Best of KAT-TUN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Best of KAT-TUN
KAT-TUNベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル J-One Records
プロデュース 藤島ジュリー景子
専門評論家によるレビュー
  • CDJournal.com link
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2006年4月度月間1位(オリコン)
  • 2006年度年間11位(オリコン)
ゴールドディスク
KAT-TUN 年表
Best of KAT-TUN
(2006年)
cartoon KAT-TUN II You
2007年
『Best of KAT-TUN』収録のシングル
  1. Real Face
    リリース: 2006年3月22日
テンプレートを表示

Best of KAT-TUN』(ベスト オブ カトゥーン)は、日本男性アイドルグループKAT-TUNデビューアルバム

概要[編集]

シングル『Real Face』、DVD『Real Face Film』との同時発売となった、デビューアルバム。デビューアルバムにして、ベスト・アルバムと銘打った、異例の形で発売された。以前から、テレビ番組やコンサートで披露されていた楽曲に、新曲7曲を加えた構成となっている。9曲目は、本来「REMEMBER」という曲が収録される予定だったが、公式サイトで詳細を発表した数日後に、変更された(後に同タイトルの「REMEMBER」は、13枚目シングル「CHANGE UR WORLD」に収録されるが、同曲なのか「SPECIAL HAPPINESS」への改名による変更なのかは不明)。

収録曲[編集]

★は新曲

  1. SHE SAID...(3:45)
    作詞:田口亮・Axel G、Rap詞:JOKER、作曲:Katsumi Ohnishi、編曲:FLYING GRIND
  2. NEVER AGAIN(3:49)
    作詞:SPIN、Rap詞:JOKER、作曲:JOEY CARBONE、STEVEN LEE、編曲: FLYING GRIND
  3. I LIKE IT(4:28)
    作詞・作曲:Sean Thomas、日本語詞:SPIN、編曲:FLYING GRIND
  4. MIRACLE(4:24) ★
    作詞:hamai、作曲:コモリタミノル、編曲:長岡成貢
  5. BLUE TUESDAY(4:37) ★
    作詞:久保田洋司、作曲:谷本新、編曲:石塚知生
  6. RHODESIA(5:09) ★
    作詞:相田毅、作曲・編曲:CHOKKAKU
    • 声優ユニット『Weiβ Kreuz』の楽曲「Rhodesia」と歌詞が一部酷似している。(作詞は本曲と同じ相田毅)
  7. GOLD(4:54)
    作詞・作曲:Stefan Aberg・Stefan Engblom、日本語詞:SPIN、Rap詞:JOKER、編曲:FLYING GRIND
  8. WILDS OF MY HEART(4:00)
    作詞:SPIN、Rap詞:JOKER、作曲:zero-rock、編曲:北川暁
  9. SPECIAL HAPPINESS(5:05) ★ - 亀梨和也田口淳之介
    作詞:K2、作曲:Gajin、編曲:知野芳彦
  10. ONE ON ONE(5:01) ★ - 田中聖中丸雄一
    作詞:JOKER・中丸雄一、作曲:mo'doo-・井筒 "Growth" 伸太郎、編曲:井筒 "Growth" 伸太郎・江口貴勅
  11. BUTTERFLY(4:53) ★ - 赤西仁上田竜也
    作詞:赤西仁・上田竜也、作曲・編曲:velvetronica
  12. RUSH OF LIGHT(4:27) ★
    作詞:ma-saya、作曲:Watermelon 6、編曲:CHOKKAKU
  13. ハルカナ約束(3:55)
    作詞:SPIN、Rap詞:JOKER、作曲:森元康介、編曲:ha-j
  14. PRECIOUS ONE(5:17)
    作詞:新美香・白井裕紀、作曲:三上吉直、編曲:ha-j
    • Sun Boy'zという香港歌手が「3+1=1」というタイトルでカバーしている。
  15. Real Face#1(4:58)
    作詞:スガシカオ、Rap詞:JOKER、作曲:松本孝弘、編曲:松本孝弘・徳永暁人
    • 田口淳之介出演の実写版テレビドラマ『Happy!』『Happy!(2)』(TBS系)主題歌。
    • 同時発売したシングルのアレンジ違いで、打ち込みが中心のシングルバージョンと比較するとエレキギターベースが前面に押し出されたロック色の強いバンドアレンジとなっている。またメンバーの歌唱法が異なり、一部カット及び追加されている歌詞がある(冒頭のラップと一番のサビの直前の舌打ちはカットされ、ラップの部分においてシングルバージョンにはなかった歌詞が追加されている)。

関連項目[編集]