松下眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松下 眞一まつした しんいち Matsushita Shin-ichi[1]1922年10月1日 - 1990年12月25日)は、日本現代音楽作曲家数学者・物理学者・宗教学者・哲学者である。

略歴[編集]

大阪府茨木市生まれ。大阪府立旧制茨木中学校を経て、旧制第三高等学校(現・京都大学)に入学する。この間に、父・松下久一より作曲を、中村良治にピアノ和声、永井巴に作曲と和声、朝比奈隆指揮を師事したとされているが、実際には十二音技法以降の理論は、ほとんど独学で習得し学んだと思われる。根っからの虚弱体質のため、徴兵検査で不適とされ戦地に向かうことを免れた。[2]

中学時代より、ミヨードビュッシーオネゲルストラヴィンスキーバッハ等の楽曲に親しむとともに、十二音技法の始祖ヨーゼフ・マティアス・ハウアーの思想に傾倒し、13歳で最初の交響曲を作曲している。その頃に「フルートとオーケストラのためのセレナーデ」でモーツァルトを引用する[3][4]など早熟であった。その後、九州帝国大学(現・九州大学)理学部、同大学院へ進み、1945年修了。数学(位相解析学)専攻。

1949年大阪市立大学理学部助教授に就任。1965年には、ドイツの数学者パスカル・ヨルダンに乞われ、ヨルダン代数の共同研究のためハンブルク大学客員教授、及び国立理論物理学研究所の客員研究員として渡欧。

脚注[編集]

  1. ^ 松下眞一が本名だが、常用漢字制限があった時代は松下真一の名を用いた。
  2. ^ 音楽之友社刊行音楽芸術1991年1月の追悼記事による松村禎三氏の覚えるところでは、「彼は錠剤の詰まった瓶を携帯しており、水も飲まずに数十錠も人前で飲み干した...」・「どうしてそういうことをするのか」と問いただすと『いつ死んでもおかしくないくらい内臓系が悪いんです』と答えたとある。
  3. ^ 音楽之友社音楽芸術・松下眞一氏の作品について - 松平頼暁, 1991年
  4. ^ その後「黒い僧院」でグレゴリオ聖歌を引用するなど、ヨーロッパの新ロマン主義の流行の20年先を予言した。