小さな生き物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小さな生き物
スピッツスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ポップ
ロック
レーベル ユニバーサルJ
プロデュース スピッツ&亀田誠治
(8、10、14:スピッツ)
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン[1]
  • 2013年9月度月間4位(オリコン)[2]
  • 2013年10月度月間28位(オリコン)[3]
  • 2013年度年間48位(オリコン)[4]
  • 登場回数28回(オリコン)[5]
  • 1位Billboard JAPAN Top Albums[6]
  • 2013年度年間48位(Billboard JAPAN Top Albums)[7]
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD日本レコード協会[8]
  • スピッツ アルバム 年表
    おるたな
    2012年
    小さな生き物
    (2013年)
    醒めない
    2016年
    『小さな生き物』収録のシングル
    1. さらさら/僕はきっと旅に出る
      リリース: 2013年5月15日
    ミュージックビデオ
    スピッツ / 小さな生き物
    テンプレートを表示

    小さな生き物』(ちいさないきもの)は、日本ロックバンドスピッツの通算14作目のオリジナルアルバム2013年9月11日ユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ

    概要[編集]

    • 前作『とげまる』から約3年振りとなるオリジナルアルバム。
    • 本作はスピッツのオリジナルアルバムとしては史上初の複数形態となっており、「デラックスエディション 完全数量限定生産盤(以下デラックスエディション盤)」「期間限定盤」「通常盤」の3形態で発売。
      • デラックスエディション盤・期間限定盤はSHM-CD、通常盤はCD仕様になっている。
      • デラックスエディション盤にはボーナストラックが収録される他、ミュージックビデオと撮り下ろしのライブ映像をそれぞれ収録した2枚のBlu-rayもしくはDVDが付き、さらにパッケージもオリジナルの仕様となっている。また、アルバムタイトルにちなみ、スピッツオリジナルの拡大鏡が付属されている。
      • 期間限定盤には、通常盤のCDに加えミュージックビデオ収録のBlu-rayもしくはDVDが付属する。またパッケージはスリーブケース仕様となっている。
      • このような形態で発売することになった理由としてメンバーの田村明浩は、「次のアルバムをリリースするときに、CDがあるのかわからない時代になっている。なら残せるものは残しておこうと思った」と語っている。しかしながら、複数買わないと内容をコンプリートできないようなものにはしたくなかったという[9]
    • カバーモデルは小林亮太。『空の飛び方』以来アルバムのカバーモデルには女性を起用してきたスピッツだが、今作では『Crispy!』以来の男性を起用。なお小林亮太は「小さな生き物」のPVにも出演している。
    • 2013年9月23日付オリコンアルバムチャートで初週7.7万枚を売り上げ、『さざなみCD』(2007年)以来5年11か月ぶり・通算10作目となる初登場首位を獲得した[10]。また、これで90年代・2000年代・2010年代と、三つの世代で首位獲得を果たした。

    収録曲[編集]

    1. 未来コオロギ (4:13)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • 当初はこれがアルバムタイトルの予定だったという。
    2. 小さな生き物 (3:23)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • 表題曲。「センチュリー21」ブランドCMソング。PVが作られており、DISC2に収録されている。
    3. りありてぃ (3:33)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
    4. ランプ (4:03)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
    5. オパビニア (3:04)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • オパビニアとは、古生代カンブリア紀に生息していた生物の名前である。
    6. さらさら (4:14)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • 38枚目のシングル曲(「僕はきっと旅に出る」との両A面)。DISC2にPVが収録されている。
    7. 野生のポルカ (3:34)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • PVが作られており、DISC2に収録されている。最後のコーラスはメンバーと亀田、さらにフラワーカンパニーズのメンバーが参加している。
      • 歌詞に登場する「武蔵野の空」の部分は、ライブでは会場に合わせて地名が変更される。
    8. scat (2:52)
      編曲:スピッツ
      • 7拍子から始まる曲で、タイトルの通り、ボーカルは全編スキャットで構成されている。事実上のインストゥルメンタル楽曲であり、アルバムに収録されたものとしては『ハヤブサ』収録の「宇宙虫」以来13年ぶりとなり、草野作のインストは初めて。
    9. エンドロールには早すぎる (4:09)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • ディスコ調の曲で、ギター以外のサウンドは打ち込みで作られている。
    10. 遠吠えシャッフル (2:57)
      編曲:スピッツ
    11. スワン (3:25)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
    12. 潮騒ちゃん (3:29)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • 歌詞中に、草野の地元である福岡県の方言、博多弁が使用されている。
    13. 僕はきっと旅に出る (4:45)
      編曲:スピッツ & 亀田誠治
      • 38枚目のシングル曲(「さらさら」との両A面)。
    14. エスペランサ (Bonus Track) (3:29)
      編曲:スピッツ
      • デラックスエディッション盤のみ収録曲。
      • 「エスペランサ」とはスペイン語で希望の意味を持つ。

    デラックスエディション盤・期間限定盤Blu-ray、DVD[編集]

    PV集。3曲とも監督は北山大介

    1. さらさら
    2. 野生のポルカ
    3. 小さな生き物

    デラックスエディション盤Blu-ray、DVD[編集]

    -撮り下ろしスペシャルライヴ at 横浜BLITZ-

    1. 運命の人
    2. あかさたな
      • 未発表曲。『見っけ』のデラックスエディションSpitzbergen会員限定盤にてライブテイクがCD化されている。
    3. さらさら
    4. りありてぃ
    5. 夕焼け
    6. 潮騒ちゃん
    7. エンドロールには早すぎる
    この他ライブ当日のメイキング映像も収録。

    アナログ盤[編集]

    • デラックスエディションに収録される「エスペランサ」を加えた14曲を収録。
    • 店頭販売の予定はなく、リリース後に行われるツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物“』の会場と、ユニバーサルミュージックのウェブサイトのみで販売される予定。
    SIDE-A
    1. 小さな生き物
    2. りありてぃ
    3. オパビニア
    4. 未来コオロギ
    SIDE-B
    1. さらさら
    2. ランプ
    3. 野生のポルカ
    4. scat
    5. エンドロールには早すぎる
    C Side
    1. 遠吠えシャッフル
    2. スワン
    3. 潮騒ちゃん
    4. 僕はきっと旅に出る
    D Side
    -Bonus Track-
    1. エスペランサ

    出典[編集]