ハチミツ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハチミツ
スピッツスタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年1月 - 7月
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ポリドール
プロデュース 笹路正徳、スピッツ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1995年度年間12位(オリコン)
  • 登場回数57回(オリコン)
ゴールドディスク
スピッツ 年表
空の飛び方
1994年
ハチミツ
(1995年)
インディゴ地平線
1996年
『ハチミツ』収録のシングル
  1. ロビンソン
    リリース: 1995年4月5日
  2. 涙がキラリ☆
    リリース: 1995年7月7日
  3. 「愛のことば -2014 mix-」
    リリース: 2014年7月15日(デジタル・ダウンロード)
テンプレートを表示

ハチミツ』は、日本ロックバンドスピッツの通算6作目のオリジナルアルバム1995年9月20日ポリドールより発売された。現行盤はユニバーサルミュージックから発売・販売されている。

概要[編集]

制作背景[編集]

1993年の『Crispy!』以降3枚目となる笹路正徳との共同プロデュース作で、前作『空の飛び方』に引き続き、宮島哲博がエンジニアを手掛けている。バンドにとって初めてのトップ10シングルとなったミリオンセラー「ロビンソン」と、それに並行する形で100万枚近くを売り上げた「涙がキラリ☆」の2枚の大ヒット曲をフィーチャーしており、シングルリリース候補に挙がっていた楽曲も複数収録されている。

アルバムの制作にあたって笹路は、フロントマンの草野マサムネ以外のメンバーに対しても新作のために自作曲を用意するよう促した[1]。結局草野の単独作のみでアルバムは構成されているものの、当初はベーシストの田村明浩が初めて書いた楽曲も収録される予定であった(後述の収録曲「グラスホッパー」参照)。

2007年に刊行されたバンドの回顧録『旅の途中』の中で、草野は本作のクオリティについて、制作に苦慮した次作『インディゴ地平線』と対比する形で「満足のいく」出来映えであったと述べている[2]

リリース、アートワーク[編集]

ジャケットの被写体は、当時、森永乳業の「サンキストゼリー」のコマーシャルに出演していた守屋綾子である。彼女の名は、CM出演時の役にちなんで歌詞カードにはミドルネームに“melon”とクレジットされている。守屋の顔は全ての写真において隠されているが、初回盤限定で付けられたスリップケース及び表題曲のミュージック・ビデオでは顔を確認することができる。

本作は、バンドが2000年代以降のリリースで常に重用しているエンジニアのスティーヴン・マーカッセンによってリマスタリングが施され、1990年代に発表された他のすべてのスタジオ録音作と同時に、2002年10月16日に再発売された。このデジタル・リマスター盤はオリジナルの通常盤のデザインを踏襲しており、音楽評論家の能地祐子による寄稿文が印刷された1枚の紙がスリーブノーツに封入されている。

収録曲[編集]

全作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳スピッツ

  1. ハチミツ (3:06)
    タイトルチューン。サビ以外が変拍子で構成されている。今までになかった曲ということで、仮タイトルは「珍曲」であった。アニメ『ハチミツとクローバー』の挿入歌として使用された。
  2. 涙がキラリ☆ (3:59)
    12thシングル。
  3. 歩き出せ、クローバー (4:26)
    草野が映画『フォレスト・ガンプ』を見て作った曲。当時阪神・淡路大震災地下鉄サリン事件があったため、「生きること」をテーマにしている。歌詞中に登場する「クローバー」とは、幸せの象徴。このアルバムで唯一、レコーディングで草野がギターを弾いている。仮タイトルは「石神井への道」。
  4. ルナルナ (3:40)
    12thシングル「涙がキラリ☆」カップリング曲。シングル候補でもあった。曲名の「ルナルナ」とは、手塚治虫の漫画 『ブラック・ジャック』に出てくる白いライオンの子供から取ったもの。このタイトルに特に意味はないらしく、響きの良さから使ってみたという。仮タイトルは「恋のアルマジロ」。
  5. 愛のことば (4:22)
    シングル候補でもあった曲でPVも作られたが、スピッツらしくないという理由で除外されている。仮タイトルは「スウェード」。2014年にテレビドラマあすなろ三三七拍子』の主題歌として本曲にリミックスが施された「愛のことば -2014mix-」が使用され、39thシングルとして初の配信限定シングルにもなった。後にこちらの音源は2017年発売のベストアルバム『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』にて初CD化となる。
  6. トンガリ'95 (3:05)
    始めはテンポが倍の速さであった。スピッツ (Spitz)という単語はドイツ語で「とがっている」という意味であり、サビの歌詞で「とがっている」と連呼する本曲はメンバー曰く「スピッツのテーマソング」。仮タイトルは「トンガリユース」。
  7. あじさい通り (5:14)
    このアルバムのCMのBGMに使用された曲。仮タイトルは「ポトス」。
  8. ロビンソン (4:20)
    ミリオンセラーを果たした11thシングル。
  9. Y (4:25)
    タイトルの「Y」は道が分かれるという記号的な言葉で別れの意を含むが、メンバーによると他にも様々な意味があるという。曲自体は前作『空の飛び方』から存在していたが、うまくアレンジができずに本作にまわされた。途中で阪神・淡路大震災があったため、応援の意味をこめて前向きな歌詞となった。仮タイトルは「ハートブレイク食堂」。後にテレビドラマ『白線流し』の挿入歌、また、アニメ『ハチミツとクローバー』第1期第14話の挿入歌としても使用された。
  10. グラスホッパー (3:31)
    「アルバムにアップテンポな曲がもう一曲ほしい」ということで最後に作られた作品。これにより収録予定であった田村の自作曲が除外されることとなった(なお、次作『インディゴ地平線』に収録された「ほうき星」とは異なる曲である)。なお曲名のグラスホッパーは、2001年に分社化したスピッツのマネージメント事務所の名前にもなった。仮タイトルは「レモン」。
  11. 君と暮らせたら (3:17)
    この曲を最後にしたのは、ここから再びスタートする感じで終わりたかったからだという。

