名前をつけてやる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名前をつけてやる
スピッツスタジオ・アルバム
リリース
録音 1991年6月26日7月25日
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ポリドール
プロデュース スピッツ&高橋信彦
スピッツ 年表
スピッツ
1991年
名前をつけてやる
1991年
オーロラになれなかった人のために
1992年
『名前をつけてやる』収録のシングル
テンプレートを表示

名前をつけてやる』(なまえ-)は、 日本ロックバンドスピッツの2作目のオリジナルアルバム1991年11月25日ポリドールより発売。

概要[編集]

デビュー直後に制作開始。前作のレコーディングでの反省点を踏まえ、プリプロダクションを行なった上で計画的にレコーディングされた。

草野が当時影響を受けていた、ライドマイ・ブラッディ・ヴァレンタインといったシューゲイザーの要素と、前作でも見られた歌謡曲の要素を融合させた、メンバー曰く「ライド歌謡」を目指して作り上げられた[1]

2013年現在オリジナル盤は廃盤となり、LAのエンジニア、スティーヴン・マーカッセンによりリマスタリングを施して、2002年10月16日に再発。『snoozer』編集長田中宗一郎によるライナーノーツが封入されている。ライナーノーツでの田中の今作に対する大まかな論旨は「スピッツは日本国初のオルタナティブ・ロックバンドであり、向こう10年以上にわたって日本に出現するこのアルバムのフォロワーの中で、この作品に届く存在は皆無である」といったものである。

収録曲[編集]

  1. ウサギのバイク (3:28)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    アルペジオで始まるイントロが印象的。1番は“ラララ…”、“TuTuTu…”とスキャットのみで歌っている。草野自身も気に入っている曲であり、「自分の好きな曲ベスト10には絶対入る」と語るほど。
  2. 日曜日 (2:36)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
  3. 名前をつけてやる (3:44)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    アルバムの表題曲。草野曰く「その辺の猫や草木に名前をつけてやると強がっている曲」。また96年に行われたライブでは、リードギターのストロークをアルペジオに変えているバージョンで演奏されている。
  4. 鈴虫を飼う (4:48)
    作詞:草野正宗 / 作曲:三輪徹也 / 編曲:スピッツ
    歌中の「乗り換えする駅」とは草野が学生時代によく利用した国分寺駅のこと。
  5. ミーコとギター (2:46)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    ミーコとは架空の女の子の名前である。
  6. プール (3:52)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    アニメ『ハチミツとクローバー』の挿入歌として使用された。
  7. 胸に咲いた黄色い花 (3:24)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    ギターリフXTCの「Mayor of Simpleton」へのオマージュ。当時メンバーは黄色い花を贈られることが増えたという。
    初期のアルバム曲ながら、1994年にテレビユー福島の音楽番組に出演した際ライブで披露された事がある。
  8. 待ちあわせ (2:58)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
  9. あわ (4:31)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    ジャズを意識した4ビートの曲。仮タイトルは「シャボン」。デビュー前にはライブで「シャボンの歌」として演奏されたことがあるが、今作にて初めて音源化された。
  10. 恋のうた (2:40)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    スピッツがパンクロックから転向するきっかけとなった曲。草野がアコースティックギターで作曲した初めての曲であり、これまで8ビートばかり叩いてきた崎山ドラムをどう叩けばいいかわからず悩んだという。三輪は「この曲でスピッツの方向性が決まった」と語っている。インディーズアルバムヒバリのこころ』にも収録されており、そちらでは歪んだギターストロークが入ったアレンジとなっており、本作ではアルペジオが主体となっている。
  11. 魔女旅に出る (3:59)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ / オーケストレーション:長谷川智樹
    3rdシングル。バンド演奏にストリングスを導入した初めての曲であり、スピッツ史上で初めてのタイアップソングである(石川県内のスキー場のイメージソング)。この曲で組んだ長谷川智樹とは後にミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』を製作することになる。

アナログ盤[編集]

  • Spitz Analog Disc Collection Vol.6として、アナログ盤1997年6月6日にリリースされた。
  • ブラウン・クリア・ビニール仕様。
  • 南Q太によるオリジナルコミックを収録。
  • 曲順、構成は以下の通り。
Side ONE
  1. 魔女旅に出る
  2. 日曜日
  3. プール
  4. あわ
  5. 待ちあわせ
  6. 恋のうた
Side TWO
  1. ウサギのバイク
  2. 胸に咲いた黄色い花
  3. 鈴虫を飼う
  4. ミーコとギター
  5. 名前をつけてやる

参加ミュージシャン[編集]

スピッツ[編集]

外部ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 黒田隆憲・佐藤一道監修 『シューゲイザー・ディスク・ガイド』 ブルース・インターアクションズ、2010年、186頁。