ブラック・アイド・ピーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラック・アイド・ピーズ
Les Black Eyed Peas en concert au VIP Room Paris 3.jpg
ブラック・アイド・ピーズ、2009年6月25日、パリにて
左からウィル、ファーギー、タブー、アップル
基本情報
別名 BEP
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ヒップホップトランスダンス
活動期間 1995年 - 現在
レーベル インタースコープA&Mレコード
共同作業者 ジャスティン・ティンバーレイクセルジオ・メンデスプッシーキャット・ドールズメイシー・グレイ
メンバー ウィル・アイ・アム(1995年 - 現在)
アップル・デ・アップ(1995年 - 現在)
タブー(1995年 - 現在)
ファーギー(2003年 - 現在)
旧メンバー キム・ヒル(1995年 - 2000年)
左からウィル・アイ・アム、アップル・デ・アップ、タブー(2001年)

ブラック・アイド・ピーズThe Black Eyed Peas)は、アメリカ合衆国ヒップホップミクスチャーグループ。これまでにグラミー賞を6度受賞している。日本でのキャッチフレーズは「猿でも分かる〇〇」[1]。2009年のシングル「ブン・ブン・パウ」は、Billboard Hot 100で12週連続1位を獲得した。また、「アイ・ガッタ・フィーリング」(14週連続1位)と合わせて26週連続1位(2009年4月18日付〜10月10日付)となり、Billboard Hot 100の新記録を達成した[2]

メンバー[編集]

経歴[編集]

アップル・デ・アップとファーギー
ツイーターセンターでパフォーマンスをするBEP(2006年)

1988年、同じ学校に通っていたウィルとアップルが出会い、ブレイクダンスグループのトライバル・ネイション(Tribal Nation)に入る。

1989年、ウィルとアップルは、トライバル・ネイションを脱退し、ヒップホップグループのアトバン・クラン(Atban Klann)を結成する。

1992年イージー・E(Eazy-E)が社長だったことで有名な、Ruthless Recordと契約。『Grass Roots』をリリース。

1995年のイージー死去を機に、彼らはRuthless Recordを離れる。この頃に、ダンサーのタブーが加入し、ブラック・アイド・ピーズ(以下BEP)にグループ名を改める。ロサンゼルスを中心にライブ活動を始め、評判が広まっていった。

1997年に、BEPのパフォーマンスは多くのレコード会社の間で話題となり、契約合戦となった。最終的にインタースコープ(Interscope)と契約。

1998年6月、ファースト・アルバム『ビハインド・ザ・フロント(Behind the Front)』をリリース。また、この頃にファーギーがロサンゼルスでのBEPのライブを観てファンになる。

2000年9月、セカンド・アルバム『ブリッジング・ザ・ギャップ(Bridging the Gap)』をリリース。同年、Shibuya O-EASTでのイベントのため。初来日した。

2001年に、ウィルが初のソロ・アルバム『ロスト・チェンジ(Lost Change)』をリリース(日本盤なし)。

2003年4月頃、ファーギーが加入。6月に、3作目のアルバム『エレファンク(Elephunk)』をリリースし、ファースト・シングル「ホエア・イズ・ザ・ラヴ?(Where Is The Love)」が大ヒットした。11月には、iPodCM曲に「ヘイ・ママ(Hey Mama)」が起用されてヒット。人気を確立する。

2004年9月、DVD『ビハインド・ザ・ブリッジ・トゥ・エレファンク(Behind The Bridge To Elephunk)』をリリース。

2005年6月、4作目のアルバム『モンキー・ビジネス(Monkey Business)』をリリース。年間アルバムトップセールスで5位を獲得した。

2006年5月、リミックス・アルバム「リネゴシエイションズ:ザ・リミキシーズ(Renegotiations:The Remixes)」リリース。7月に来日し、大阪城ホール日本武道館での公演を果たす。7月17日放送の「SMAP×SMAP」に出演[5]、「ロンドン・ブリッジ」と「パンプ・イット」を披露した。

2009年6月、5作目のアルバム『ジ・エンド(ジ・エナジー・ネヴァー・ダイズ)』をリリース。4月にリリースされた先行シングル『ブン・ブン・パウ』が、初のBillboard Hot 100で1位を獲得。

2010年、『サムデイ(SOMEDAY)』が映画『ナイト&デイ』の主題歌に起用された。

2011年2月6日、NFL(アメリカンフットボール)・第45回スーパーボウルのハーフタイムショーに出演。

2011年11月、無期限の活動休止を発表した[6]

