ラヴゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴゲーム
レディー・ガガシングル
初出アルバム『ザ・フェイム
リリース
規格 シングルダウンロード販売
録音 2008年
ジャンル エレクトロ・ポップダンス・ポップ
時間
レーベル コンライブインタースコープ・レコードチェリーツリー
作詞・作曲 レディー・ガガ、レッドワン[1]
プロデュース レッドワン
レディー・ガガ シングル 年表
エイ、エイ (ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ)
(2009年)
ラヴゲーム
(2009年)
チリン
(2009年)
ミュージックビデオ
「ラヴゲーム」 - YouTube
テンプレートを表示

ラヴゲーム」(LoveGame)はアメリカ合衆国ポップ歌手レディー・ガガのデビュー・アルバム『ザ・フェイム』からの楽曲。トラックはレッドワンによって生産された。レッドワンはガガの世界的なヒットシングル『ジャスト・ダンス』『ポーカー・フェイス』にも関わっている。北アメリカヨーロッパではアルバムからの3枚目、オーストラリアニュージーランドスウェーデンでは4枚目のシングルとして発売された。イギリスでは『パパラッチ』の後の4枚目のシングルである。

歌は「覚えやすさがとても有難い曲」と評される。歌詞中にある『ディスコ・スティック』は男性器を指した婉曲表現であり、ナイトクラブでの知らない人との関係に影響を受けたとガガは説明している。音楽的に地下ニューヨーク・ディスコの雰囲気を持っていて、歌はアルバムの中心のテーマである「愛と名声」「性的関心」について述べている。「ラヴゲーム」はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダと他ヨーロッパ諸国でチャート入りした。

ミュージック・ビデオはニューヨーク地下、地下メトロ駅を通って、駐車場で踊っているガガが描写される。ビデオはその魅力、ファンとファッションを『ニューヨークライフスタイル』含むメディアに賛辞を送られた。ビデオが性的な内容を含んでいたためオーストラリアでは放送禁止に直面したことからPG時間枠という時間帯だけで放送された。ガガは「ラヴゲーム」では幾何学的な模様のついた短いスカートを履いて、片方の手にディスコ・スティックを持っている。ガガのライブツアーThe Fame Ball tourでも演奏された。

スタイルとインスピレーション[編集]

「ラヴゲーム」はレディー・ガガとレッドワンによって書かれた。音楽雑誌『ローリング・ストーン』のインタビューでガガは歌の意味とインスピレーションを説明した。特に「Let's have some fun this beat is sick / I wanna take a ride on your disco stick」の部分について詳しい説明を行った。

「それは陰茎の思慮深い比喩の1つである。私はナイトクラブにいた。私は誰かに対する熱をとても上げていた。そして「私は貴方の“ディスコ・スティック”に乗りたい」と私は彼らに言った。その翌日、私はスタジオにいた。そして、およそ4分でこの歌を書き上げた。私がライブをするとき、実際に棒を持っていて(それは巨大な氷砂糖のように見える)、それは明るく光る。」[2]

オーストラリアのトーク番組『Rove』の中で歌詞の内容についてガガは比喩である「ディスコ・スティック」を書いたことを後悔しないと述べた[3]

曲と歌詞[編集]

音楽的に「ラヴゲーム」はダンス指向のアップテンポ・ダンスソングである。それは普通拍子でセットされて、毎分104拍子の適度なテンポでキーはBマイナーで組み立てられる。ガガの声の範囲はB3からG5である。リミックスではロッカーのマリリン・マンソンがボーカルとして加わっている[4]。ガガは歌詞が愛と強烈なメッセージを描写するとしている。アルバムの中心的なテーマである「名声」と「性的関心」について述べている[3]

ミュージック・ビデオ[編集]

「ラヴゲーム」のミュージック・ビデオはジョセフ・カーンが監督を務め、2009年2月31日[要検証]に初公開された[5]。ビデオは主に地下鉄が描写される。ビデオは同年1月にロサンゼルスで撮影された。ビデオは束縛と性的な行為を含んでいるきわどい内容のためオーストラリアではNetwork Tenの検閲トラブルに直面した。チャンネルは検閲規則に違反しないビデオに編集されたヴァージョンを備えることを要求した。Video Hitsはビデオを放送することを拒否し、G、PG時間枠での放送という評価を下した。彼らは「視覚的、そして歌詞が多数の性的な引用がある」として子供にフレンドリーな編集をすることが出来なかった理由として歌詞に電子音で繰り返される「I wanna take a ride on your disco stick(私は貴方と性交したい、といった意味)」があったためである。MTVアラビアからもオーストラリアと同じ理由をあげられ放送禁止に直面した。MTVでビデオが放送禁止なることが珍しかったためMTVアラビアチャンネルのマルズーキ社長がコメントを発表した。

「我々は若い世代の心理と文化を代表するように、我々はそれと衝突することは出来ない。ならば、彼らが兄弟、姉妹、または友人と何かを気持ちよく見ることができないのなら、我々はそれをしない。」[6]

