が主体となった曲を中心に収録している。ただ、いくつか原が前面に出ていたりボーカルを取ったりはしていない曲もあるため、完全な原中心の選曲ということでもない。ちなみに、アーティストの名義はサザンオールスターズになっている。

本作はデビュー以来最後の廃盤作品であり、これ以降のベスト・アルバムは全て現行盤が存在する(前ベスト『バラッド '77〜'82』も同様)。なお、カセット盤のみの発売であるため、現在は廃盤となっている。

収録曲[編集]

  • 収録曲は各作品で説明しているため、ここでは説明を省略する。
  • ※印は原由子ボーカル、●は桑田佳祐とのデュエット、■は関口和之ボーカル。タイトル表記は基本的にオリジナル収録時のものに従った。

SIDE-A[編集]

  1. そんなヒロシに騙されて
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
  2. かしの樹の下で
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)
  3. ボディ・スペシャル I (BODY SPECIAL)
    (作詞・作曲:原由子 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎)
  4. ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎)
  5. 南たいへいよ音頭
    (作詞・作曲:関口和之 編曲:サザンオールスターズ)
  6. 私はピアノ
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生)

SIDE-B[編集]

  1. 東京シャッフル
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:八木正生)
  2. 流れる雲を追いかけて
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生)
  3. EMANON
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生)
  4. シャッポ
    (作詞・作曲・編曲:サザンオールスターズ)
  5. Ya Ya (あの時代を忘れない)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:新田一郎)
  6. NEVER FALL IN LOVE AGAIN
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原由子 with サザンオールスターズ 公式サイト sas-fan.net 2016年3月12日閲覧

外部リンク[編集]