2015年1月、2015年に結成20周年を迎えることを記念して再結成することをウィル・アイ・アムがメトロ紙にコメント。新作のレコーディングに向けてスタジオ入りを始めており、結成20周年記念ツアーも計画している[7]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[8]
AUS
[9]
AUT
[10]
CAN
[8]
FRA
[11]
GER
[12]
NL
[13]
NZ
[14]
SWI
[15]
UK
[16]
1998 Behind the Front 129 149
2000 Bridging the Gap
  • 発売日: 2000年9月26日
  • レーベル: Interscope
  • フォーマット: CD, LP, cassette
67 37 82 18 112
2003 Elephunk
  • 発売日: 2003年6月24日
  • レーベル: A&M
  • フォーマット: CD, LP, degital download
  • 全米売上: 320.4万枚[17]
14 1 3 2 2 6 5 2 1 3
2005 Monkey Business
  • 発売日: 2005年5月27日
  • レーベル: A&M
  • フォーマット: CD, LP, degital download
  • 全米売上: 427.2万枚[17]
2 1 2 1 1 1 3 1 1 4
  • US: 4× プラチナ[18]
  • AUS: 6× プラチナ[28]
  • AUT: ゴールド[20]
  • CAN: 6× プラチナ[29]
  • FRA: 2× ゴールド[30]
  • GER: プラチナ[23]
  • IFPI: 2× プラチナ[31]
  • IRL: プラチナ[32]
  • SWI: 2× プラチナ[26]
  • UK: 3× プラチナ[27]
2009 The E.N.D.
  • 発売日: 2009年6月3日
  • レーベル: Interscope
  • フォーマット: CD, LP, degital download
  • 全米売上: 320万枚[33]
1 1 5 1 1 2 8 1 2 3
  • US: 3× プラチナ[18]
  • AUS: 4× プラチナ[34]
  • CAN: 5× プラチナ[35]
  • FRA: ダイアモンド[36]
  • GER: 2× プラチナ[23]
  • IFPI: 3× プラチナ[37]
  • IRL: 4× プラチナ[38]
  • NZ: 2× プラチナ[39]
  • SWI: 2× プラチナ[26]
  • UK: 5× プラチナ[27]
2010 The Beginning
  • 発売日: 2010年11月26日
  • レーベル: Interscope
  • フォーマット: CD, LP, degital download
  • 全米売上: 80万枚
6 6 7 2 1 2 34 12 3 8
  • US: ゴールド[18]
  • AUS: プラチナ[40]
  • AUT: ゴールド[20]
  • FRA: ダイアモンド[41]
  • GER: ゴールド[23]
  • IFPI: プラチナ[42]
  • NZ: ゴールド[39]
  • SWI: プラチナ[26]
  • UK: プラチナ[27]
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

リミックス・アルバム[編集]

  • リネゴシエイションズ - Renegotiations:The Remixes (2006年)

日本公演[編集]

2月11日 恵比寿ザ・ガーデンホール
7月24日 横浜国際総合競技場、25日 大阪ドーム
9月16日 STUDIO COAST
7月11日 大阪城ホール、13日,14日 日本武道館
8月11日,12日 千葉幕張メッセ、大阪舞洲サマーソニック特設会場
9月15日 浜松アリーナ、18日 日本ガイシホール、19日 幕張メッセ、21日 大阪城ホール、22日 ワールド記念ホール、23日 さいたまスーパーアリーナ
23日の最終公演ではSMAP香取慎吾草彅剛が少しだけ参加している。

グラミー賞受賞歴[編集]