アメリカのVH1とMTVでは裸のガガのほとんど全ての場面を取り出して、ダンサーの内の1人が持つアルコールのラベルをぼやけさせる編集をしたバージョンを放送、歌詞の変更はない[7]。イギリスではビデオは4ミュージック上で8月13日午後7時に初公開された[8]

ビデオは「Streamline presents(プレゼントを合理化する)」という見出しでスタートし、3人の男性がタイムズスクエアを通って動く[9]。彼らのどちらかが「Haus of Gaga(ハウス・オブ・ガガ)」と書かれたマンホールの蓋を開ける。ガガは裸で青と紫のペンキとグリッターが塗られており、髪に「Love」と「Fame」と焼き付けられた男性2人とはしゃいでいる[10]。場面は地下鉄に変わり、ガガがグレーホワイトのレオタードを着て歌い始める。彼女はトレードマークの「ディスコ・スティック」を運んで、チェーンの付いた眼鏡をかける[11]。ガガがダンサーと一緒に階段の下で踊り始めたところでコーラスが始まる。彼女のトレードマークの犬(斑模様の2匹のグレートデーン)は階段の頂上にいる[9]。第2の韻文で黒いジャケットを身に着けたガガとダンサーとの列に場面が変わる。次にグループは駐車場に移る[11]。それから、再びガガと2人の男との絡みが挿入されて、ガガと検査官が一緒にチケットブースに入るシーンが映し出される。次の場面では検査官とガガがキスをしたり愛撫をしあう[10]。カメラが右から左にスパンして、検査官は各々のフレームで男性から女性に変わる[12]。ガガは黄色い腕時計をしているが、それは『エイ、エイ (ナッシング・エルス・アイ・キャン・セイ)』のビデオの中でしていた腕時計と同じものである。最終的な場面ではガガと多くのダンサーが踊る。彼らがカメラを手振りで示してガガと彼女のダンサーが彼らの鼠径部をもって、ビデオは終わる。

収録曲[編集]

オーストラリア iTunes・シングル[13]

  1. ラヴゲーム(アルバム・バージョン) - 3:33
  2. ラヴゲーム(ロボット・トゥ・マーズ・リミックス)- 3:13

カナダ iTunes・リミックスシングル[14]

  1. ラヴゲーム(スペース・カウボーイ・リミックス) - 3:19
  2. ラヴゲーム(ロボット・トゥ・マーズ・リミックス) - 3:13

アメリカ iTunes・リミックスシングル[15]

  1. ラヴゲーム(ロボット・トゥ・マーズ・リミックス) - 3:13

iTunes・シングル[16]

  1. ラヴゲーム(Chew Fu Ghettohouse Fix Mix) (featuring マリリン・マンソン) - 5:20

チャートとセールス[編集]

先代:
オセアーナ『ボディ・ロック』
アメリカ ビルボード ホット・ダンス・クラブ・ソング
2009年7月25日
次代:
ペット・ショップ・ボーイズラヴ・エトセトラ

リリース日一覧[編集]

