最後の言い訳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
最後の言い訳
徳永英明シングル
初出アルバム『REALIZE
B面 今はさよならだけを言うけど
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル アポロン
作詞・作曲 麻生圭子、徳永英明
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン[1]
  • 1988年度年間100位(オリコン)[1]
  • 1989年度年間69位(オリコン)[1]
  • 4位(ザ・ベストテン
  • 1988年12月月間6位(ザ・ベストテン)
  • 1988年年間34位(ザ・ベストテン)
  • 1989年上半期47位(ザ・ベストテン)
徳永英明 シングル 年表
風のエオリア
1988年
最後の言い訳
1988年
恋人
1989年
テンプレートを表示

最後の言い訳」(さいごのいいわけ)は、1988年10月25日に発売された徳永英明の6枚目のシングル

解説[編集]

タイトル曲は関西テレビフジテレビ系ドラマ『直木賞作家サスペンス』の主題歌。

カップリング曲「今はさよならだけを言うけど」は、長らくアルバムには未収録であったが、1998年発売のベスト・アルバム『シングルコレクション (1992〜1997)』に初収録された。

7インチアナログ盤も発売されており、これはCDと収録曲は同じだが、プロモーション用に配られた12インチアナログ盤には「最後の言い訳」と同曲のエディット・ヴァージョンが収録されていた。

収録曲[編集]

  1. 最後の言い訳作詞麻生圭子 作曲:徳永英明 編曲瀬尾一三
  2. 今はさよならだけを言うけど(作詞・作曲:徳永英明 編曲:瀬尾一三)

エピソード[編集]

  • 麻生圭子の作詞に対して、徳永本人が作曲を行った。その際に徳永は曲を作っている最中で、初めて泣いたという。
  • TBSテレビザ・ベストテン」のランクイン時、同曲のサビ部分を歌唱する徳永が思わず涙をこぼしたシーンが有り、1988年末の「ザ・ベストテン名場面集」でも再度取り上げられていた。自身はこの理由について「当時付き合っていた彼女と別れたばかりで、歌いながらその辛い出来事を想い出してしまった」と語っている。

主な収録アルバム[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]