松下眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松下 眞一まつした しんいち Matsushita Shin-ichi[1]1922年10月1日 - 1990年12月25日)は、日本現代音楽作曲家数学者・物理学者・宗教学者・哲学者である。

略歴[編集]

大阪府茨木市生まれ。大阪府立旧制茨木中学校を経て、旧制第三高等学校(現・京都大学)に入学する。この間に、父・松下久一より作曲を、中村良治にピアノ和声、永井巴に作曲と和声、朝比奈隆指揮を師事した。幼少の頃より、音楽文学科学天文学に関心を抱く。中学時代より、ミヨードビュッシーオネゲルストラヴィンスキーバッハ等の楽曲に親しむとともに、十二音技法の始祖ヨーゼフ・マティアス・ハウアーの思想に傾倒し、13歳で最初の交響曲を作曲していた[2]

一方で、数学者として、エルランゲン大学で特別講義を行うなど、位相解析学の世界的権威[3]としても知られる。ただし1960年以降は数学の論文は残しておらず[4]、彼が「転向した」と語った宇宙物理学の分野でも彼の論文は見つからない。九州帝国大学(現・九州大学)理学部、同大学院へ進み、1945年修了。数学(位相解析学)専攻。1949年大阪市立大学理学部助教授に就任。1965年には、ドイツの数学者パスカル・ヨルダンに乞われ、ヨルダン代数の共同研究のためハンブルク大学客員教授、及び国立理論物理学研究所の客員研究員として渡欧し、1980年に帰国するまで、15年間にわたりドイツのハンブルクに滞在。

帰国後は、宗教哲学について、いくつかの雑誌に寄稿があるほか、若干の啓蒙書が執筆された。絶筆は「弦楽四重奏曲 (1988)」[5]。かつての軽井沢の作曲コンクール同着優勝の武満徹が国際的な名声を得るのとは対照的に[6]松下の作品は埋もれてしまった。

主要作品[編集]

  • 管弦楽のための《トッカータとフーガ》:第25回毎日音楽コンクール第3位入賞(1956年)
  • ピアノと管弦楽のための《交響的作品》:第26回毎日音楽コンクール入選(1957年)
  • 3群の管弦楽のための《相関》:第1回ISCMイタリア支部主催ローマ国際作曲コンクール入選(1958年)
  • 8奏者のための《室内コンポジション》:二十世紀音楽研究所主催現代音楽祭作曲コンクール第1位(1958年), フランス大使賞受賞
  • 11楽器のための《五つの時間》:「二十世紀音楽研究所主催第3回現代音楽祭」委嘱作品(1959年)
  • フルートチェロピアノのための《層》(1959年)
  • 電子音響とアンサンブルとナレーションと合唱のための《黒い僧院》(1959年):制作 - NHK電子音楽スタジオ
  • 室内楽のための《カンツォーナ・ダ・ソナーレ第1番》(1960年):ISCM主催世界音楽祭ウィーン大会入選(1962年)
  • 室内管弦楽のための《イソモルフィズミ - 同型》:第2回ISCMイタリア支部主催ローマ国際作曲コンクール入選(1962年)
  • 管弦楽のための交響曲第3番《次元、交響的祈り》(1960年/1961年改訂):第1回音楽クリティーククラブ賞受賞(1962年)/大阪芸術賞受賞(1966年)
  • ピアノのための《スペクトラ第1番》:(1964年)
  • 7楽器のための《フレスク・ソノール - 壁画》:第38回ISCM主催世界音楽祭マドリード大会入選(1965年)
  • 室内楽のための《ダス・ツァイヘン - 記号》:ドイツ大使賞受賞(1965年)
  • 管弦楽のための《交響曲第4番 - 生》:ドイツ大使賞受賞
  • 管弦楽と合唱とソリスト群のための《交響曲第6番 - シンフォニア・サンガ》:文化庁芸術祭優秀賞受賞(1974年)
  • 合唱のための《カンタータ仏陀 - 第3番》:文化庁芸術祭優秀賞受賞(1977年)
  • 管弦楽のための《交響曲第7番・オーケストラのための新しい歌 -詩編98の1による》(1982年, 1984年/1987年改訂)

