亀梨和也のKス・バイ・Kス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
亀梨和也のKス・バイ・Kス
ジャンル トーク
放送方式 録音
放送期間 2008年4月4日 - 2011年9月30日
放送時間 毎週金曜 23:40 - 24:00
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 亀梨和也KAT-TUN
特記事項:
1.開始当初のタイトルは、『亀梨和也(仮)』という仮タイトルだった。
2.2009年11月27日までは、『亀梨和也のKス バイ Kス
3.ワイド番組内包番組として放送(2009年12月4日以降は、媒体によって独立番組として扱われる場合もあった)。
テンプレートを表示
亀梨和也のKス バイ Kス
KAT-TUNスタイル
フライデースペシャル
ジャンル トーク
放送方式 録音
放送期間 2008年4月4日 - 2009年11月27日
放送時間 毎週金曜 23:30頃 - 23:40頃
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 亀梨和也KAT-TUN
特記事項:
1.開始当初のタイトルは、『亀梨和也(仮)KAT-TUNスタイルフライデースペシャル』という仮タイトルだった。
2.ワイド番組の内包番組として放送。
テンプレートを表示

亀梨和也のKス・バイ・Kス(かめなしかずやのケース・バイ・ケース)は、2008年4月4日から2011年9月30日まで毎週金曜日ニッポン放送をキーステーションにNRN系列全国ネットで放送していたラジオ番組KAT-TUN亀梨和也パーソナリティを務めた。

当初のタイトルは『亀梨和也(仮)』(かめなしかずやかっこかり)だった。

概要[編集]

22時台から23時台にかけて放送しているワイド番組内包番組として放送(2009年12月以降は、独立番組として扱われる場合もあった。後述参照)。

2008年4月 - 2009年11月[編集]

開始から2008年8月29日までは『南海キャンディーズ 山里亮太のヤンピース フライデースペシャル』内、同年9月12日から2009年11月27日までは『銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA』内で放送。

元々亀梨以外のKAT-TUNメンバーが担当する上記ワイドの内包番組として、2008年3月28日まで月曜日から金曜日までの帯番組として放送していた『KAT-TUNスタイル』にかわり始まった(『KAT-TUNスタイル』は2008年3月31日より、毎週月曜日 - 木曜日のみの放送となった)。

二部構成となっており、第一部は『亀梨和也(仮)』として22:40頃からの15分番組、第二部は『亀梨和也(仮) KAT-TUNスタイルフライデースペシャル』(かめなし かずやかっこかり カトゥーンスタイルフライデースペシャル)として23:30頃から10分番組として放送された[1]

冒頭記述のように、当初のタイトルは暫定的なものでリスナーからタイトル案を募集していた[2]。2008年4月25日の亀梨による2時間生放送特別番組ヤンピーススペシャル タイトル今夜決定! 亀梨和也2時間生ラジオ』にて番組タイトルが決定し、『亀梨和也のKス バイ Kス』『亀梨和也のKス バイ Kス・KAT-TUNスタイルフライデースペシャル』(かめなし かずやのケース バイ ケース カトゥーンスタイルスペシャル)にそれぞれ改題された。

『宇宙GメンTAKUYA』内包当時、同番組サイト内番組表では『亀梨和也 KスバイKス』『亀梨和也 KAT-TUNスタイルフライデースペシャル』と表記しており、『フライデースペシャル』の放送時間は23:35 - 23:45としていた(ニッポン放送全番組表は従来通り[3])。

2009年12月以降[編集]

2009年12月4日より『銀河に吠えろ!宇宙GメンTAKUYA』終了に伴い、『フライデースペシャル』は消滅し、23:40 - 24:00の20分枠へ放送時間を変更。タイトル表記も冒頭のものに変更。ニッポン放送ウェブサイト内番組表では直前の『琉球ユタはるのヒーリングギフト』(23:30 - 23:40。2011年3月まで明記せず[4])とともに『オールナイトニッポンGOLD』(22:00 - 23:30)の内包番組として扱われた[5]が、新聞番組表では独立番組として扱われた。

2011年9月いっぱいで、従来月 - 木曜の帯番組として放送された『KAT-TUNスタイル』が本放送枠へ移動することに伴い終了した。

番組内容[編集]

亀梨和也として、今思っていること、考えていることを色々話していく番組。番組内ではリスナーへのアポなし生電話もあり、リスナーからの相談に答える場面もあった。

声優日高のり子がゲスト出演したこともあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:『亀梨和也(仮)』として放送していた当時のニッポン放送ウェブサイト内番組表 - インターネットアーカイブ2008年4月23日付保存キャッシュ
  2. ^ 同様のケースとしては、2007年4月に開始し2009年4月に正式決定した『長澤まさみタイトル未定(仮)』→『長澤まさみSweet Hertz』がある。
  3. ^ 参考:『宇宙GメンTAKUYA』開始当初のニッポン放送ウェブサイト内全番組表 - インターネットアーカイブ2008年9月13日付保存キャッシュ
  4. ^ 参考:2010年2月当時のニッポン放送ウェブサイト内平日タイムテーブル - インターネットアーカイブ2010年2月8日付保存キャッシュ
  5. ^ 参考:2011年4月当時のニッポン放送ウェブサイト内平日タイムテーブル - インターネットアーカイブ2011年4月29日付保存キャッシュ

外部リンク[編集]