さざなみCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さざなみCD
スピッツスタジオ・アルバム
リリース
録音 2006年3月 - 2007年6月
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース スピッツ&亀田誠治
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年度年間52位(オリコン)
  • 登場回数15回(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • スピッツ 年表
    CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

    CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
    2006年
    さざなみCD
    (2007年)
    とげまる
    2010年
    『さざなみCD』収録のシングル
    1. 魔法のコトバ
      リリース: 2006年7月12日
    2. ルキンフォー
      リリース: 2007年4月18日
    3. 群青
      リリース: 2007年8月1日
    テンプレートを表示

    さざなみCD』(さざなみシーディー)は、日本ロックバンドスピッツの通算12作目のオリジナルアルバム2007年10月10日ユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ。初回盤のみスリップ・ケース仕様。

    概要[編集]

    • 前作『スーベニア』から2年9か月振りとなるオリジナルアルバム。
    • 『スーベニア』の全13曲のレコーディング期間は約3ヶ月間と集中的だったのに対し、本作では1年以上前から4回に分けてレコーディングされた。
    • 収録シングル「魔法のコトバ」「ルキンフォー」「群青」のジャケットイラストを手がけた福田利之が、本作でもイラストを担当した。カバーモデルは早川みどり。
    • エンジニアは前作に引き続き高山徹だが、「僕のギター」「魔法のコトバ」の2曲と「群青」のミキシングは牧野英司が担当した。マスタリングはスティーヴン・マーカッセン。
    • 当初、アルバム名は『夕焼け』の予定だったが、「夕焼け」という曲は33rdシングル「群青」のカップリングに収まり、アルバムに収録されないこととなった。しかし、アルバム名は大和言葉にしたかったため、収録曲の「漣」から『さざなみ』へ、それだけだとインパクトが弱かったため、CDをつけて『さざなみCD』となった。10thアルバム『三日月ロック』の時も同様の由来がある。
    • 前作から引き続き、オリコンアルバムチャート1位を獲得。オリジナルアルバムとしては、『三日月ロック』以降3作連続の1位獲得となる。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ & 亀田誠治、弦編曲:亀田誠治 (#9,12)

    1. 僕のギター (3:18)
      草野曰く、「雨の中のストリートシンガーのイメージの曲」。
    2. (3:56)
    3. 群青 (4:20)
      33rdシングル。アルバムの中では初期に録音されたもの。バッキングボーカルスキマスイッチ大橋卓弥と女性シンガーソングライター植村花菜が参加している。
    4. Na・de・Na・de ボーイ (4:01)
      韻を意識した早口でリズミカルなAメロが特徴。歌詞中に韓国語の「アラッソ」(「OK!」「わかったよ」という意味で、日常会話でよく用いられる口語)が使用されている。
      さわって・変わって」の天神駅同様、「明大前」という固有名詞が入る。
    5. ルキンフォー (4:32)
      32ndシングル。
    6. 不思議 (4:49)
      ディスコ調の曲。田村曰く、「こういう曲をレコーディングできるようになったのは最近になってから」とのこと。
      2013年に石田祐康監督の短編アニメーション映画『陽なたのアオシグレ』の主題歌に起用された。
    7. 点と点 (3:09)
      同年2月から4月にかけて行なわれたファンクラブ会員限定ツアー「GO!GO! スカンジナビア vol.4」ですでに披露されていた曲。仮タイトルは「薄化粧」。
    8. P (4:19)
      こちらも「GO!GO! スカンジナビア vol.4」で披露されていた曲。ローズ・ピアノによる演奏が基調となっている。
    9. 魔法のコトバ (4:03)
      31stシングル。映画『ハチミツとクローバー』の主題歌として書き下ろされた。
    10. トビウオ (3:37)
      歌詞中に「波照間から稚内へ」と、固有名詞が使われている。
    11. ネズミの進化 (3:47)
      「GO!GO! スカンジナビア vol.4」で披露されていた曲。
    12. (4:47)
      タイトルチューン。草野曰く、「昔からアイディアとしてあったものが、形になった」。仮タイトルは「鳥以外」。
    13. 砂漠の花 (3:36)

    アナログ盤『さざなみLP』[編集]

    • 「シャララ」「ラグカキ王国」「夕焼け」(シングル「魔法のコトバ」「ルキンフォー」「群青」それぞれのカップリング曲)の3曲を追加収録した2枚組アナログ盤『さざなみLP』が同年12月26日にリリースされた。
    • 羽海野チカ(『ハチミツとクローバー』の作者)による書き下ろしイラストを封入。

    A Side

    1. 砂漠の花
    2. 不思議
    3. 点と点
    4. P

    B Side

    1. ラクガキ王国
    2. 魔法のコトバ
    3. トビウオ

    C Side

    1. 夕焼け
    2. 群青
    3. シャララ

    D Side

    1. 僕のギター
    2. ネズミの進化
    3. Na・de・Na・deボーイ
    4. ルキンフォー