VOCALIST 3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
VOCALIST 3
徳永英明カバー・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルシグマ
プロデュース 徳永英明
坂本昌之
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星3.5 / 5 link
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年8月度月間6位(オリコン)
  • 2007年度年間13位(オリコン)
  • 2008年度年間27位(オリコン)
  • 登場回数78回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • 徳永英明 アルバム 年表
    VOCALIST 2
    2006年
    VOCALIST 3
    (2007年)
    VOCALIST BOX
    (2008年)
    テンプレートを表示

    VOCALIST 3』(ヴォーカリスト・スリー)は、徳永英明の3枚目のカヴァーアルバム2007年8月15日発売。発売元はユニバーサルミュージック(ユニバーサルシグマ)。

    解説[編集]

    ロングヒットを記録した『VOCALIST』シリーズの第3弾。本作も女性ボーカル曲のカヴァーで構成されている。アルバムとしても、『VOCALIST 2』以来ちょうど約1年ぶりの発売となる。今作の発売をもって、『VOCALIST』シリーズの累計出荷枚数が100万枚を突破した[1]。また、2008年1月9日には本作単独での出荷枚数が100万枚突破[2]

    本作発売までにも、これまでのシリーズ2作がロングヒットを続けていたが、発売直前にはオリコン週間チャートで20位以内、デイリーチャートではTOP10内に返り咲く現象も起きた。発売後、週間チャートでも『3』が3位、『2』が9位、『1』が8位と全作品がTOP10内返り咲いた(2007年9月10日付)。

    初回限定盤はDVD付き。

    オリコンアルバムチャートでは『Revolution』以来約15年半ぶりに週間1位を獲得した。また、男性ボーカルによるカヴァーアルバムの同チャート1位はTOKIOの『TOK10』以来、男性ソロとしては吉田拓郎の『ぷらいべえと』以来約30年3ヶ月ぶりの1位となった。また、男性ソロによるカヴァーアルバムの2週連続アルバムチャート1位も、『ぷらいべえと』以来の記録である。

    この当時『VOCALIST』シリーズは一応3で完結としており、帯にもそのように書かれていたが、「何かのチャンスがあればまたやりたい」「次は男性版でもありかもしれない」などと語っている。3年後の2010年4月20日に「VOCALIST 4」を発表した。

    中居正広の金曜日のスマたちへ』で德永は、「『なぜシンガーソングライターのあなたがカバーをやるのか』といった厳しい意見もたくさんもらいましたし、売れていくほどそういった声は増えていきました」とのことである。それで、「今はオリジナルの曲を大切に歌うようになった」と話した。

    収録曲[編集]

    全曲編曲:坂本昌之

    1. 恋におちて -Fall in Love-
      (作詞:湯川れい子 作曲:小林明子
      小林明子のカヴァー。同年7月に先行シングルとして発売され、この年の『紅白歌合戦』でもこの曲を披露した。
    2. PRIDE
      (作詞・作曲:布袋寅泰
      今井美樹のカヴァー。
    3. 桃色吐息
      (作詞:康珍化 作曲:佐藤隆
      高橋真梨子のカヴァー。
    4. わかれうた
      (作詞・作曲:中島みゆき
      中島みゆきのカヴァー。「恋に落ちて」のカップリング曲。
    5. やさしいキスをして
      (作詞:吉田美和 作曲:中村正人
      DREAMS COME TRUEのカヴァー。
    6. Time goes by
      (作詞・作曲:五十嵐充
      Every Little Thingのカヴァー。
    7. たそがれマイ・ラブ
      (作詞:阿久悠 作曲:筒美京平
      大橋純子のカヴァー。
    8. 元気を出して
      (作詞・作曲:竹内まりや
      薬師丸ひろ子のカヴァーだが、詞曲者の竹内まりや自身がセルフカヴァーしたのが有名。島谷ひとみなどが過去にカヴァーしている。
    9. ENDLESS STORY
      (作詞・作曲:Dawn Ann Thomas 日本語詞:ats-
      REIRA starring YUNA ITO伊藤由奈)のカヴァー。本来は、ドーン・トーマスによる全英語詞曲のカヴァーである。「わかれうた」同様、「恋に落ちて」のカップリング曲。
    10. まちぶせ
      (作詞・作曲:荒井由実
      三木聖子のカヴァー。石川ひとみがカヴァーしたものが有名。後に、作者の松任谷由実が荒井由実名義でセルフ・カヴァーし、そちらもヒットした。
    11. 月のしずく
      (作詞:Satomi 作曲:松本良喜
      RUI(柴咲コウ)のカヴァー。
    12. 迷い道
      (作詞・作曲:渡辺真知子
      渡辺真知子のカヴァー。
    13. CAN YOU CELEBRATE?
      (作詞・作曲:小室哲哉
      安室奈美恵のカヴァー。

    初回限定盤A[編集]

    DVD

    1. 恋におちて -Fall in Love- PV
    2. わかれうた PV
    3. ENDLESS STORY 5/26薬師寺LIVE映像

    初回限定盤B[編集]

    Bonus track 14. 喝采
    (作詞:吉田旺 作曲:中村泰士 編曲:坂本昌之)

    ちあきなおみのカヴァー。CDのみ仕様の初回盤にのみ収録。本作収録曲の中で、最も発売時期の古いカヴァー曲となる。徳永の話ではそもそもこのシリーズを始めるきっかけとなったのはとあるライブでこの楽曲のカヴァーを披露し好評だったことが全ての原点であると語っている。よってシリーズ完結篇となる本作の真のラストトラックとしてこの楽曲を収録した旨を語っていたが、2010年に第4弾となる「VOCALIST 4」が発売されている。

    出典[編集]

    1. ^ 音楽サイト BARKS徳永英明、カヴァー・アルバムで30年ぶりの快挙
    2. ^ 徳永「VOCALIST3」がミリオン、日刊スポーツ、2008年1月10日。
    [ヘルプ]