セツナレンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セツナレンサ
RADWIMPSシングル
初出アルバム『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜
B面 バイ・マイ・サイ
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 野田洋次郎
チャート最高順位
RADWIMPS シングル 年表
有心論
(2006年)
セツナレンサ
(2006年)
オーダーメイド
(2008年)
ミュージックビデオ
「セツナレンサ」 - YouTube
テンプレートを表示

セツナレンサ」は、RADWIMPS2006年11月8日にリリースしたメジャー5枚目、通算8枚目のシングルである。

背景[編集]

2005年12月に「3枚シングルとアルバムを出す」という話が出ていたことに乗っかる形でシングルのリリースが決定[2]。シングルの候補に挙がっていた楽曲のなかで一番、前々作「ふたりごと」と前作「有心論」で築いたイメージを壊せて、さらに上に何か乗せられるのが「セツナレンサ」だった、と野田は語っている[2]

ミュージックビデオ[編集]

ミュージックビデオ集『RADWIMPS4.5』(2007年2月7日発売)に収録され[3]、2009年7月1日にはYouTubeで公開された[4]

楽曲について[編集]

  1. セツナレンサ
    RADWIMPS 4~おかずのごはん~』制作時にできた楽曲。一度録りなおした際に野田がシングル化を提案した[2]。10人を越える編成を組んで、再度録りなおしたが、野田は「違う」と感じてお蔵入りになった。他にもたくさんのバージョンがあった[2]
    英語で速いラップ調のメロディーから始まるのに対し、サビはゆっくりと重い日本語の詞となる。歌詞にはエディ・マーフィガリレオ・ガリレイ、ハリウッドが登場する。野田曰く、「サビで盛り下がるところがツボ」。
    タイトルには、「切な連鎖(切なさ連鎖)」と「刹那連鎖」の両方の意味がある。
    MUSIC ON! TV 2006年11月期 Recommend。
  2. バイ・マイ・サイ
    タイトルは、"by my side"の発音をカタカナにしたもの[5]。ほぼ英詞[5]

チャート成績[編集]

バンド初となるオリコンTOP10入りを果たした[6]

収録曲[編集]

CD[7][5]
全作詞・作曲: 野田 洋次郎。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「セツナレンサ」野田 洋次郎野田 洋次郎
2.「バイ・マイ・サイ」野田 洋次郎野田 洋次郎

出典[編集]