部門 曲 / アルバム / ビデオ 結果
年間最優秀レコード賞 "Where is the Love?" 2004 ノミネート
最優秀ラップ・コラボレーション賞 ノミネート
Record of the Year "Let's Get It Started" 2005 ノミネート
Best Rap Performance by a Duo or Group 受賞
最優秀ラップ・ソング賞 ノミネート
Best Rap Performance by a Duo or Group "Don't Phunk with My Heart" 2006 受賞
Best Rap Song ノミネート
最優秀ポップ・デュオ/グループ賞 "Don't Lie" ノミネート
最優秀ポップ・ヴォーカル・コラボレーション "Gone Going" ノミネート
Best Pop Performance by a Duo or Group "My Humps" 2007 受賞
Album of the Year "The E.N.D." 2010 ノミネート
Best Pop Vocal Album 受賞
Record of the Year "I Gotta Feeling" ノミネート
Best Pop Performance by a Duo or Group 受賞
Best Dance Recording "Boom Boom Pow" ノミネート
Best Short Form Music Video 受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アルバム「エレファンク」及びファーギーのソロアルバムで用いられたフレーズ。
  2. ^ Hot 100発足以前を含めると、1940年グレン・ミラービルボードのジュークボックス・チャートにおいて26週連続1位を達成しており、ブラック・アイド・ピーズはタイ記録となる。
  3. ^ 芸名はすべて小文字で「will.i.am」が正しい表記。
  4. ^ ウィル同様、アップルも芸名はすべて小文字表記。
  5. ^ 同番組には、これを含め現時点で3度出演しており、2007年9月17日放送分の番組トークにてSMAPへ「クチ・クサイ・ソング」を提供すると伝えたが、中居正広からやんわり断られた。ウィル曰く「50セントバスタ・ライムスなども欲しがった」というその曲は、2008年に日本限定で発表された、ウィルの客演ベスト・アルバムに収録された(もちろん、SMAPは歌っていない)。その後、「クチ・クサイ・ソング」の代わりかどうかは分からないが、ウィルはSMAPのアルバム「2008年のアルバム」に、アルバムのテーマ曲「Theme of 019」と香取慎吾のソロ「Here is your hit」を提供し、2009年6月22日放送分で3度目の出演をした際には、一緒に「Theme of 019」と自身のアルバム『The E.N.D』より「GOTTA FEELING」を披露した。
  6. ^ MTVjapan 2011-11-29付
  7. ^ Métro 2015-1-5付
  8. ^ a b The Black Eyed Peas: Charts & Awards: Billboard Albums”. allmusic. Macrovision. 2011年3月9日閲覧。
  9. ^ The Black Eyed Peas: Discography Singles”. australian-charts.com. Hung Medien. 2010年12月13日閲覧。
  10. ^ The Black Eyed Peas: Discographie Singles” (German). austriancharts.at. Hung Medien. 2011年4月13日閲覧。
  11. ^ The Black Eyed Peas: Discographie Singles” (French). lescharts.com. Hung Medien. 2010年12月13日閲覧。
  12. ^ Chartverfolgung / Black Eyed Peas / Longplay” (German). Musicline.de. PhonoNet. 2010年12月13日閲覧。
  13. ^ The Black Eyed Peas: Discographie Singles” (Dutch). dutchcharts.nl. Hung Medien / hitparade.ch.. 2010年12月13日閲覧。
  14. ^ The Black Eyed Peas: Discography Singles”. charts.org.nz. Hung Medien. 2011年4月13日閲覧。
  15. ^ The Black Eyed Peas: Discographie Singles” (German). hitparade.ch. Hung Medien. 2011年4月12日閲覧。
  16. ^ The Black Eyed Peas”. Chart Stats. 2013年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月29日閲覧。
  17. ^ a b Grein, Paul (2011年3月9日). “Week Ending March 6, 2011: Albums: Across The Pond”. Chart Watch. Yahoo! Music. 2011年3月9日閲覧。
  18. ^ a b c d Gold & Platinum: Search Results”. Recording Industry Association of America. 2010年12月13日閲覧。
  19. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2004 Albums”. Australian Recording Industry Association (2004年). 2010年12月13日閲覧。
  20. ^ a b c Gold & Platin" (in German).”. IFPI Austria. 2011年2月20日閲覧。
  21. ^ Gold & Platinum Certification - December 2005”. Canadian Recording Industry Association (2005年12月). 2010年12月13日閲覧。
  22. ^ Certifications Albums Platine - année 2004” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique (2004年). 2010年12月13日閲覧。
  23. ^ a b c d Gold-/Platin-Datenbank (Black Eyed Peas)”. Bundesverband Musikindustrie. Febrary 4, 2011閲覧。
  24. ^ IFPI Platinum Europe Awards - 2005”. International Federation of the Phonographic Industry. 2013年1月3日閲覧。
  25. ^ 2005 Certification Awards – Multi Platinum”. Irish Recorded Music Association (2005年). 2010年12月14日閲覧。
  26. ^ a b c d Search for: Black Eyed Peas”. swisscharts.com. Hung Medien. Retrieved. 2011年4月30日閲覧。
  27. ^ a b c d Certified Awards Search (To access, user must enter the parameter "Black Eyed Peas" into the Search field with "Search by" set to Keyword)”. British Phonographic Industry. 2010年12月13日閲覧。
  28. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2007 Albums”. Australian Recording Industry Association (2007年12月31日). 2010年12月13日閲覧。
  29. ^ Gold & Platinum Certification - March 2006”. Canadian Recording Industry Association (2006年3月). 2010年12月13日閲覧。
  30. ^ Certifications Albums Double Or - année 2005” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique (2005年). 2010年12月13日閲覧。
  31. ^ IFPI Platinum Europe Awards - 2006”. International Federation of the Phonographic Industry. 2013年1月3日閲覧。
  32. ^ 2006 Certification Awards – Platinum”. Irish Recorded Music Association (2006年). 2010年12月14日閲覧。
  33. ^ Lipshutz, Jason (2014年9月15日). “Fergie's 'The Dutchess' Turns Eight: An Appreciation”. Billboard. Prometheus Global Media. 2014年9月15日閲覧。
  34. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2009 Albums”. Australian Recording Industry Association (2009年12月31日). 2010年12月13日閲覧。
  35. ^ Gold & Platinum Certification - July 2010”. Canadian Recording Industry Association (2010年7月). 2010年12月13日閲覧。
  36. ^ Certifications Albums Diamant - année 2010” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique (2010年). 2011年4月1日閲覧。
  37. ^ IFPI Platinum Europe Awards - 2010”. International Federation of the Phonographic Industry. 2013年1月3日閲覧。
  38. ^ 2009 Certification Awards – Multi Platinum”. Irish Recorded Music Association (2009年). 2010年12月14日閲覧。
  39. ^ a b Latest Gold / Platinum Albums”. RadioScope. 2011年1月5日閲覧。
  40. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2010 Albums”. Australian Recording Industry Association (2010年12月31日). 2011年1月19日閲覧。
  41. ^ Certifications Albums Diamond - année 2011” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique (2011年). 2012年3月3日閲覧。
  42. ^ IFPI Platinum Europe Awards - 2011”. International Federation of the Phonographic Industry. 2013年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]