×と○と罪と

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
×と○と罪と
RADWIMPSスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル オルタナティヴ・ロック
時間
レーベル EMI Records Japanユニバーサルミュージック
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間1位(ビルボード・ジャパン)[1]
  • 週間2位オリコン[2]
  • 2014年年間31位(オリコン)[3]
  • ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会[4]
  • RADWIMPS アルバム 年表
    絶体絶命
    (2011年)
    ×と○と罪と
    (2013年)
    君の名は。
    (2016年)
    『×と○と罪と』収録のシングル
    ミュージックビデオ
    実況中継 - YouTube
    会心の一撃 - YouTube
    会心の一撃(中国語字幕) - YouTube
    会心の一撃(韓国語字幕) - YouTube
    ドリーマーズ・ハイ - YouTube
    五月の蝿 - YouTube
    ラストバージン - YouTube
    テンプレートを表示
    映像外部リンク
    『×と○と罪と』 ダイジェスト
    『×と○と罪と』 ダイジェスト(韓国バージョン)

    ×と○と罪と』(バツとマルとつみと)は、RADWIMPSのメジャー5枚目、通算7枚目のスタジオ・アルバム2013年12月11日ユニバーサルミュージックのレーベル、EMI Records Japan(旧・EMIミュージックジャパン)から発売された。

    前作『絶体絶命』からは約2年9ヶ月ぶりのリリース。 前作以降に発売されたシングルのうち、14thシングル「シュプレヒコール」は未収録となっている。

    背景[編集]

    2012年春からアルバムの楽曲制作を始めた。これは「シュプレヒコール」を録っていた時期とほぼ同じである[5]。所属事務所の社長に次のアルバムをどうするか訊かれた際に、「前作よりも自分が感動できるものじゃないと出せない。その手応えを感じるまで待ってください」と野田は自分の気持ちを伝えた[5]。そしてどういうアルバムになるかは全く考えず、「自分がワクワクできることに導かれるように楽曲を制作した」という[5]。しかし、前作『絶体絶命』リリース直後に東日本大震災があり、それでもツアー[注 1]を開催し、被災地へ行った時間が濃密なものであったため、バンドとしてすぐに音楽活動を始めようという雰囲気がなかったとも語っている[5]。しかし、2012年3月11 日に「白日」を発表したことで、音楽活動をしようと思えたという[5]。また、前述の震災を受けて楽曲制作のスタンスが変わっていた[5]。さらには、「これまでのアルバム制作時にあった、苦しい葛藤などとはまた別の面で音楽と向き合えた」と山口は語っている[6] 。野田にとってRADWIMPSは、「自分の夢を追いかけることのできるバンド」であり、「どこまでも覚悟持って引っ張っていこうという気持ちが今までで一番強いと感じている。だから4人で鳴らせる喜びが、今までのどのアルバムよりも強い」と語っている[6]

    ミュージックビデオ[編集]

    ※シングル収録曲は各リンク先を参照。

    実況中継[編集]

    メロディーやサウンドに合わせて独特のアニメーションが展開するという内容で、2014年2月5日にYouTubeで公開された[7]

    会心の一撃[編集]

    歌詞をモチーフにした内容で、1500人のエキストラを招いて埼玉県の上尾市民球場で撮影され[8]、2013年12月14日にYouTubeで公開された。また、同日には「五月の蝿」のミュージックビデオも公開された。2014年1月22日には中国語字幕バージョンが[9]、同年2月9日には韓国語字幕バージョンがYouTubeで公開された[10]

    パッケージ[編集]

    初回限定盤はケース付きのデジパック仕様となり、永戸鉄也とKYOTAROによる描き下ろしのアートブックレットを同封[11]。さらに初回限定盤、通常盤ともに2014年2月から行われるツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」の先行予約情報も封入される[11]

    プロモーション[編集]

    アルバムの発売に先駆けて、11月13日より「ラストバージン」のPV配信が、11月27日より「会心の一撃」と「リユニオン」の楽曲配信が開始される[11]

    ツアー[編集]

    本作を携えたライブツアー「RADWIMPS GRAND PRIX 2014 実況生中継」が初の海外公演を含め33会場44公演で行われる[12]

    収録曲[編集]

    CD[13]
    全作詞・作曲: 野田洋次郎。
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「いえない」野田洋次郎野田洋次郎
    2.「実況中継」野田洋次郎野田洋次郎
    3.「アイアンバイブル」野田洋次郎野田洋次郎
    4.「リユニオン」野田洋次郎野田洋次郎
    5.「DARMA GRAND PRIX」野田洋次郎野田洋次郎
    6.五月の蝿(16thシングル表題曲)野田洋次郎野田洋次郎
    7.「最後の晩餐」野田洋次郎野田洋次郎
    8.「夕霧」野田洋次郎野田洋次郎
    9.「ブレス」野田洋次郎野田洋次郎
    10.「パーフェクトベイビー」野田洋次郎野田洋次郎
    11.ドリーマーズ・ハイ(15thシングル表題曲)野田洋次郎野田洋次郎
    12.「会心の一撃」野田洋次郎野田洋次郎
    13.「Tummy」野田洋次郎野田洋次郎
    14.ラストバージン(16thシングル表題曲)野田洋次郎野田洋次郎
    15.「針と棘」野田洋次郎野田洋次郎

    脚注[編集]

    1. ^ ツアー「絶体延命」。2011年3月・4月に予定されていた東北地方での公演が、震災の影響で6月・7月に延期となった。

    出典[編集]

    外部リンク[編集]