音盤[編集]

  • 「交響曲第6番《シンフォニア・サンガ》」(日本ビクター/2LP)
  • 「Ensemble Slavko Osterc 」 Ivo Petric指揮 / Ensemble Slavko Osterc (ユーゴスラヴィア RTV/LP)
  • 「Music Today of Japan/現代日本の音楽 - 12」 秋山和慶指揮/東京ゾリステン (DENON/CD)
  • 「雅楽 四天王寺聖霊会と現代雅楽」 大阪四天王寺雅亮会 (CBSソニー/4LP)
  • 「東京佼成ウィンド・オーケストラ・オリジナル・シリーズVol.8 The Lotus Sutra」 秋山和慶/佼成W.-O. (佼成出版社/LP)
  • 「交響幻想曲《淀川》」朝比奈隆指揮/大阪フィルハーモニー交響楽団、他 (大阪青年会議所/LP)
  • 「交響幻想曲《淀川》」小野田宏之指揮 大阪音楽大学管弦楽団/大阪音楽大学合唱団 (CD)
  • 「交響幻想曲《淀川》」酒井睦雄指揮/相愛オーケストラ、他 (大阪市教育振興公社/CD)
  • 「星達の息ぶき / 松下真一の世界」平尾はるな、山岡重信、野平一郎、小林功、菅原淳、他 (日本ビクター/LP)
  • 「G.サットマリーによる大阪芸術大学《塚本英世記念館・芸術情報センター・オープニング》パイプオルガン演奏」(RCA/LP)
  • 「ピアノ・コスモス:現代日本ピアノ曲選 1960-69」本荘玲子、高橋アキ、他 (日本クラウン/2LP)
  • 「現代日本チェロ名曲体系」岩崎洸 (東芝EMI/5LP)
  • 「現代日本チェロ名曲体系-Ⅰ・Ⅱ」岩崎洸(TOWER RECORDS|EMIミュージック・ジャパン/4CD)
  • 「パーカッションの驚異/Percussion Fantastic」秋山和慶/高橋悠治/山口保宣 (CBSソニー/LP)
  • 「Music & Graphic」Zsigmund Szathmry (Wergo/CD)
  • 「現代日本音楽の古典(15) / ピアノの変換」高橋悠治 (DENON/CD)
  • 「Good composers extra 80年代ピアノ曲」平尾はるな、他 (Brain/CD)
  • 「現代チェロ名曲集」岩崎洸 (東芝EMI/CD)
  • 「福島和夫:鎮魂歌」秋山和慶/東京ゾリステン (DENON/CD)
  • 「Concert 20-21=日本の作曲・21世紀へのあゆみ:23」稲垣聡(p)/宮本典子/二ツ木由紀(perc)、他 (CD)
  • 「現代日本の作曲家シリーズ-30/松下眞一作品集」秋山和慶、読売日本S.O.、G.サットマリー (fontec/CD)
  • 「朝比奈隆指揮「大阪の秋」〜国際現代音楽祭から〜」朝比奈隆指揮/大阪フィルハーモニー交響楽団/栗山智子(vn) (自主制作/CD)
  • 「音の始源を求めて8/稲村・徳尾野・佐々木・大津の仕事」徳尾野昌男/NHK大阪放送局(サウンド3/CD)
  • 「《音絵巻 茨木童子》」本山秀毅指揮/茨木市音楽芸術教会10周年記念混声合唱団、他 (CAMERATA/CD)
  • 「いばらき音絵巻」堤俊作指揮/大阪フィルハーモニー交響楽団、市制60周年記念合唱団、他(CAMERATA/CD)
  • 「音楽法要(仏教ミサ)第1番」 (仏教音楽普及会/LP)
  • 「法華経によるカンタータ《沸陀》第1番」山田一雄指揮/東京佼成交響楽団 (立正佼成会/3LP)
  • 「法華経によるカンタータ《沸陀》第2番」山田一雄指揮/山本直純指揮 (立正佼成会/3LP)
  • 「法華経によるカンタータ《沸陀》第3番」山田一雄指揮/読売日本交響楽団/プロムジカ室内楽団 (立正佼成会/3LP)
  • 「頌讃曲(オラトリオ)《親鸞》」 (真宗教団連合、他/2LP)
  • 「音楽法要/親鸞賛仰」(ミノルフォン/7LP)

