絶体絶命 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
絶体絶命
RADWIMPSスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年 - 2011年
日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロックフォークロック
時間
レーベル EMIミュージック・ジャパン
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 2011年3月度月間3位(オリコン)
  • 2011年4月度月間20位(オリコン)
  • 2011年度上半期13位(オリコン)
  • 2011年度年間25位(オリコン)
ゴールドディスク
RADWIMPS 年表
アルトコロニーの定理
(2009年)
絶体絶命
(2011年)
×と○と罪と
(2013年)
『絶体絶命』収録のシングル
  1. 携帯電話
    リリース: 2010年6月30日
  2. DADA
    リリース: 2011年1月12日
  3. 狭心症
    リリース: 2011年2月9日
ミュージックビデオ
「君と羊と青」 - YouTube
「携帯電話」(Single Ver.) - YouTube
「DADA」(Single Ver.) - YouTube
「狭心症」 - YouTube
テンプレートを表示

絶体絶命』(ぜったいぜつめい)は、RADWIMPSのメジャー4枚目、通算6枚目のスタジオ・アルバム2011年3月9日EMIミュージック・ジャパンから発売された。

背景[編集]

前作『アルトコロニーの定理』からは約2年ぶりのリリース。 前作以降に発売されたシングルのうち、11枚目シングル「マニフェスト」は未収録となっている。 アルバムタイトルは「絶体絶命」は「糸色(いとしき)体(からだ)糸色(いとしき)命(いのち)」という意味[1]

ツアー[編集]

本作を携えたライブツアー「RADWIMPS 絶体延命ツアー」が27都市37公演で行われ、後にツアー映像を納めたライブビデオ『絶体延命』が発売された。

批評[編集]

ロッキング・オン』の古河晋は、「これは、あなたの期待に最大限に応えてくれる大傑作だと保証する。」と言い切り、このアルバムのテーマについては「自分が生きている意味。そんなものはない。という当たり前の答えの先にある無数のグチャグチャの答えを、1枚のアルバムの中でシンプルに具体的にストレートに正直に音楽にすること。今までのラッドの音楽においても心臓部にあったもの。この『絶体絶命』というアルバムでは、その心臓がそのまま真空パックされて届けられる。」とコメントした[2]

収録曲[編集]

  1. DADA(dadadada Ver.) [3:50]
    12thシングル表題曲。シングルヴァージョンと違い、ティンバレスの演奏によるイントロが追加されている。
  2. 透明人間18号 [4:25]
  3. 君と羊と青 [2:42]
    2011年NHKサッカーテーマソング。
    MVが存在する。コマ撮りを多様した疾走感のある内容となっており、RADWIMPS本人の他女優・ファッションモデルの小松菜奈(当時中学三年生)が出演している。
  4. だいだらぼっち [6:03]
  5. 学芸会 [4:36]
  6. 狭心症 [6:50]
    13thシングル表題曲。
  7. グラウンドゼロ [4:28]
  8. π [3:22]
  9. G行為 [4:02]
  10. DUGOUT [4:22]
  11. ものもらい [5:18]
  12. 携帯電話(Cat Ver.) [4:25]
  13. 億万笑者 [4:36]
  14. 救世主 [6:21]
  15. ツクツク法師 [9:09]

脚注[編集]

  1. ^ 雑誌『音楽と人』2011年6月号 p51
  2. ^ 古河晋 (2011年3月7日). “ラッドのアルバムを待ち続けていた人へ” (日本語). RO69. ロッキング・オン. 2011年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]