グラウンド・ゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広島の爆心地の島病院前にあるモニュメント
長崎の爆心地にあるモニュメント
ワールドトレードセンターの跡地
ペンタゴンにある「グラウンド・ゼロ・カフェ」

グラウンド・ゼロ: ground zero)とは、英語で「爆心地」を意味する語。強大な爆弾、特に核兵器である原子爆弾水素爆弾の爆心地を指す例が多い。

従来は広島長崎への原爆投下爆心地や、ネバダ砂漠での世界初の核兵器実験場跡地、また核保有国で行われた地上核実験での爆心地を「グラウンド・ゼロ」と呼ぶのが一般的であった。

しかし、アメリカ同時多発テロ事件の報道の過程で、テロの標的となったニューヨークワールドトレードセンター(WTC)が倒壊した跡地が、広島の原爆爆心地(原爆ドーム、正確には原爆ドーム近隣の島病院付近)を連想させるとして、WTCの跡地を「グラウンド・ゼロ」とアメリカのマスコミで呼ばれ、これが定着した。

ペンタゴンの中心にある広場も非公式に「グラウンド・ゼロ」と呼ばれていた。冷戦時代に核ミサイルの標的と想定されていたからである。広場の中央にあるカフェは2008年にリニューアルする前は、長らく「グラウンド・ゼロ・カフェ」と呼ばれていた。

2005年8月アメリカ合衆国本土に上陸した超大型ハリケーンカトリーナで被害を受けた場所にも使われていたこともあった。

関連項目[編集]