MONSTER (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B'z > 作品リスト > MONSTER (アルバム)
MONSTER
B'zスタジオ・アルバム
リリース
録音 2005年11月 - 2006年
RODEO RECORDING
BIRDMAN WEST
GIZA HILLS STUDIO
志庵
ジャンル ハードロック
ロック
J-POP
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年7月度月間1位(オリコン)
  • 2006年度年間20位(オリコン)
ゴールドディスク
B'z 年表
B'z The Best "Pleasure II"
2005年
MONSTER
(2006年)
ACTION
2007年
『MONSTER』収録のシングル
  1. OCEAN
    リリース: 2005年8月10日
  2. 衝動
    リリース: 2006年1月25日
  3. ゆるぎないものひとつ
    2nd Beat ピエロ」

    リリース: 2006年4月12日
  4. SPLASH!
    リリース: 2006年6月7日
テンプレートを表示

MONSTER』(モンスター)は、日本音楽ユニットB'zが、2006年6月28日にリリースした、15作目のオリジナル・アルバムである。

概要[編集]

B'zはあまりコンセプトなどを固定してアルバムを作ることは少ないが、今回はレコーディングの初頭から『MONSTER』というキーワードがあり[1]、稲葉はそれを意識して作詞をしていったらしい。そのため明確なコンセプトアルバムではないが、稲葉によるとプチ・コンセプトアルバムの側面もあるという[2]。松本は本作を2006年時点でのB'zの最高傑作であると語っており、稲葉も自信作と語っている[3]。本作発売後に、ライブツアー「B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"」が敢行された。

ロックからポップな曲、バラード、はたまたレゲエ調、ブルース調など幅広くバラエティ豊かな曲構成をしている。また、近作である「BIG MACHINE」「THE CIRCLE」のシンプルなバンド志向とは異なり、打ち込み音やキーボードストリングスブラスコーラスなどを多用している。本作では珍しくコーラスにサポートメンバーの声を使っている。近年ではほとんどなかったフェードアウトの曲も3曲ある。

楽曲は17曲制作され、アウトテイクとなった3曲は、「BUDDY」「yokohama」「希望の歌」と後に判明した。

前後の作品同様デジパック仕様だが、歌詞カードは通常のブックレット式ではなく、屏風式となっている[4]

アレンジャー徳永暁人がアルバム全般の楽曲制作に参加した最後の作品であり、次作『ACTION』は一部の楽曲のみ参加、それ以降はB'zにまったく関与していない[5]

収録曲[編集]

