THE BEST of mihimaru GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE BEST of mihimaru GT
mihimaru GTベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース tearbridge production
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年5月度月間3位(オリコン)
  • 2007年6月度月間13位(オリコン)
  • 2007年度年間24位(オリコン)
ゴールドディスク
mihimaru GT 年表
mihimania 〜コレクション アルバム〜
2006年
THE BEST of mihimaru GT
(2007年)
mihimarise
2008年
テンプレートを表示

THE BEST of mihimaru GT』(ザ・ベスト・オブ・ミヒマル・ジーティー)は、mihimaru GT初のベストアルバム2007年5月2日発売。発売元は、ユニバーサルミュージック

解説[編集]

  • デビューシングル約束」から最新シングル「パンキッシュ☆」まですべてのシングル曲など16曲を収録したベストアルバム(ただし両A面の「So Merry Christmas」は収録されていない)。曲順は発売順ではなく、mihimaru GT入門編として聴きやすい順番になっている。このうち「帰ろう歌」は「-TAKE 07-」としてリテイクしている。初回盤にはPVやそのメイキングを収録したDVDつき。
  • ジャケット写真には珍しくmiyakeが大きく写っているが、ピントはhirokoに合わせている。hirokoがスパナを持っているのは、mihimaru GTを作り上げているというイメージからである。また初回盤と通常盤のジャケットを左右に合わせると、miyakeの顔がつながるようになっている。
  • ちなみに、mihimaru GTのアルバム名はこれまで「mihima-」で始まっていたので、このアルバムのタイトル候補に「mihimaru GoTo(ミヒマルゴト)」があったとhirokoが語っている(JAPAN COUNTDOWNより)。
  • シングル・アルバム通じ、グループ初となるオリコンチャート1位を獲得。また売り上げも初めて40万枚を超え、自身最大のヒットとなった。台湾のチャートでも、日本・韓国部門で初登場以来4週連続で1位を獲得した。

収録曲[編集]

  1. Theme of mihimaLIVE
    新曲。冒頭では過去の楽曲などの一部を織り交ぜている。
  2. Love is...
    6thシングル。2007年5月18日放送のミュージックステーションにてこの曲を披露。
  3. ユルメのレイデ
    5thシングル。
  4. いつまでも響くこのmelody
    11thシングル「いつまでも響くこのmelody/マジカルスピーカー」の1曲目。
  5. 気分上々↑↑
    9thシングル。
  6. パンキッシュ☆
    13thシングル。アルバム初収録曲。
  7. 恋する気持ち
    7thシングル「恋する気持ち/YES」の1曲目。
  8. YES
    7thシングル「恋する気持ち/YES」の2曲目。
  9. さよならのうた
    8thシングル。
  10. H.P.S.J. -mihimaru Ball MIX-
    4thシングル「H.P.S.J.-mihimaru Ball MIX-/So Merry Christmas」の1曲目。アルバム初収録となったシングルバージョン。元々1stアルバム「mihimarhythm」に収録されたこの曲をリミックスして、シングルカットされた。
  11. ツヨクツヨク
    10thシングル。
  12. マジカルスピーカー
    11thシングル「いつまでも響くこのmelody/マジカルスピーカー」の2曲目。
  13. かけがえのない詩(うた)
    12thシングル。アルバム初収録曲。映画「ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜」の主題歌
  14. 願〜negai〜
    3rdシングル。
  15. 帰ろう歌(か) -TAKE 07-
    2ndシングルの新録。音程が原曲より低くアレンジされている。ちなみにhirokoの「待たせすぎ!」というセリフでは、原曲より大人っぽさを出しているという。
  16. 約束
    1stシングル。

DVD(初回限定盤のみ)[編集]

  • かけがえのない詩(うた) (Promotion Video)
  • 帰ろう歌 -TAKE 07- (Promotion Video)
    • カメラを止めずに連続して撮影。撮影場所は千葉県にある大慶園
  • Future Language -Making-
    • 初ステージを行ったという思い出のクラブで撮影。映像は当時の再現をしたもので、デビュー前の貴重な映像も冒頭に流れる。
  • Future Language (Promotion Video)

外部リンク[編集]