愛 am BEST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛 am BEST
大塚愛ベストアルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
プロデュース 大塚愛
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年4月度月間1位(オリコン)
  • 2007年度年間6位(オリコン)
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会
  • 大塚愛 年表
    LOVE COOK
    2005年
    愛 am BEST
    (2007年)
    LOVE PiECE
    (2007年)
    テンプレートを表示

    愛 am BEST』(あい・アム・ベスト)は、大塚愛自身初のベストアルバム2007年3月28日avex traxよりリリースされた。なお、正式な表記では「愛」の字が○で囲まれている(本人直筆のサインである)。

    概要[編集]

    • 初回限定盤はDVD付きの、ブリスターケース仕様になっており、同梱特典として愛はんこがついている。DVDの内容はビデオクリップ集で、収録曲・曲順はCDと同じ。「LOVE MUSiC」は本作品のために撮り下ろした作品。さらにCDでの隠しトラック「BABASHIのテーマ」の隠し映像もあり(ロケ地は富士山富士急ハイランドFUJIYAMA)。隠し映像を見る方法は公式ページ参照。
    • また、大塚愛公式モバイルファンクラブ「LOVE9CUBE」限定仕様のパッケージが発売された(こちらも「CD+DVD」仕様)。この限定盤は、ブリスターケースの色がでなくピンクになっている。また、缶バッジの配色が異なっている。
    • 同年9月26日に「CDのみ」のバージョンが発売された(4thアルバム「LOVE PiECE」と同時発売)。なお、「CDのみ」盤は同年10月31日生産分まで特別価格で発売された。
    • 総出荷枚数が100万枚を超えたため、「100万枚突破!」という金色のシールが貼られている[1]
    • オリコン月間アルバムチャートで初の1位を獲得。
    • 収録曲は2003年から2005年までのシングル曲が中心であり、2006年以降に発表された楽曲は選考対象とはなっていない。この選曲は「基盤」の時期までということで、これについては大塚本人が「2005年まではまだゼロだった。本当のスタートは2006年から」[2]「昔(2005年末までに)出したシングルは右左が極端な色を持っていて、じゃあ真ん中は?というのがフレンジャー(2006年)以降」[2]と語っている。
    • このアルバムに収録されている曲は、「ビー玉」以外はほとんどデビュー前に作られたものである。最も古くは「Cherish」が16歳の高校時代のとき、新しくは「甘えんぼ」や「大好きだよ。」が19歳の短大時代に作られている[3]

    収録曲[編集]

    作詞作曲編曲:愛・Ikoman
    斜体文字は今回初めてコピーコントロールから外れた楽曲。

    1. 桃ノ花ビラ
      1stシングル。
    2. さくらんぼ
      2ndシングル。
    3. 甘えんぼ
      3rdシングル。
    4. Happy Days
      4thシングル。
    5. 金魚花火
      5thシングル。
    6. 大好きだよ。
      6thシングル。
    7. 黒毛和牛上塩タン焼680円
      7thシングル。アルバム初収録。
    8. Cherish
      NANAトリビュートアルバムLOVE for NANA 〜Only 1 Tribute〜」収録曲。後に発売された3rdアルバム『LOVE COOK』にも収録された。
    9. SMILY
      8thシングル。
    10. ビー玉
      8thシングル。
    11. ネコに風船
      9thシングル。
    12. プラネタリウム
      10thシングル。
    13. LOVE MUSiC
      3rdアルバム『LOVE COOK』収録曲。
    • 隠しトラック
    1. BABASHIのテーマ
      14トラック〜98トラックの5秒ずつの無音状態を挟み、収録されている。
      デビュー3周年を記念して2006年9月9日より「LOVE9CUBE」より配信された楽曲で、本作で初CD化。

    脚注[編集]

    1. ^ ただし日本レコード協会からのミリオン認定は受けていない
    2. ^ a b 音楽雑誌「WHAT's IN?」、2007年7月号インタビューより
    3. ^ oricon style」、2007年4月9日号インタビューより