アナログ盤[編集]

  • Spitz Analog Disc Collection Vol.2として1997年2月2日にリリースされた。
  • グリーン・クリア・ビニール仕様。
  • やまだないとによるオリジナルコミックが収録されている。

Side A

  1. トンガリ'95
  2. 歩き出せ、クローバー
  3. ロビンソン
  4. ルナルナ
  5. あじさい通り

Side B

  1. Y
  2. 愛のことば
  3. ハチミツ
  4. 涙がキラリ☆
  5. グラスホッパー
  6. 君と暮らせたら

作品への評価と反応[編集]

チャート成績、音楽賞[編集]

商業的な成功を収めた2つのリード・シングルに引き続く形で、『ハチミツ』は発売後ただちにオリコンの週間アルバムランキングで首位を獲得した[3]。本作はスピッツにとって初めてチャートで1位を記録した作品であり、100位以内に合計およそ1年間残り続けた[4]。 発売時期の関係からオリコンの年間ランキングでは集計分が2年にばらけたが、1995年から96年の足掛け2年に渡ってベストセラーの上位50枚以内にエントリーしている。160万枚以上の出荷により、このアルバムは1997年4月に日本レコード協会によってクワドラプル・プラチナに認定された[5]。実際にはチャート上でより多くの枚数を売り上げており、バンドにとっては本作が2014年時点で最も売れたオリジナル・アルバムとなっている[6][7]

1995年の大晦日に発表された第37回レコード大賞では、優秀作品賞を受賞したシングル「ロビンソン」と共に、本作がアルバム部門に選出された[8]

ブックオフオンラインの2014年、年間売上急上昇ランキングでは第10位にランクインしている[9]

文化的な影響[編集]

羽海野チカが2000年代初頭に発表した漫画『ハチミツとクローバー』のタイトルは、本作とスガシカオのアルバム『Clover』(1997年発表)が並んであるのを見た作者の経験に由来している。2005年にフジテレビ系列でこの漫画のアニメ版が放映された際には、「ハチミツ」が第1期第1話、「Y」が第1期第14話の挿入歌として使用されている。

ミュージック・ビデオ[編集]

映像外部リンク
「ハチミツ」/「愛のことば」
YouTube上のアーティスト公式アカウントへのリンク。

このアルバムからは、先行シングル「ロビンソン」「涙がキラリ☆」と表題曲「ハチミツ」、ならびにシングルの候補に挙げられていた「愛のことば」のプロモーション・ビデオが撮影された。また、「あじさい通り」が背景に流れる15秒のテレビスポットも制作された。これらの映像は、バンドのメジャーデビューからおよそ20周年後の2011年にリリースされた3枚組のDVDボックスセット『ソラトビデオCOMPLETE 1991-2011』で包括的に商品化されている。また、YouTubeに開設された公式チャンネル上においては、4曲すべてのPVがフルコーラスで公開されている[10]

カバー[編集]

ハチミツ
  • 赤い公園 - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
涙がキラリ☆
  • 10-FEET - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
歩き出せ、クローバー
  • NICO Touches the Walls - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
ルナルナ
愛のことば
  • indigo la End - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
トンガリ'95
  • LAMP IN TERREN - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
あじさい通り
  • クリープハイプ - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
ロビンソン
  • 9mm Parabellum Bullet - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
Y
グラスホッパー
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION - トリビュートアルバム「JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜」に収録[11]
君と暮らせたら

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 田村明浩 (スピッツ) 『旅の途中』 幻冬舎、2007年、190頁。ISBN 4-34401-427-8
  2. ^ 草野マサムネ (スピッツ) 『旅の途中』 幻冬舎、2007年、198頁。ISBN 4-34401-427-8
  3. ^ 1995年10月第1週の邦楽アルバムランキング情報”. oricon.co.jp. 2014年5月4日閲覧。
  4. ^ ハチミツ/スピッツ-リリース-ORICON STYLE-ミュージック”. oricon.co.jp. 2014年5月1日閲覧。
  5. ^ RIAJ: The Record No.451 (1997年6月): GOLD ALBUM他認定作品 1997年4月度”. 一般社団法人 日本レコード協会. 2014年5月4日閲覧。
  6. ^ 『オリコン・アルバム・チャートブック(完全版)』 オリコン・エンタテインメント、2006年ISBN 4-87131-077-9
  7. ^ スピッツのCDアルバムランキング”. oricon.co.jp. オリコン. 2014年5月6日閲覧。
  8. ^ 第37回日本レコード大賞”. jacompa.jp. 日本作曲家協会. 2008年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月3日閲覧。
  9. ^ 年間ランキング2014 ブックオフオンライン 2014年12月4日。
  10. ^ spitzclips - YouTube”. oricon.co.jp. 2014年5月2日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k スピッツ「ハチミツ」トリビュート、参加アーティストの演奏曲発表”. 音楽ナタリー (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。