アートポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アートポップ
レディー・ガガスタジオ・アルバム
リリース
録音 2011年 - 2013年
ジャンル ポップダンスエレクトロニカ
レーベル ストリームライン
インタースコープ
コン・ライヴ
プロデュース レディー・ガガ、Zedd
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 2013年11月度月間3位(オリコン)
  • 2013年度年間45位(オリコン)[3]
  • ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会[4]
  • 第28回日本ゴールドディスク大賞ベスト3アルバム[5]
  • レディー・ガガ 年表
    ボーン・ディス・ウェイ
    (2011年)
    アートポップ
    (2013年)
    『アートポップ』収録のシングル
    1. アプローズ
      リリース: 2013年8月12日
    2. ドゥ・ホワット・ユー・ウォント英語版
      リリース: 2013年10月21日
    テンプレートを表示

    アートポップ』 (英語: ARTPOP)は、2013年11月6日、世界に先駆け日本で初めにリリースされた、アメリカ合衆国ミュージシャンレディー・ガガの3枚目のスタジオ・アルバム。

    背景[編集]

    リードシングル「Applause」が当初の予定から1週間前倒して8月12日に発売された。それに合わせ、iTunes Storeではアートポップのアルバムとアプリケーション両方の予約が開始された。

    本作では、「"成熟度と責任の欠如(a lack of maturity and responsibility)"の実証」をテーマに置き、前作『ボーン・ディス・ウェイ』と対比させる。(『ボーン・ディス・ウェイ』の特長として、同性愛をテーマに含む「ボーン・ディス・ウェイ」、祖父の死からインスピレーションを受けた「ジ・エッジ・オブ・グローリー」、ガガの過去の恋愛の経験から手掛けた「ユー・アンド・アイ」、ミュージックビデオが自身の半自伝作品となった「マリー・ザ・ナイト」などに代表されるように、メッセージ性の強い曲が多く収録されていることが挙げられる。)

    楽曲「MANiCURE」では、英国のロックバンドホワイト・スネイクのギタリスト、ダグ・アルドリッチの演奏を聴くことができる[6]

    本作の盤面・ディスクトレーには、立命館大学文学部人文学科の教授である北岡明佳錯視を用いたデザインが採用された[7]

    本作品はCDおよびデジタルダウンロードの他に、スマートフォン用のアプリが無料で公開され、ファン同士のコミュニケーション機能が搭載された[8]。現在は取り下げられ、公式のアプリストアからはダウンロード不可となっている。

    ミュージックビデオ[編集]

    約12分の「G.U.Y.」のミュージックビデオは、なだらかな丘の中腹でスーツ姿の男たちが殴り合いをする場面で始まる。丘の上には大量のドル札が散らばり、茶色の翼を持つ、堕天使に扮したガガの体は矢で射抜かれている。バックでは「アートポップ」が流れている。金を取った男たちが去った後、1人になったガガは胸から矢を引き抜き、宮殿の前に来る。よろめくガガがドアへたどり着く前に倒れると、2人の門番がガガを抱え、中へと運び入れる。バックで「ヴィーナス」が流れ始める。プールに沈められ回復したガガは白い衣装を身につけている。同時にバックで「G.U.Y.」が流れ始める。マインクラフトを使い、マイケル・ジャクソンガンジーキリストが復活する。復活した彼らの血液を使ってクローン達(G.U.Y.)が作られる。場面が変わり、黒い車から降りた黒の服を纏ったガガ達がビルへと入り、ドル札の大砲を撃つ。社員がお金に群がるなか彼らは進み、会社の重役達の部屋の前に来る。彼らを殺し、G.U.Y.が代わりとなる。大勢のクローン達が城から出てくるところを映した後ビデオは終わり、「MANiCURE」をバックにクレジットが流れる。

    収録曲[編集]

    1. Chaos Angel
      (作詞・作曲:Lady Gaga, Mark Ronson)
    2. Reborn
      (作詞・作曲:Lady Gaga, Mark Ronson)
    3. Do You Know Me?
      (作詞・作曲:Lady Gaga, RedOne)
    4. Huntress Of Love
      (作詞・作曲:Lady Gaga, Fernando Garibay)
    5. I Am Who I Am
      (作詞・作曲:Lady Gaga, RedOne)
    6. Killing FME
      (作詞・作曲:Lady Gaga, BloodPop)
    7. Do What U Want feat. R. Kelly
      (作詞・作曲:Lady Gaga, Martin Bresso, Paul "DJ White Shadow" Blair, Kelly, William Grigahcine)
    8. ARTPOP
      (作詞・作曲:Dino Zisis, Lady Gaga, Nick Monson, Paul "DJ White Shadow" Blair)
    9. Swine
      (作詞・作曲:Dino Zisis, Lady Gaga, Nick Monson, Paul "DJ White Shadow" Blair)
    10. Donatella
      (作詞・作曲:Anton Zaslavski, Lady Gaga)
    11. Fashion!
      (作詞・作曲:David Guetta, Giorgio Tuinfort, Lady Gaga, Paul "DJ White Shadow" Blair, William Adams)
    12. Mary Jane Holland
      (作詞・作曲:Andrew Robertson, Benjamin Rice)
    13. Dope
      (作詞・作曲:Dino Zisis, Lady Gaga, Nick Monson, Paul "DJ White Shadow" Blair)
    14. Gypsy
      (作詞・作曲:Hugo Leclercq, Lady Gaga, Nadir Khayat, Paul "DJ White Shadow" Blair)
    15. Applause
      (作詞・作曲:Dino Zisis, Julien Arias, Lady Gaga, Martin Bresso, Nick Monson, Nicolas Mercier, Paul "DJ White Shadow" Blair, William Grigahcine)

    出典[編集]

    1. ^ ARTPOP”. Allmusic. 2013年11月20日閲覧。
    2. ^ アートポップ”. ORICON STYLE. 2015年3月28日閲覧。
    3. ^ オリコン年間 CDアルバムランキング 2013年度 41位~50位”. ORICON STYLE. 2015年3月28日閲覧。
    4. ^ ゴールド等認定作品一覧 2013年11月”. 日本レコード協会(RIAJ). 2013年12月10日閲覧。
    5. ^ 第28回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会(RIAJ). 2015年3月28日閲覧。
    6. ^ Lady Gagaのニュー・アルバム”. 2016年1月19日閲覧。 “Lady Gagaのニュー・アルバム「ARTPOP」の中の「MANiCURE」でDougがプレイしています。”
    7. ^ ガガ、ニューアルバム盤面に「錯視」研究の第一人者北岡明佳教授のアート作品を使用 - Musicman.net 2013年11月7日閲覧
    8. ^ [iPhone, iPad] ARTPOP: Gagaの新アルバムを無料アプリ化!カオスなGIFアニメも作れてスゴい。 | AppBank 11月26日閲覧

    外部リンク[編集]