著書[編集]

  • 「西風にのって鐘は鳴る - ヨーロッパの中での眼、ヨーロッパからの眼」(音楽之友社)
  • 「天地有楽 - ある作曲家の遺言」(音楽之友社)
  • 「法華経と原子物理学―いのちの力よ、湧きあがれ (カッパ・ブックス)」(光文社, 1979年)
  • 「時間と宇宙への序説」(サイエンス社, 1980年)
  • 「般若心経とブラックホール―技術と人間性は調和できるか (カッパ・ブックス)」(光文社, 1985年)

脚注[編集]

  1. ^ 松下眞一が本名だが、常用漢字制限があった時代は松下真一の名を用いた。
  2. ^ ムック・日本の作曲20世紀 ISBN 4-276-96074-6 p.230
  3. ^ 音楽之友社ムック日本の作曲20世紀, pp230-231; ISBN 4-276-96074-6. ただしこれは仲万美子の文章にそうあるだけで、松下の1960年から退職までの1980年までの期間、いかなる研究機関にも彼の単著の数学物理学論文は所蔵されていない。projecteuclidには25件の論文が2016年5月の時点で確認されるが、そのすべてがJournal Articleで1958年以前である。
  4. ^ 「数学者としての松下眞一」(松井卓)
  5. ^ サントリー・日本の作曲家 Mo.5 1987-1988年
  6. ^ 日本音楽学会第57回全国大会(2006年10月28日、九州大学大橋キャンパス)パネル・ディスカッション4武満徹と日本の作曲

関連文献[編集]

  • 「レコード芸術1973年8月号/秋山邦晴:日本の作曲家たち23〈松下真一〉」(音楽之友社)
  • 「松下真一 歿後20周年 追悼演奏会(京都国際会館/2010年)パンフレット」(実行委員会)
  • 「音楽芸術1969年9月号/懸賞論文入選作『南喜久雄:松下真一論素描』」(音楽之友社)
  • 「音楽芸術1980年1月号付録/『日本を代表する作品50'80』」(音楽之友社)
  • 「20世紀音楽研究所 現代音楽祭・軽井沢(1957年)パンフレット」
  • 「20世紀音楽研究所 現代音楽祭・大阪(1961年)パンフレット」
  • 「第一回東京現代音楽祭(1960)パンフレット」
  • 「ニューグローブ音楽辞典 第2版(日本語版)」
  • 「日本の電子音楽」増補改訂版 川崎弘二著(愛育社)
  • 「日本の作曲20世紀」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲1959」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲1960」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲1961→67」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲1969」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲1970」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲1971」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲1972-3」(音楽芸術別冊)
  • 「日本の作曲家/'83音楽の友・音楽芸術別冊」(音楽之友社)
  • 「星達の息ぶき/松下真一の世界」(日本ビクター)の曲目解説
  • 「岩崎洸 現代日本チェロ名曲集」(東芝EMI)の作曲者による解説
  • 「シンフォニア・サンガ/フレスク・ソノール」(日本ビクター)の作曲者による解説
  • 「パーカッションの驚異」(CBSソニー)の解説
  • 「ピアノ・コスモス」(日本クラウン)の作曲者による解説
  • 「ジグモンド・サットマリーによる大阪芸術大学《塚本英世記念館・芸術情報センター・オープニング》パイプオルガン演奏」(RCA/LP)の作曲者による解説
  • 「雅楽 四天王寺聖霊会と現代雅楽」(CBSソニー)の解説
  • 「最新版 名曲解説全集17 独奏曲IV『ピアノのためのスペクトラ第4番』」の解説(上野晃)
  • 「最新版 名曲解説全集7 管弦楽曲IV『星たちの息吹き』」の解説(上野晃)
  • 「最新版 名曲解説全集3 交響曲III『交響曲第三番《次元-交響的祈り》』」の解説(上野晃)
  • 「松下眞一作品集」(fontec)の解説(芝池陽子)
  • 松村禎三著 作曲家の言葉 春秋社 ISBN 978-4393935699