この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

hiroko

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

hiroko
出生名 阿久津博子
生誕 (1984-07-24) 1984年7月24日(34歳)
出身地 日本の旗 日本, 兵庫県芦屋市
ジャンル J-POPHip-Pop
職業 歌手作詞作曲
担当楽器 ボーカル
活動期間 2003年 - 2013年
レーベル ユニバーサルJ
共同作業者 miyakemihimaru GT
公式サイト 公式ページ

hiroko(ヒロコ、本名:阿久津 博子(あくつ ひろこ)、1984年7月24日 - )は、日本歌手mihimaru GTのメインボーカルであった。出生から小学校まで兵庫県芦屋市で過ごし、中学校からは栃木県宇都宮市にて育つ。兵庫県芦屋市立潮見小学校卒業、栃木県宇都宮市立姿川中学校卒業[1]栃木県立宇都宮中央女子高等学校総合家庭科卒業。

来歴

2003年
  • 幼い頃からボーカリストを目指していたhirokoと、数々の有名アーティストへ楽曲提供をしていたクリエーターmiyakeが出会い結成。
  • 気分上々↑↑」が大ヒットするまで、鳴かず飛ばずが続く苦労を味わった。デビュー直後はストリートやライブハウスやクラブでライブを行う。小さなクラブでは演者がmihimaru GTとDJの3人に対し客が2人しかおらず、その客同士が顔を見合わせて気まずそうに帰っていったというエピソードも。曲の途中であったが中止せずクラブのバーテンダーに対して演奏した[2]
  • 7月30日 - シングル『約束』でデビュー。
2006年
2007年
2008年
2010年
2013年
12月24日、mihimaru GT公式サイトで一般男性との入籍と女児の出産を発表[5]
  • 12月31日 - 無期限活動休止[4]。。

音楽性

好きな音楽はヒップホップポップクラシックレゲエジャズロックミクスチャー演歌で、好きなアーティストはホイットニー・ヒューストンアリーヤアリシア・キーズAQUAファットボーイ・スリム椎名林檎Mr.ChildrenケツメイシTHE BLUE HEARTSブラック・アイド・ピーズ銀杏BOYZ[6]

人物

  • 特技はバスケ。元バスケットボール(小学3年〜中学3年)で、ポジションはガード[6]
  • 高校2年生の頃に、浜崎あゆみのバック・ダンサーとして、オーディションに参加したことがある。
  • いきものがかりのボーカル・吉岡聖恵とは、「ミュージックステーション」での共演以来、よく電話で話すほどの友人である。他にも絢香とも仲が良い。
  • 料理を始めたhirokoは、白菜やちくわ、好物の納豆などなんでも入れるキムチ鍋を作っている[7]
  • お酒は弱いためあまり飲まないと公式ホームページで公言している。
  • 栃木にも長く住んでいたが、兵庫出身であるため、現在も関西弁を話す。[8]
  • 身長153.1cm、足のサイズ22cmと、小柄である[9]
  • 子供の頃、毛虫にポムという名前を付けて、腕に乗せていたという。
  • 俳優の半田健人とは小学校の同級生である。
  • 番組で納豆にプリンを混ぜて「納豆プリン」を柴咲コウに薦め、あっさり断られたが、ダウンタウン松本人志NEWS増田貴久が食べると「けっこううまい!!」と、好評だった。
  • 絵が「櫻井翔並みに下手」と言われる。不満があるとして2009年6月22日放送分の「嵐の宿題くん」にてその櫻井と対決したが、結局「どっちもヘタクソ」ということで引き分けに終わる[10]

以下ミュージャック(2008年10月24日放送分)より

  • 納豆や銀杏が好きであり、茶碗蒸しに銀杏を15個入れていた。
  • 家電が好きで、ビックカメラなどによく行くらしい。最近、65インチの液晶テレビを購入したが、部屋の広さに合わず、至近距離で見ている為、首が痛くなると語っている。
  • ミルという愛犬を飼っている。
  • 湿気が好きで、以前住んでいた8畳ワンルームの家に22畳用の加湿器を買い、湿度は80%を超えていた。
  • 中学3年時には生徒会副会長を務めた。

