LOVE PiECE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
LOVE PiECE
大塚愛スタジオ・アルバム
リリース
録音 2006年 - 2007年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
プロデュース 大塚愛
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2007年10月度月間1位(オリコン)
  • 2007年度年間29位(オリコン)
  • ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ日本レコード協会
  • 大塚愛 年表
    愛 am BEST
    (2007年)
    LOVE PiECE
    (2007年)
    LOVE LETTER
    2008年
    『LOVE PiECE』収録のシングル
    1. フレンジャー
      リリース: 2006年4月12日
    2. ユメクイ
      リリース: 2006年8月2日
    3. 恋愛写真
      リリース: 2006年10月25日
    4. CHU-LIP
      リリース: 2007年2月21日
    5. PEACH/HEART
      リリース: 2007年7月25日
    テンプレートを表示

    LOVE PiECE』(ラヴ・ピース)は大塚愛4枚目のオリジナルアルバム2007年9月26日avex traxから発売された。

    解説[編集]

    前作『LOVE COOK』から1年9ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム。

    CDのみとCD+DVDの2形態で発売。初回盤はCDのみはオリジナルフォトブック付き、DVD付きは「U-ボート」のMusic Clip付き(フォトブックなし)。2形態共通初回特典としてカラーケース(ピンク黄色の6色のうちいずれか1色)&三方背BOX仕様になっている。また、LOVE9CUBE会員限定の初回版も存在する。こちらは「オリジナルLOVE PiECEパズル」を付属。

    ジャケット写真は双方ともジグソーパズルのピースで、それぞれ違う写真のパーツを6つ組み合わせたものになっている。曲順は、『LOVE COOK』とは対照的に、未来から過去へ向かうように配列したとのこと[1]

    大塚曰く、本アルバム収録のシングル曲が1曲毎に1つの色とイメージを持ち、「フレンジャー」が黄色で「友達」、「ユメクイ」が紫で「」、「恋愛写真」がピンクで「恋愛」、「CHU-LIP」が緑で「家族」、「PEACH」が青で「遊び」、「HEART」が黒で「想い」を象徴しているとのこと[2]

    カラーケースに描かれている6つのパーツからなるハートマークは、「」をコンセプトにデザインされたが、当時シングル曲数までは考えていなかったという。今回シングル曲数も6曲ということで、運命的だと話した[3]

    3曲目の「Mackerel's canned food」の意味は「サバ缶詰」。主演映画「東京フレンズ」の中で所属するバンド「サバカン」とかけている[4]。なおこの曲は東京フレンズの挿入歌でもある(当時は未発表曲だった)。

    収録曲[編集]

    (全作詞・作曲:愛、編曲:愛×Ikoman

    CD[編集]

    1. 未来タクシー (04:10)
      ロッテ「ガーナミルクチョコレート」CMソング。この曲について大塚は、「絶対に1曲目にしようと思った」と述べている。
    2. ユメクイ (05:18)
      12thシングル。「未来タクシー」から「夢=未来」繋がりでこの位置になったという。
    3. Mackerel's canned food (04:23)
      日本テレビぐるぐるナインティナイン』エンディングテーマ。タイトルは英語で「さば缶」の意味。映画の男性コーラスからアルバム用に大塚自身のコーラスに変更された。
    4. PEACH (04:12)
      15thシングル「PEACH/HEART」の1曲目。前曲から「夏のイメージ」繋がりでこの位置に。
    5. クムリウタ (04:59)
      エムティーアイmusic.jp」CMソング。本来は「クモリウタ」であったが、「モ」の見た目が嫌という理由で「ム」に変更された。PVでは岩井俊二監督の下、大塚が得意な水泳を生かした水中撮影に挑戦。
    6. 星のタンゴ (02:54)
      「クムリウタ」から「心の痛み」繋がりでこの位置になったそう。
    7. 蚊取線香 (02:07)
      高校時代に作られた楽曲。蚊への怒りが最大限に込められた一曲。大塚愛の楽曲では最も演奏時間が短い(「BABASHIのテーマ」を除く)。
    8. フレンジャー (03:48)
      11thシングル。このアルバムの方向性を示した第1弾の曲でもある。
    9. CHU-LIP (03:58)
      14thシングル。本人曰く「アルバムの中で最大の盛り上がりをみせてくれる曲」。
    10. HEART (04:50)
      15thシングル「PEACH/HEART」の2曲目。
      ラストの「恋愛写真」と過去繋がりでこの位置へ。
    11. 恋愛写真 (05:00)
      13thシングル。「未来タクシー」が最初なら、最後はこの曲と前々から決めていたらしい。

    DVD[編集]

    1. クムリウタ(Music Clip)
      岩井俊二監督によるもので、大塚が得意な水泳を生かした水中撮影に挑戦。
    2. HEART(Music Clip)
      こちらは堤幸彦監督によるもの。
    3. U-ボート(Music Clip)
      初回盤のみ収録。前作『LOVE COOK』収録曲のPV。

    出典・参考[編集]

    1. ^ 「WHAT's IN?」2007年10月号
    2. ^ 大塚 愛 6ピースのハート” (日本語). 2008年9月22日閲覧。
    3. ^ SEDA 2007年10月号
    4. ^ 週刊ザテレビジョン 2007年39号