曲の解説やタイアップ等はB'zで解説しているため一部簡潔に解説する。

  1. ALL-OUT ATTACK (4:11)
    「イケイケの1曲目を作ろう」という意識で制作された曲。タイトルは英語で「総攻撃」を意味する。
    B'zの楽曲にはあまりなかったCメロが存在しており、セクションによってビートが変わる。松本によると、異なる3曲を1曲にしたものであるらしい。
    ミュージックステーション』でもライブ形式で披露された。ベストアルバムB'z The Best "ULTRA Treasure"』の収録曲を決める際のファン投票では中間発表時の結果では31位で、最終的に収録となる30位以内には入れなかった。
    PVは、男性限定でエキストラを募集し収録されている。このPVは「純情ACTION」のPVに一部流用された。
  2. SPLASH! (3:33)
    42ndシングル。久しぶりにダンサブルな曲を作ろうということになり、レコーディングの後半に制作された。稲葉によると、過激な歌詞は狙って書いたらしい。『ミュージックステーション』では、「生存欲を歌った曲」と紹介された。また、この曲には7弦ギターも使われている。
  3. ゆるぎないものひとつ (4:38)
    41stシングル。稲葉は、この曲のギターソロを絶賛しており、レコーディング中もよく口ずさんでいたらしい。
  4. 恋のサマーセッション (3:28)
    B'zでは珍しいレゲエを意識した曲。松本が「1曲でいいからレゲエをやりたい」という思いから制作された。しかし、レゲエ特有の感じにならず苦労したらしく、制作にあたりボブ・マーリーベスト・アルバムを購入して勉強したという。また、楽しい雰囲気にしようと、久々に女性コーラスが入っている。
    稲葉は、爽やかな歌詞にしようと思い、“夏期講習”という言葉を思いついたので辞書で調べると“サマーセッション”だった。「ただ、夏期講習という言葉は歌いたかったので歌詞はそのままにした」ため、歌詞中では“恋のサマーセッション”ではなく、“恋の夏期講習”と歌われている。
    この曲にもPVが存在し、街の通りで二人で演奏するという内容。ライブでは松本がストラトキャスターを使用し、女子高生に扮したダンサーも登場した。
  5. ケムリの世界 (3:05)
    ライブドア事件村上ファンド事件耐震強度問題における証人喚問などの一連の事件を暗喩するような、社会風刺の歌詞になっている。作詞はL.A.へ行く飛行機内。2番が終わると転調し、ラストサビでテンポアップするというやや特異な展開をする。歌詞の「イコール」の部分は徳永暁人が叫んでいる。
  6. 衝動 〜MONSTER MiX〜 (3:17)
    40thシングルのアルバムバージョン。シングルバージョンとの違いは、ラストのシャウトの音程、ギターソロの最終部分のリバーブアコースティックギターを除いて全てのギターパートの録り直し、またボーカルのフェイクとコーラスが、徳永暁人と大田紳一郎のものになるなど。
  7. 無言のPromise (4:57)
    間奏では、女性のタガログ語での語りがある。このように、B'zの楽曲で女性が歌詞部分にメインで声を入れているのは「WILD ROAD」以来。ストリングスは稲葉のソロ曲「遠くまで」のように弦楽四重奏となっている。
    メロディは、大阪のプリプロルームで作られ、その時から松本のお気に入りだった。「メタルバラードにならないように和の雰囲気を出すのに苦労した」という松本の話もあり、先述の間奏の後の大サビまでエレキギターが出てこない。
    稲葉は歌詞について「太い絆で繋がっている人は、中途半端な別れで終わってはいけない人たちはいつか必ず再会する、その無言の約束をしている。離れた後にもう一度会うんだよって」とコメントしている。
    「ケムリの世界」とこの曲はライブ未演奏となっており、いずれもフェードアウトで終わっている。
  8. MONSTER (4:53)
    本アルバムの表題曲。リフ先行で作られた曲で、ストリングスを使っている。「メロディを貰う前からタイトルだけが先にあり、それに合う曲を待っていた」とは稲葉のコメント。PVが存在しており、CMにも映像が使用された。
  9. ネテモサメテモ (3:26)
    松本によると「かなりチャレンジな楽曲」だったとか。メロディとリフは別々に存在していたものをくっつけたという。また、この曲は「1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト2006」でも披露された。ブルースハープは稲葉が担当。
  10. Happy Birthday (3:54)
    B'z初のバースデイソング。『B'z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK-』にて初披露された。松本の「こういった曲は音源化すると旬じゃなくなってしまうから、大切にしていきたい」という旨の発言もあったが、結局は本作に収録された。今回の収録にあたり、一部歌詞の追加や大幅なアレンジが行われている。ライブ版ではイントロピアノメロディがあった。
    本作発売後行われた『B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』ツアーでは、松本と稲葉、増田隆宣シェーン・ガラース徳永暁人大田紳一郎の全メンバー6人によるアコースティック・ギターで披露した。この曲にもPVが存在しており、「B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"」で演奏された際の映像とそのリハーサルの映像が使用されている。
  11. ピエロ (3:13)
    41stシングル「ゆるぎないものひとつ」2nd beat。従来のアルバムでは2nd beatは収録しないというスタンスだったが、この曲は評判が良かったことから収録となった。
    松本曰く「様式美」であるというフェードアウトで終わるが、本来はそこから何分にもわたるジャム・セッションが続いていた。PVが存在する。
  12. 雨だれぶるーず (6:17)
    稲葉の「マイナーのブルースがやりたい」というリクエストの下、ロサンゼルスでメンバー同士のジャム・セッションを中心に制作され、帰国してからブラスを加えて完成した。
    Aメロ部分は、稲葉が歌ううちに形になっていった。日本語の部分部分にフェイクを入れるなど、稲葉にとってはかなりのチャレンジだったらしい。また、始めは冒頭の部分はなかったが、レコーディング中に頭に浮かんで来たという。
    演奏時間は6分15秒と長め[6]。タイトルはなかなか決まらなかったとのこと。B'zでは珍しく、コーラスパートが一切ない。
  13. 明日また陽が昇るなら (4:52)
    本作の制作過程で最初に制作が開始された楽曲(M-1)[2]で、元々は「OCEAN」と同時期に制作に入っていたが、なかなか完成せず、結局は本作のレコーディング終盤に完成した。アレンジの段階で、イントロが違うものやリズム・パターンが違うものなどが存在する。PVが存在する。
    当初は1曲目にしようと考えていたがしっくりこず、最終的に現在の位置に収まった。歌詞はLIVE-GYMにおいての観客との関係を意識した内容となっている。
  14. OCEAN 〜2006 MiX〜 (5:26)
    39thシングルのアルバムバージョン。録り直しはされていないが、ミキサーが違っており、シングルバージョンでは小林が担当したが、アルバムバージョンではジェイにより、原曲では控えめだったギターの低音やドラムが強調されている。
    「Happy Birthday」同様、本作のレコーディング期間の前に制作されていた。
    ちなみに、年をまたいでオリジナルアルバムに収録されたシングルは「ultra soul」以来である(なお、「ultra soul」もアルバムバージョンだった)。

参加ミュージシャン[編集]

ライブ映像作品[編集]

シングル曲については各作品の項目を参照

ALL-OUT ATTACK

恋のサマーセッション

MONSTER

ネテモサメテモ

Happy Birthday

雨だれぶるーず

明日また陽が昇るなら

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松本孝弘稲葉浩志に「MONSTER」のモチーフをメールで送った。
  2. ^ a b 『Be with! volume070』B'z Partyより。
  3. ^ [1]」『TAK MATSUMOTO MESSAGES』『KOSHI INABA MESSAGES』(2006年6月)。
  4. ^ 折りたたみ式だったデビューアルバム『B'z』を除き、他のCDアルバムの歌詞カードは全てブックレット式である。
  5. ^ ただし、2014年には稲葉のソロアルバム『Singing Bird』の製作に参加している。
  6. ^ 1995年以降、6分を超える曲は「雨だれぶるーず」と「Raging River」(『ELEVEN』収録、7分32秒)しか発表されていない(リメイク作品・ライブ音源除く)
  7. ^ a b 「OCEAN」(#14)については本作では表記されていないが、シングル盤で表記されている。

外部リンク[編集]