輝きながら…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
輝きながら…
徳永英明シングル
初出アルバム『BIRDS
B面 さよならの水彩画
リリース
ジャンル J-POP
レーベル アポロン
作詞・作曲 大津あきら鈴木キサブロー
チャート最高順位
徳永英明 シングル 年表
BIRDS
1987年
輝きながら…
1987年
風のエオリア
1988年
テンプレートを表示

輝きながら…」(かがやきながら…)は、1987年7月5日に発売された徳永英明の4枚目のシングル。週間オリコンチャートにおいては自身初めて10位以内に入り、最高4位迄上昇するヒット曲となった[1]

概要[編集]

オリジナルアルバムBIRDS』からのリカット・シングル。同曲のブレイクによりTBSテレビザ・ベストテン』と、及び日本テレビ系列『歌のトップテン』にもそれぞれ初ランクイン・初出演を果たしている。また、1987年12月24日に放映された『ザ・ベストテン』の「年間ベストテン」では第6位に輝き、徳永は同番組に再び登場し歌唱した。

表題曲は1987年のフジカラー・スーパーHRのCMソング南野陽子が出演)として採用される。また発売から10年以上後になってからも、サントリー「DAKARA」のCMソングや西部ガス大阪ガスエコウィルのCMソングに使われている。さらに、1997年9月27日から2000年12月31日まで、西鉄大牟田線の特急列車で西鉄柳川駅到着時の車内チャイムとして使用されていた。

香港の歌手譚詠麟広東語台湾の歌手徐懷鈺中国語でカバーしている。これらのカバーでは、曲名は「Don't Say Goodbye」となっている。

作詞を手がけた大津の出身地である山口県長門市仙崎に歌碑が建てられている。

エピソード[編集]

  • 徳永の出世作としてもよく知られている楽曲であるが、当作品はシンガーソングライターとして自身が制作したものでは無かった。その為に、当時の徳永本人は「正直複雑で、素直には喜べなかった」と語っている。
  • 1987年10月29日放送時の『ザ・ベストテン』で当曲披露の際、途中サビの部分で徳永の後方に座っていた年配の男性達が揃って野球帽を脱ぎ、禿げた頭髪を曝け出すシーンを映し出していた(但し徳永自身は歌唱時に後ろを振り向いておらず、その仕掛けには全く気づかなかったという)[2]

収録曲[編集]

全作詞:大津あきら

  1. 輝きながら…
    作曲:鈴木キサブロー、編曲:川村栄二
  2. さよならの水彩画
    作曲:徳永英明、編曲:武部聡志

主な収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]