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル 規格品番 オリコン週間最高位 収録アルバム
初回盤 通常盤
1st 2003年7月30日 約束 - UPCH-5200 156位 mihimarhythm
2nd 2004年4月28日 帰ろう歌(か) - UPCH-5238 32位
3rd 2004年7月28日 願〜negai〜 - UPCH-5253 50位
4th 2004年11月17日 H.P.S.J.-mihimaru Ball MIX-/So Merry Christmas - UPCH-5286 50位
5th 2005年4月6日 ユルメのレイデ - UPCH-5301 37位 mihimalife
6th 2005年9月7日 Love is... - UPCH-5329 2位
7th 2005年11月23日 恋する気持ち/YES UPCH-9206 UPCH-5343 6位
8th 2006年3月15日 さよならのうた - UPCH-5382 9位 mihimagic
9th 2006年5月3日 気分上々↑↑ UPCH-9235 UPCH-5388 1位
10th 2006年7月12日 ツヨクツヨク - UPCH-5408 1位
11th 2006年8月16日 いつまでも響くこのmelody/マジカルスピーカー UPCH-9245 (初回盤A)
UPCH-9246 (初回盤B)
UPCH-5412 1位
12th 2007年2月28日 かけがえのない詩 UPCH-9282 (初回ミヒ盤)
UPCH-9283 (初回ドラ盤)
UPCH-5447 1位 THE BEST of mihimaru GT
13th 2007年4月4日 パンキッシュ☆ UPCH-9288 UPCH-5452 1位
14th 2007年8月15日 俄然Yeah! UPCH-9330 UPCH-5480 1位 mihimarise
15th 2007年11月28日 I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ UPCH-9400 UPCH-5505 8位
16th 2008年1月30日 diverge UPCH-9413 UPCH-5525 6位
17th 2008年4月30日 ギリギリHERO UPCH-9420 UPCH-5530 1位
18th 2008年7月2日 泣き夏 (mihimaru GT with SOFFet) UPCH-9431 UPCH-5550 3位 mihimalogy
19th 2008年10月22日 幸せになろう UPCH-9440 UPCH-5560 1位
20th 2009年6月17日 Switch UPCH-9484 UPCH-5594 7位
21st 2009年7月8日 とろけちゃうダンディ〜 UPCH-9493 UPCH-5606 12位
22nd 2009年9月23日 アン♥ロック UPCH-9520 (初回盤)
UPCH-9521 (初回限定猿ロック盤)
UPCH-5627 8位
23rd 2010年2月10日 Love Letter[11] UPCH-9536 UPCH-5636 1位
24th 2010年4月21日 オメデトウ UPCH-9553 UPCH-5647 1位 mihimalight
25th 2011年6月8日 マスターピース UPCH-9651 (初回盤A)
UPCH-9652 (初回盤B)
UPCH-5703 7位
26th 2011年8月3日 エボ★レボリューション UPCH-9660 UPCH-5713 6位
27th 2011年12月14日 One Time UPCH-9696 UPCH-5729 4位 THE BEST of mihimaru GT 2
28th 2012年10月31日 バンザイ賛唱!!! UPCH-9784 UPCH-5771 13位 10th Anniversary BEST 2003-2013
29th 2013年2月20日 君だけのStory UPCH-9848 UPCH-5792 2位

ソロシングル

# 発売日 作品 最高順位 認定 アルバム
オリコン[12] Hot 100 RIAJ
DL
1st 2011年1月19日 GIRLZ UP〜stand up for yourself〜 2 9 8 OPEN THE DOOR
2nd 2011年3月9日 最後の恋 2 7 4
"—"はチャート圏外かチャート対象外を意味する。

客演

発売日 作品 最高順位 認定 アルバム
オリコン[12] Hot 100 RIAJ
DL
2011年4月27日 I loved you(WISE feat.HIROKO) 4 - 7 Heart Connection〜BEST COLLABORATIONS〜
2011年9月28日 ずっと君と…(INFINITY 16 welcomez TEE & hiroko from mihimaru GT) 1 1 1
"—"はチャート圏外かチャート対象外を意味する。

参加作品

シングル化されていない参加作品
発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
Hot 100 RIAJ
DL
2007年10月31日 宝島(SEAMO feat.hiroko from mihimaru GT) - - Round About
2007年11月14日 手紙。。 - -
2009年3月4日 Another Heart Calls
The All-American Rejects feat.hiroko from mihimaru GT)
- - When The World Comes Down
2010年3月3日 最後の言葉(ET-KING feat.h) - - シングルコレクション!
2010年12月8日 Clever Lady(AILIthanx to hiroko) - - Future
"—"はチャート圏外かチャート対象外を意味する。

アルバム

# 発売日 情報 最高順位 認定
オリコン[13] ビルボード
1st 2011年5月18日 OPEN THE DOOR 5 7

ミュージック・ビデオ

ビデオ 監督
2011年 GIRLZ UP〜stand up for yourself〜 UGICHIN[14]
最後の恋 大喜多正毅[15]
I loved you(WISE feat.HIROKO) 園田俊郎[16]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年10月26日放送の大沢あかねのハイジャンプ・レディオ!にhirokoが出演し語った。
  2. ^ a b 2008年10月26日放送の『大沢あかねのハイジャンプ・レディオ!』にhirokoが出演して語った。
  3. ^ mihimaru GT 活動休止についてのお知らせ”. mihimaru GT official website. エイベックス・マーケティング (2013年3月20日). 2014年8月25日閲覧。
  4. ^ a b 祝10“執念”! mihimaru GT休止前ラスト公演でmiyake男泣き” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2013年9月23日). 2016年2月9日閲覧。
  5. ^ mihimaru GT・Hirokoが結婚&出産を発表”. ORICON STYLE (2014年12月24日). 2015年1月19日閲覧。
  6. ^ a b PROFILE”. mihimaru GT BIOGRAPHY. ミヒマルGT旧オフィシャルサイト. 2005年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  7. ^ 第44回『mihimaru GTのラジマルGT』
  8. ^ 2008年10月26日放送の大沢あかねのハイジャンプ・レディオ!にhirokoが出演し語った。
  9. ^ 第111回『mihimaru GTのラジマルGT』
  10. ^ 同時に参加したmiyakeの絵は好評だった。
  11. ^ “ミヒマルがドラマに続き映画版『猿ロック』主題歌担当”. オリコン. (2009年12月19日). http://www.oricon.co.jp/news/music/71767/full/ 2009年12月20日閲覧。 
  12. ^ a b hirokoのCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年5月7日閲覧。
  13. ^ hirokoのCDアルバムランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年3月31日閲覧。
  14. ^ GIRLZ UP〜stand up for yourself〜” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2011年1月). 2011年5月13日閲覧。
  15. ^ 最後の恋” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2011年3月). 2011年5月13日閲覧。
  16. ^ I loved you feat.HIROKO” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2011年4月). 2011年5月13日閲覧。

外部リンク