地域 リリース日 規格
カナダ 2009年3月24日 ダウンロード販売[39]
オーストラリア 2009年5月1日 CDシングル[40]
アメリカ合衆国 2009年3月31日 ダウンロード販売[41]
2009年5月12日 Airplay[42]
ドイツ 2009年7月26日 CDシングル[43]
イギリス 2009年8月21日 CDシングル[44]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chisling, Matthew (2008年9月8日). “Discography – Lady GaGa – The Fame”. ビルボード. Nielsen Business Media, Inc.. 2009年3月14日閲覧。
  2. ^ Scaggs, Austin (2009年2月19日). “The "Just Dance" singer on leotards, the first lady and raunchy lyrics”. Rolling Stone. Rolling Stone; Jann S. Wenner. 2009年3月31日閲覧。
  3. ^ a b Adams, Cameron (2009年5月21日). “The world goes crazy for Lady Gaga”. News.com.au. Herald Sun. 2009年5月27日閲覧。
  4. ^ Lamb, Bill (2009年6月11日). “Lady GaGa and Marilyn Manson Remix "LoveGame"”. About.com. The New York Times Company. 2009年6月19日閲覧。
  5. ^ Joseph Kahn "Eh, Eh" and "LoveGame”. josephkahn.com. Janmedia Interactive Inc (2009年1月9日). 2009年1月27日閲覧。
  6. ^ Swan, Melanie (2009年6月7日). “MTV Arabia bans Lady Gaga video”. The National. Abu Dhabi Media Company. 2009年6月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月8日閲覧。
  7. ^ See LoveGame Online”. VH1. 2012年6月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月19日閲覧。
  8. ^ LoveGame UK video premiere”. uk-tvguide.com. 2009年8月13日閲覧。
  9. ^ a b Montgomery, James (2009年3月13日). “Lady Gaga's pop revolution continues with 'LoveGame'”. MTV. MTV Networks Inc.. 2009年3月29日閲覧。
  10. ^ a b Adams, Cameron (2009年4月7日). “Lady GaGa Love Game video banned from Australian TV” (English). The Australian Daily Telegraph. News.com.au. pp. 1. 2009年4月7日閲覧。
  11. ^ a b Pastorek, Whitney (2009年2月2日). “On the Scene: Lady GaGa's 'LoveGame' Video”. Entertainment Weekly. Entertainment Weekly and Time Inc. 2009年2月2日閲覧。
  12. ^ Reporter, Thaindian (2009年2月19日). “Lady Gaga romps with girl and boy in new music video”. Thaindian News. 2009年6月19日閲覧。
  13. ^ Australia release date”. BigWEntertainment.com (2009年3月23日). 2009年4月15日閲覧。
  14. ^ Search Results”. Apple. 2009年3月30日閲覧。
  15. ^ Looking for LoveGame (Robots to Mars Remix) - Single by Lady GaGa?”. Apple. 2009年4月1日閲覧。
  16. ^ Lady Gaga - LoveGame - iTunes Single”. iTunes. 2009年7月閲覧。
  17. ^ Australian Singles Chart”. Australian Recording Industry Association. acharts.us (2009年5月11日). 2009年5月11日閲覧。
  18. ^ Austria Singles Top 75”. Ö3 Austria Top 40. acharts.us (2009年7月15日). 2009年7月9日閲覧。
  19. ^ a b Finnish Singles Chart”. Mitä hittiä. acharts.us (2009年4月22日). 2009年4月17日閲覧。
  20. ^ Belgian Wallonia Singles Chart”. Ultratop 40. Ultratop.be (2009年6月6日). 2009年6月8日閲覧。
  21. ^ Canadian Hot 100”. Billboard. acharts.us (2009年5月30日). 2009年5月21日閲覧。
  22. ^ RADIO TOP100 Oficiální - Lady Gaga LoveGame”. International Federation of the Phonographic Industry. IFPIcr.cz (2009年7月28日). 2009年7月29日閲覧。
  23. ^ Dutch Top 40”. MegaCharts. acharts.us (2009年6月20日). 2009年6月20日閲覧。
  24. ^ Lady Gaga - LoveGame - Eurochart Hot 100 Singles”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc. (2009年7月4日). 2009年7月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月26日閲覧。
  25. ^ Tops Albums : retour gagnant pour Eminem”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. ChartsinFrance (2009年5月26日). 2009年5月27日閲覧。
  26. ^ Kent, Vander (2009年7月7日). “Michael Jackson regiert posthum die Charts”. Media Control Charts. Media-Control.de. 2012年7月2日閲覧。
  27. ^ Single (track) Top 10 - week 2009/30lista”. Mahasz. Magyar Hanglemezkiadók Szövetsége (2009年7月20日). 2009年8月11日閲覧。
  28. ^ Irish Singles Chart”. Irish Recorded Music Association. acharts.us (2009年3月5日). 2009年3月14日閲覧。
  29. ^ Japan Singles Top 100”. Billboard. acharts.us (2009年8月29日). 2009年9月27日閲覧。
  30. ^ New Zealand RIANZ Top 40”. Recording Industry Association of New Zealand. acharts.us (2009年5月11日). 2009年5月12日閲覧。
  31. ^ Sweden Singles Top 60”. Sverigetopplistan. acharts.us (2009年9月3日). 2009年7月10日閲覧。
  32. ^ Swiss Singles Top 100”. Swiss Music Charts. acharts.us (2009年8月9日). 2009年7月10日閲覧。
  33. ^ "LoveGame" Chart Positions and Trajectories”. The Official Charts Company. ChartArchive.org. 2012年7月2日閲覧。
  34. ^ Ben-Yehuda, Ayala (2009年6月18日). “Black Eyed Peas Take Top Two Slots On Billboard Hot 100”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc. 2009年6月18日閲覧。
  35. ^ Lady Gaga - Artist Chart history”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc. (2009年5月2日). 2008年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月30日閲覧。
  36. ^ a b ARIA Top 50 Singles Chart”. Australian Recording Industry Association (2009年7月6日). 2009年7月6日閲覧。
  37. ^ a b CRIA - Gold & Platinum certifications - June 2009”. Canadian Recording Industry Association. www.cria.ca. 2009年7月17日閲覧。
  38. ^ [1]Nielsen Soundscan Top 200 Digital Songs (10/10/2009)
  39. ^ LoveGame”. Apple - iTunes. 2009年3月20日閲覧。
  40. ^ Australia release date”. jbhifionline.com.au. 2009年4月5日閲覧。
  41. ^ LoveGame”. Apple - iTunes. 2009年4月1日閲覧。
  42. ^ LoveGame radio airing date”. Radio & Records (2009年5月12日). 2012年6月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月30日閲覧。
  43. ^ Lady Gaga - LoveGame - Germany CD Single”. Ladygaga.com. 2009年6月8日閲覧。
  44. ^ Lady Gaga confirms LoveGame as fourth UK single”. femalefirst.co.uk. 2009年8月13日閲覧。