GIRLZ UP〜stand up for yourself〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GIRLZ UP〜stand up for yourself〜
HIROKOシングル
A面 GIRLZ UP〜stand up for yourself〜
B面 Baby
Clever Lady -Cruise around the Moon ver.-
リリース
規格 CD、デジタル・ダウンロード
ジャンル ダンスエレクトロ
レーベル UNIVERSAL J
作詞・作曲 HIROKO、H.U.Bパム・シェインルネ・ウエストベルグSiZK from ★STAR, GUiTARAILI
チャート最高順位
HIROKO シングル 年表
GIRLZ UP〜stand up for yourself〜
(2011年)
最後の恋
(2011年)
テンプレートを表示

GIRLZ UP〜stand up for yourself〜』(ガルズ・アップ〜スタンド・フォー・ヨーセルフ〜)は、日本ポップ歌手HIROKOの楽曲である。彼女のソロデビューシングルとして、2011年1月19日ユニバーサルミュージックから発売された。音楽的にはロックの要素を含むダンスミュージックと指摘される。

本作は批評家から肯定的評価を受けた。複数の批評家は「ガールズパワーのある曲」と批評し、ある批評家はケシャケイティ・ペリーを彷彿とさせると批評している。また、大衆的にもある程度の成功を収めた。オリコンチャートでは最高20位、ビルボードJapan Hot 100を含む2つのシングルチャートで10位内に入った。ミュージックビデオの監督は、UGICHINが務めた[1]

批評[編集]

『hotexpress』の菅野雄貴は、「エネルギッシュなダンスビートが展開するクラブサウンドに、ロック要素をプレンドしたガールズパワーソング」と批評。"キュート&元気な女の子"というイメージの強かった彼女が、大人女性へと変貌を遂げた1曲だとコメントした[2]。『WHAT's IN?』の川崎直子は、「ロックなダンス・ビートを下敷きにしたクールなサウンドがかっこよく、仕事も頑張る女子パワーをちょっとも入れてHIROKO流に表現。大人への脱皮を感じさせる。」と批評した[3]。『エキサイトミュージック』は、「ケシャケイティ・ペリーを彷彿とさせるエレクトロ・ロック・ダンスビートなガールズパワーソング」と批評した[4]

チャート成績[編集]

2011年1月18日付けの日本レコード協会によるダウンロードチャートRIAJ有料音楽配信チャートで初登場85位[5]。同年1月24日付けのビルボードJapan Hot 100で初登場37位。翌週1月31日付けで最高9位を記録した[6]。同年1月24日付けの同Hot Top Airplayで初登場26位、1月31日付けで最高5位。1月31日付けのHot Singles Salesで初登場及び最高27位。1月24日付けのAdult Contemporary Airplayで同じく36位。同年1月31日付けのオリコン週間ランキングで初登場及び最高20位[7]

ミュージックビデオ[編集]

監督はUGICHINが務めた[1]

批評[編集]

『hotexpress』の菅野雄貴は、「ミヒマルでは見せなかった挑発的な表情が詰まっており、特にセクシーな衣装で繰り広げられる際どいダンスシーンは思わず息を飲んでしまう程に美しいものである。」と批評した[2]。『エキサイトミュージック』は、「レディー・ガガばりの挑発的なダンスにも挑戦し、今までmihimaruの活動では見られなかったHIROKOが目撃できる。」とコメントした[4]

プロモーション[編集]

「GIRLZ UP〜stand up for yourself〜」は、日本テレビ音楽番組ハッピーMusic』の2011年1月度エンディングテーマ、同局『音龍門』のBaby Dragon's Gateに起用された。

収録曲[編集]

CD[編集]

CD
#タイトル作詞・作曲時間
1.「GIRLZ UP〜stand up for yourself〜」HIROKO、H.U.B、パム・シェインルネ・ウエストベルグ
2.「Baby」HIROKO、SiZK from ★STAR, GUiTAR
3.「Clever Lady -Cruise around the Moon ver.-」AILI
4.「GIRLZ UP〜stand up for yourself〜」(Instrumental)HIROKO
5.「Baby」(Instrumental)HIROKO
合計時間:
初会盤DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「GIRLZ UP〜stand up for yourself〜」(Video Clip)  UGICHIN
2.「Making」   

チャート[編集]

チャート(2011年) 最高
順位
RIAJ有料音楽配信チャート[5] 85
オリコン週間[7] 20
Billboard Japan Hot 100 9
Billboard JAPAN Hot Top Airplay 5
Billboard JAPAN Hot Singles Sales 27
Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay 36

売上と認定[編集]

チャート 売上
オリコン フィジカル 4,105[7]

発売日一覧[編集]

地域 リリース日 規格
日本 2011年1月5日 (2011-01-05) 着信音
2011年1月12日 (2011-01-12) 携帯電話端末向けフル配信
2011年1月19日 (2011-01-19) CD

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b GIRLZ UP〜stand up for yourself〜” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2011年). 2011年2月7日閲覧。
  2. ^ a b 菅野雄貴 (2011年). “GIRLZ UP〜stand up for yourself〜” (日本語). レビュー. hotexpress. 2011年2月7日閲覧。
  3. ^ 川崎直子 (2011年). “GIRLZ UP〜stand up for yourself〜” (日本語). WHAT's IN?. ソニー・マガジンズ. 2011年2月7日閲覧。
  4. ^ a b 働く女性へ、頑張る女性へ、全てのGIRLZへ” (日本語). エキサイトミュージック (2011年1月19日). 2011年2月7日閲覧。
  5. ^ a b レコード協会調べ 2011年1月12日〜2011年1月18日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>” (日本語). RIAJ有料音楽配信チャート. 日本レコード協会 (2011年1月18日). 2011年2月7日閲覧。
  6. ^ Billboard JAPANチャート” (日本語). HOLK. ANAP (2011年1月31日). 2011年2月7日閲覧。
  7. ^ a b c 2011年1月第5週の邦楽シングルランキング情報” (日本語). オリコン (2011年1月31日). 2011年2月7日閲覧。